2006年10月31日火曜日

この国に潜む病

なんとも悲しい世の中になってきました…。
ここのところ、毎日誰かが自殺しているニュースが絶えません。

そこで不謹慎だとは思いましたが、Googleニュースで“自殺”と打ち込み検索してみました。
すると、今現在で24時間以内に発表されている自殺に関連するニュースをいくらか取り上げてみると…

必修漏れ校の校長自殺


瑞浪・中2自殺 いじめ、別生徒にも人間関係でクラブ辞める

岐阜中2自殺、「いじめ」を同級生2人が目撃

中2自殺 父親「人間の心持っているのか」


いじめ苦に自殺した子どもの遺族、福岡で被害者の会設立

女性教諭が自殺、パワハラ訴える文書残す 鹿児島県


といくらでも出てきます。

いま、メディアで多く報道されている自殺は、学校という教育の現場で起きているものがほとんどです。だからといって、それがすべてだとは言えません。
いまは自殺といじめの関連で、マスコミがこぞって学校という場所に焦点を当てているわけで、他にはもっとたくさんあるでしょう。つまり、この国で起きている、この問題の氷山の一角を照らしているだけです。

しかし、だからといって、軽んじるべき問題でないことは明らかです。


いじめと自殺については、他のブログでも多くの方々がコメントを残していらっしゃると思います。

昔はよく、“いじめる側も悪いが、いじめられる方にも問題がある”なんて言葉がまかり通っていましたが、それは間違いです。

“いじめられる側”には非なんてないんです。

いい大人がこぞって、“いじめる側も悪いが、いじめられる方にも問題がある”みたいなことを言うから、子供たちは罪の意識がなくなり(もしくは薄らぎ)、結果的にはいじめを助長してしまうことになるのです。

ちょっと論理が飛んでしまいますが、近頃の子供(大人も含めて)は、

「なぜ○○○をしてはいけないの?」

なんてことを質問します。

なんで、やってはいけないことの説明をくどくどとしなきゃならないのか。

そりゃ、説明の必要なことだってありますよ。でも、例えば、

「なぜ人(←個人的には、動物も含めるべき!!)を殺めてはいけないの?」

みたいな質問にはがっかりします。

なんでそんなことを説明しなきゃならないのか…。
いったい、そこの家庭では何を教えているのか…。

世の中には“絶対にやってはならないこと”ってものが理屈抜きで存在します。
まぁ、そりゃあ、それなりの理屈はあるんですけれど、それを敢えてくどくどと説明する必要のない当然のことがあります。

子供の疑問にはできる限り答えていきたい。

それは私自身、人にモノを教える仕事をしていたことがあるので同感なところです。
しかし、理屈抜きで“駄目なものは駄目”といえることも大切です。

こんな書き方をするのは好きではないですが、子供の知能では理解できないことはいくらでもあります。それをわざわざ噛み砕いて諭していくのは大変なことであり、きりがないことだと思います。

生命は大切。だから、大事にしなきゃならない。

それ以上、語る必要があるとは思えません。

なぜ生命が大切なのか?

そんなことを説明する必要はないでしょう?
でも、あえて説明するなら、

生命というのは自分自身なんだよ。

ってことでしょうか。

あなたが大切だから、私はあなたを大事にしたい。

それだけのことです。


いじめによる自殺というのは、昔から問題になっていることです。
そして、残念ながら、この問題は未来永劫なくならないでしょう。
だからこそ、いじめによる自殺は起こりうるものだと想定して、これから対策を立てていってもらいたいです。
そして、「いじめは確認できない」だとか、「自殺に至らしめるようないじめは存在しなかった」とか、学校の人がいうのはやめてもらいたいですね。それは単に自分の身を守ろうとしているようにしか見えませんから。現実に起きたことを直視すれば、そんなことは言えないでしょう。

いじめの有無が問題なのではなく、1人の人間が何かを苦しんで自ら命を絶ってしまった、という事実は変えられないのです。それは自ら命を絶ってしまった人からの最後のメッセージなんです。向き合わなければ、苦しくなるだけでしょう。

そして、苦しい状況にいる子供たちには、安易に自殺を最後の手段にしてもらいたくないです。もし、自分をいじめているやつらに仕返しをしたいと思うなら、生きてください。

あなたが生きていくことが、あなたをいじめた奴らへの最大の復讐になるのですから。

0 件のコメント:

Zenback