2006年11月30日木曜日

テクニカルライター募集

テクニカルライター…なんと久々の響きだろう。

一般の人にはあまりピンとは来ない言葉かもしれない。

テクニカルライターとは何ぞや?という人に、ここでちょこっと説明しておきます。

テクニカルライターとは、技術的な事柄にマニュアルや解説を書く人のことです。そして、それを職業にしている人のことでもあります。

そもそも、私はコレ↑になるはず…だったんですよね、その昔。
でも、ワケあってなってません。
それはコレ↑よりもなりたいものがあったから。

でも、この言葉を見かけるとちょい好奇心が出てきます。
友人からは「言葉の魔術師」的な扱いを受けていた(←過去形です!!)私としては、副収入としてもやってみたいなぁ…というのがホンネ。

株式会社アスキー
か…。
しかも、愛読紙のMacPeopleではないですか!?
どうしよっかなぁ〜、応募してみようかなぁ。

でも、またチャンスあるかなぁ…。

応募用の記事を書いているヒマなんてないんだよね、実際は。


テクニカルライター募集

編集部から

Posted at 2006/11/30 0:11:08 by マックピープル編集部

 マックピープル編集部では、誌面の企画/執筆にご協力いただけるライターを募集しております。プロ/アマを問わず、副業として取り組んでいただいても構いません。採否を決するポイントは、確かな知識とあふれる情熱。多数のご応募をお待ちしております。
概要

 今回は本誌の特集やレビュー記事などの企画/執筆にご協力いただくテクニカルライターの募集です。実際の制作では、ライター諸氏の得意分野を考慮したうえで、それぞれの企画について編集部より協力を打診し、内容について条件が折り合った場合にご担当いただくかたちなります。そのため、このご応募が必ずしも原稿の執筆に結びつくとは限りません。また、定期的な依頼を保証するものでもありません。なお、今回はテクニカルライターの募集であり、コラムニストや編集者の募集ではない点にご注意ください。
応募方法

 電子メールにて「macpeople@mac.com」までご応募ください。その際、本文に得意分野・専門性についてのアピールを記述するとともに、次にあげる必要書類を忘れずに添付してください。折り返し担当者よりご連絡いたします。
 ライターとしての経験や年齢、性別、居住地は問いませんが、ライティングの能力と専門性を判断の基準とします。
必要書類
経験者

 過去に執筆したパソコン関連記事のテキスト。オンライン媒体の場合はURL、紙媒体の場合は記事のスキャン画像でも構いません。
未経験者

 既刊のマックピープル誌より企画を選び、オリジナル記事を追加してください。記事はテキスト部分のみ(図版やレイアウトは不要)で構いませんが、本文だけでなく見出しやキャプションもご用意ください。文字数に制限はありません。
 例えば、連載「オンラインウェア新着セレクション」を想定して自分でチョイスしたソフトの紹介を執筆する、連載「Product Report」に愛用しているソフトのレビュー原稿を書く、2006年12月号第1特集「名人が教えるOS Xの棋譜」の「メール」編に「開いている書類をメールに添付する(書類ウィンドウのミニアイコンのドラッグ&ドロップ)」という記事を追加する──など、対象は自由です。ただし、冒頭に参照元を明示するとともに、参照元に準じた形式で執筆してください。

0 件のコメント:

Zenback