2006年11月21日火曜日

Cherry Coke飲んでみました。

先日、チェリーコークが日本で再販されたことを書きましたので、実際に買って飲んでみました。

まずはそのパッケージを鑑賞。








だいたい、こんな感じです。

そして、成分表示はちょっとボケてますが、こんな感じ。

もちろん、チェリーというのは果汁が入ってるワケではありませんので…。
そんなにいい飲み物ではありません。所詮はコーラの仲間ですから。

しかし、I Love Coke!!! (but I do not mean Coke as "cocaine.")

味の方は先のブログで書いてあった通り、たしかに本来のチェリーコークの味よりは薄いというか、マイルドになってますね。

ま、チェリー味(サクランボ味ではない!!)に慣れていない日本人がチェリーコークを飲むとしては、この程度のチェリー味の濃さでいいのしょう、きっと。
個人的にはやや物足りないですけれど、飲みやすいと言えばすごく飲みやすいですね。

“Dr.Pepperが苦手”という人には、こちらの方が飲みやすいんじゃないでしょうか。

私は海外での生活がちょっと長かったせいもあって、Dr.PepperもCherry Cokeも飲めるクチです。しかし、お酒はほとんど飲めません。いわゆる下戸ってヤツですね。

なので、宴会等のお酒の席に呼ばれると困ります。
最近ではお酒を飲む機会というのはまったくないのでいいですが、社会人をしてたときは生中一杯や梅酒一杯を3時間かけて飲む、ということをやってました。まず、お酒に対する体内の酵素が普通より少ないせいか、日本車並みの燃費の良さがあります。そりゃあもう、ウィスキーボンボンでほろ酔いになれますから…爆

話がCherry Cokeから離れてしまったので、また戻して…

Cherry Cokeが初めて日本に紹介されたときのCMはたしか、セサミストリートに出てくるようなぬいぐるみたちが出ていたような気がします。アメリカっぽさを出すために、CMのナレーションはすべて小林克也!!

Best Hit U.S.A.ですね(最近ではBSでやってるそうですね)。

それに感化された少年の私は早速買って飲みましたよ、Cherry Cokeを。
そのあとのことはこの間書いた通りです。

でも、インパクトって大事ですよね。
そのあと、私の頭の中にしっかりとCherry Cokeは刻まれましたから。

思えば、復刻してもらいたいお菓子や清涼飲料水は他にもまだまだあります。
復刻してもらいたいリストをお菓子(アイス含む)とドリンクで分けると、ざっとこんな感じになります。

【復刻してもらいたいお菓子・アイス】
  • 宝石箱
  • クロキュラ(たしかこんな名前)
  • 雪印バー
すべてアイスですね…(^^;

【復刻してもらいたい清涼飲料水】
  • メローイエロー
  • タブクリアー
  • ファンタオレンジ(あんまり見かけないので)
  • タヒボベビータ(あまりにもまずかったのでもう一度飲んでみたい)

こんな感じですね。

もしどこかで見かけたら教えてください。m(__)m

0 件のコメント:

Zenback