2006年11月20日月曜日

オーストリア改め、オーストリー。

オーストリーと呼んで オーストリア大使「オーストラリアと混同」

「オーストリアではなくオーストリーと呼んでください」。欧州の伝統国オーストリアの駐日大使館が「日本語表音表記の変更」を発表した。豪州のオーストラリアとの混同を避けるというのが理由だが、外務省も「まだ定着していない」としており、あまりに唐突な発表に戸惑いの声が上がっている。(大野正利)

 発表文はペーター・モーザー駐日オーストリア大使とエルンスト・ラーシャン同大使館商務参事官名で大使館のホームページに出された。まず「日本ではオーストリアはオーストラリアと常に混同されており、違いを明確にするため」と変更の目的を明記。

 続いて日本では19世紀から昭和20年まで「オウストリ」と表記されていた史実が列挙され、「(今後は)『オーストリー』の名が広く速やかに浸透していくことと存じます」と結ばれている。

 あまりに突然な変更だが、この「オーストリー」の表記、日本人になじみ深いことも事実だ。

 国内初の本格的な国際地理誌「萬國地名往来」(明治6年発行)で同国は「ヲウストリ」とされ、翌年開催されたウィーン万国博覧会も開催国「オウストリ」と宣伝された。第一次大戦までは英独仏露と並ぶ欧州五大国の一員だったこともあり、文明開化後、富国強兵を目指した日本にとって、あこがれの存在でもあった。

たしかにオーストリアとオーストラリアは混同しやすい。
だからって、いきなり

「これからはオーストリーと呼んでください」

はちょっと強引かも…。

でも、昔の日本ではオーストリーが一般に使用されていたようですね。
自分としては“オーストリア”“オーストラリア”を混同することがないので、“オーストリア”の方がいいけれど、年配の人が“オーストラリア”と言ったとき、果たして“オーストリア”なのか“オーストラリア”なのか疑問に思ってしまうのはたしかにある。

となると、やっぱり“オーストリー”でいいのかなぁ…。

0 件のコメント:

Zenback