2006年11月6日月曜日

オゾン層を守ろう。

左の写真は最新のオゾンホールを表した衛星写真(NASAから)だそうです。



見ての通り、紫色がかった部分がオゾンホールであり、緑の部分が部分がオゾン層になります。



今回のオゾンホールの広さは過去最大ということで、北極圏がすっぽりとおさまっています。



たしか、最近のニュースでも北極の溶けないはずの氷の大地が溶けているそうで、これが地球規模での異常気象をさらに引き起こすことになると言われています。

北極海の海氷域に出現した巨大ポリニア

地球温暖化が「悪循環」に シベリアの湖でメタンの泡温暖化進む


地球への警告〜映画「不都合な真実」



オゾン層との関わりは直接はないでしょうが、地球規模での現象として大気中の二酸化炭素濃度も最近記録を更新しています。

大気中の二酸化炭素濃度、観測史上最高に・世界気象機関

私たちの利潤追求姿勢がこのような結果をもたらしてしまったのでしょうか。

これまで科学の力により地球環境を破壊してきたのだから、これから(すでに行われていますが)は科学の力によって地球環境を元に戻していかなくてはなりません。

生活がどんどん便利になるのはいいですけれど、私たちの住む地球という場所があってのことですから、その地球を破壊してしまっては本末転倒ということになります。

そのためにはちょっとくらい不便だって構わないでしょう?

これから寒い季節に入っていきますが、暖房の設定温度をやたらとあげないように。

0 件のコメント:

Zenback