2006年10月31日火曜日

ソフトバンク・モバイルの迷走

ボーダフォン改め、ソフトバンク・モバイルの“予想外割”に胡散臭さを感じていたが、ソフトバンクの迷走っぷりはなかなかのものである。

【詳報】「競争を促進する面では貢献した」〜MNPトラブルについてソフトバンクが会見で明らかにしたもの

上記の記事でいかにソフトバンクが迷走して、ユーザーを困惑させているかが見えてくる。

そして、このソフトバンク・モバイルは孫氏の一存ですべてが決まっているらしい…。

たしかにMNPには貢献しているかもしれないけれど、ここまで来るとモバイル業界を掻き乱しているとしか言えないような気もする。

孫氏は

「常にお客様のことを考えている。不満に思うお客様がいればなるべくすぐに対応したい。それが会社としてのポリシー」

と言っているが、料金体系をそう何度も変えられたりしたんでは、ユーザーの不満どころか、不信も募ってくるだろう。

あんまり価格競争で顧客を狙おうなんて思わない方がいいんじゃないだろうか?

もっと自分たちが対象とするユーザーを絞った方がいいんじゃないだろうか。

0 件のコメント:

Zenback