2006年10月15日日曜日

今日のわんこです。

ごっきげんな笑顔を見せてくれているのは、うちのわんこです。

でも、ここのところ、治っていたと思い込んでいた“噛み癖”が再発してしまっています。噛むといってもそれは甘く噛んでいるから、本人(=犬)からすれば遊びの範疇を出ないわけです。

そう、彼女(メスなので)はただ一緒に遊んでもらいたいという思いだけで、つい手足を噛んでしまうんです。

しかし、うちのわんこもそれなりに考えていて、

この人に冗談、もしくは、じゃれて遊んではくれないだろうな…

という相手には必ずといっていいほど噛んだりしません。
つまり、ウチの中で彼女が唯一遠慮なしに噛めるのは、この私

だから、朝目が覚めると戸の前に必ず彼女が待ち伏せをしていて、私がベッドから起きて台所に向かうとたちまちもの凄い勢いで飛びついてきて手やら足やらを噛んできます。

そして、これがぶっちゃけ痛い…。

サンダルを履いているので、そのサンダルを噛んで持って行こうとするんですが、持って行かれたら最後、そのサンダルは彼女にバラバラにされてしまうのです。今年、私はすでにスリッパを3足、サンダルを2足やられています…。スリッパではあまりにも簡単にバラバラにされてしまうため、サンダルに変更し素材もゴム製の頑丈なものに移行しています。それでも彼女にかかれば最終的にはバラバラにされてしまうんですけどね。

そんなわけで、顎の力は結構強く、先日ついにやられました。
サンダルは無事でしたが、私の足指の皮を彼女の牙が貫いてしまったのです。

最初は「痛いなぁ~」と思っていただけだったのですが、足をよく見ると血がダラダラ出ているじゃありませんか!!!即、マキ〇ンで消毒しカットバンを貼りました。
足の小指をやられたので、歩くのがちょっと厄介ですね。
足の小指って、あんなに小さいのに結構重要な役目を果たしているんですよね。

噛んだ当人(犬)は悪びれた様子もなく、「どしたの?」って顔してました…。

0 件のコメント:

Zenback