2006年11月27日月曜日

後楽園のまわりをうろうろしました。

先日、岡山の後楽園の周りにある散歩道を歩きました。

散歩のお伴はいつだって愛用のiPod mini。

iPod nanoの第2世代が出て、miniライクな感じですが、私はあくまでminiを使用します。

でも、miniが潰れちゃったらnanoを勝っちゃうかも…。
手軽さで言えば、先日出たばかりのiPod shuffleなんてのもいいですね。
無駄な機能が一切ないようなiPodファミリーの中で、さらに機能をかなりスリムに削り落としたのがshuffleですからね。
実際に手に取ってみたりしましたけど、なかなかいいんではないでしょうか。衣服につけて重さを感じないくらい軽さですから(←“軽さ”を強調しています)。

さて、本題の後楽園の散歩道です。

写真をいくらかアップしておきます。

これは旭川の河川敷です。この鳥はなんていう名前なんでしょうか…。
ペリカンではなく、ツルでもない、サギかな。
たぶん、そんな気がする。
でも、このサギ、物思いにふけっているのかじっと川を見つめたままでした。
私も同じように物思いにふけっていたので、このサギくん(男だと勝手に決定)に親近感を感じてしまいました。


これは銀杏並木ならぬ紅葉並木。

なんだか、雰囲気が良かったので写真を1枚撮りました。
実はこの道の先に子供連れの親子がいるのですが、カメラの機能の限界か、自分の力量のなさからか、構図が上手く決まりませんでした。
でも、紅葉並木の並んでいる様子はとてもきれいな感じに思えます。


2枚の葉っぱ。

1枚目の葉っぱに開いた穴の向こう側に、もう1枚の葉っぱが見えます。






犬や猫の目線はきっとこんな感じ。

地面がすごく近いと、見える世界もこんなに違う。

道のことを聞くなら、やっぱり犬や猫に聞くべきか?





紅葉の絨毯です。

まぁ、ところどころ下地の地面が見えますが…。
その辺は勘弁してください。

右の奥にある、2つ並んだベンチがいい雰囲気だしているような気がするのは自分だけ?



春は春で、桜がはかなく美しい。

夏は夏で、花々がいきいきと美しい。

秋は秋で、紅葉が色とりどりに美しい。

冬は冬で、どんな美しさを魅せてくれるんだろう。

0 件のコメント:

Zenback