2006年11月22日水曜日

モタさん、逝く。

斎藤茂太氏死去 精神科医・エッセイスト

斉藤茂太先生は、実際にお会いしたこともお話ししたこともないのだけれど、私の心の師匠でした。

それは斉藤先生が歌人で精神科医であった父の斎藤茂吉先生の息子ということだけでなく、明治大学文学部卒→昭和大学医学部という、いわゆる再受験組の師匠にあたるということからでもあります。

そして、斉藤茂太先生自身、精神科医でありながら極上のエッセイストとしてその文才を振るっておられたのは、私にとっては尊敬だけでなく、あこがれの対象でもありました。

私も医師を目指す身として、斉藤茂太先生のように医学と文才に長ければいいのですが…。

思えば、私があこがれてやまないアルバート・シュバイツァー先生も医師でありながら、神学者、哲学者、オルガン奏者というマルチな才能を発揮されておる…。

できる人は何事にも長けているのか…。

0 件のコメント:

Zenback