2006年10月6日金曜日

GoogleはMac用Picasaを作ってくれるか?

Google愛好家の方なら、Picasaは当然ですよね!?

私は先日メインで使うコンピュータをWinからMacに移行したので、写真管理はiLife'06のiPhotoを使用していますが、それまでずっとPicasaを使っていたので今ひとつiPhotoが使いにくい…。

いや、馴れれば済む話なんですけど、GoogleはLinux用のPicasaを作っているんだから、Mac用のPicasaがあってもおかしくないんじゃないか?と思うんです。でも、先日、Googleのシュミット氏がAppleの重役に就いたということもあり、これはMac用のPicasaは世には出ないだろうなぁ…なんてことも思う訳です。

というのは、GoogleのPicasaとMacのiPhotoはそのインターフェースからしてもちょっと似てるし、機能としても似通っているんですよね。ただ、Bloggerに写真を添付してアップする場合、picasaの方が絶対にいいわけで…。

要は、私がiPhotoの使い方を今ひとつ理解できていないだけなんですけどね…。
でも、コンピュータとしての使いやすさはMacに軍配があります。

そう、私のMacとのファーストコンタクトは(たぶん)アメリカで大学に行ってる頃、Computer Labのアシスタントになったとき、でかでかとおかれている緑のG3だったと思います。たしか、Photoshopのクラスか何かで、私はそこでアシスタントをやっていた訳です。いやぁ〜、それまでコンピュータはPCのみだったので、Macは斬新でしたね。

ん…、待てよ、それが最初じゃないな、きっと。
もっと前にも使っていたぞ、日本で…。
あのときは「マウスにボタンが1つしかない!!」ってびっくりしたんだっけ…。

ま、とにかくGoogleがMac用のPicasaを出してくれるのを待つよりも、iPhotoを使いこなせるようになった方がいいでしょうね。

0 件のコメント:

Zenback