2006年8月31日木曜日

USEN株主として・・・

私はUSENの株主である。

一時の株価に比べ、今はその3分の1。
USENの株価って、もう少し高くてもいいと思うんだけれど…。
今の株値が正当な株価ってことなんだろうか?

それはいいとして、USENのやってるGyaoと巷を席巻しているYouTubeを比較してみると、Gyaoでやってることは的を外してしまったかな、という思いになってしまう。

というのは、Gyaoの利用者は100万人を越えたそうだが、YouTubeは日本からの利用者だけでも200万人を越えているという。

ここから読み取れるのは、ブロードバンドが普及して人々が求めるものは、映画やドラマをオンラインで流すよりも、5分程度の短いホームビデオやPVだったりするんじゃないか?と思う。

実際、自分もYouTubeはよく見るけれど、Gyaoはひとつの番組が比較的長いので、あんまり見る気になれない。Gyaoで番組を見ようと思うなら、それなりの時間があるとき以外でなければ、映画なり、Gyao専用の番組なりを見ようとは思わないのである。その点、YouTubeで視聴できるものは、数分で終わるものが多いのであれこれと見ることができる。

インターネットと放送の融合というものをライブドア前社長のホリエモンは必死に説いていたけれど、もし仮にそれが形を成していたとしても、それほどのインパクトはなかったのではないかと思う。

否、オーマイニュースのようなインターネットと放送〈報道メディア〉の融合はいいと思う。それは発信者があくまでも一般の個人(もちろん、そうではない場合もあるけれど)であり、地に足のついたコンテンツができるだろう。しかし、Gyaoにはそれがない。つまり、Gyaoのコンテンツを見ていても“地に足がついている”感じがしないのである。

Web2.0のコンテンツ作りというのは、まさにそこに尽きると思う。

アマゾンなんかは、そう思うと随分と前からWeb2.0を体現してきたわけだなぁ。

株主総会でこんなことを言っても、Gyaoのコンテンツが変わることはないだろうし、それはGyaoだけに限らない。日本で作られる多くのそういったコンテンツに、視聴者が参加するという発想はあまりないのだから。

0 件のコメント:

Zenback