2006年8月13日日曜日

あせもでかゆい。

夏です。

夏といえば、あせも。漢字で“汗疹”と書くやつです。

天気予報なんかが「今年の夏は冷夏になります」という発表は、そもそも聞いて流すだけ。
冷夏であろうとなかろうと、夏は暑いものなのだ。

しかし、夏の最高気温が毎年更新されているのは気になる…。
それは二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスによる地球温暖化のせいであろう。
だから、私はせっせと緑を植える。緑を育てる。
どれくらいの熱帯雨林が毎分灰になっているのか、今のところは分からない。
熱帯雨林の伐採などによる収入に頼る生活をしている人の気持ちは分からないでもないが、それらの行為は人類自身の首を絞めていることに変わりない。

何事でもそうだが、失うときには一瞬で失う。
しかし、失ったものを取り戻すには、とてつもない時間がかかる。
もちろん、時間をいくらかけても取り戻せないものもある。

暑い日など、家事をこなしているだけで、私はTシャツを4枚も着替える。
しかし、それでも背中にあせもができたりなんかする。

自分が子供だったころに比べて、べらぼうに暑い夏に憂う。

0 件のコメント:

Zenback