2006年9月29日金曜日

USENさん、もうちっと頑張って。

JPMがUSENを「U」に格下げ

そうなんだよねぇ…。

最近、つくづく思うのは

Gyaoって、広告収入だけでどれだけの収益があるんだ?”

ってこと。

つい先日もGyao交響詩篇エウレカセブンのラストエピソードを閲覧してたわけなんですが、広告なんてものには興味がなく、

早く広告終わって本編が見たい!!

と思っていました。

それは広告の制作側のせいなのか、広告に魅力が持てない。

いずれにせよ、Gyaoは広告収入で賄っているのだから、このままでは良くない。

アマチュア監督やアニメーター等の制作者が参加できるような、そんなコンテンツも作ってはどうなんだろうか…?


ちなみに、USENの女性社員さんはとてもきれいな人が多い(らしい)です。
Gyaoの中のコンテンツに『ダメイク』っていうのがあって、そこにUSENの女性社員さんが出演した回があり、とってもきれいでかわいかったです。

※その社員さんを見たい方は『ダメイク』の8回目(モテGyaOメイク「モテアイメイク術」)を見てください。

0 件のコメント:

Zenback