2006年9月30日土曜日

恋のメガラバ

家ではUSENが流れているせいで、いま巷でどんな曲が流行っているのか、リアルタイムで分かる。

その中にどうしても何を歌っているのか意味不明な歌詞と、キャッチーなメロディーと突然始まる轟音メタルサウンドを織り交ぜた楽曲がある。

それがマキシマム・ザ・ホルモン『恋のメガラバ』である。

かつてカリフォルニアでRage against the machineKornなんかを聞いていた自分としては、まさにストライクゾーンの曲なのである。

Googleで検索してみたら、即座にYouTubeに楽曲が流れているようなんで、拝借してきました。

それがコレ↓(メタルサウンドに免疫のない人は引いてしまうかも…)


このPVを見ると、彼らが何を歌っているか分かるのであるが、はっきり言って意味不明。
でも、この歌詞を見ずに聞くと英語のように聞こえる。

そうだとすると、英語の発音を日本語に書き換えて、その中から意味を持つ単語を作っていくとこのようになるんではないか…?
実際に彼らはかつて英語の歌詞を歌っていたそうであるから、まんざらその推測は間違っていないとも思う。

しかし、どのメンツを見てもテレビには出せないだろうなぁ…。
ちょっとスゴいもんがあるもん。
私も初めて見たときは、ちょっとびっくらこきました。
でも、彼らのルックスがあれで良かったとも思う。あんまりカッコいい人たちだったら興醒めだもん。

“これぞ、インディーズバンド!!!”

って雰囲気がすごくいいじゃないですか!?

ちなみにWikipediaに簡単な説明がありました。

0 件のコメント:

Zenback