2006年12月10日日曜日

奇形膿腫…になるのかな?

ブラックジャックに出てくるピノコが生まれたケースになります。

それが奇形膿腫(ブラックジャック1巻参照)と呼ばれているものです。
しかし、奇形という響きに抵抗があるので、実際には別の呼称があるのかもしれません。

さて、実際にそのケースが南米であったそうです。

チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児が
[サンティアゴ(チリ) 24日 ロイター]
チリ南部のテムコで今月、腹部に別の胎児が入った男児が生まれていたことが分かった。出産を担当した医師によると、双子の片方が妊娠期間中にもう片方のお腹の中で育っていたもので、極めて珍しい症例だという。

医師らが出産前の母親を検査したところ、誕生間近の男児の腹の中に約10センチの別の胎児を確認したという。この胎児に四肢や部分的に発達した脊椎(せきつい)は認められたものの頭部はなく、医師らは生存の可能性は無かったとしている。

今月15日の出産の後、男児の腹部から胎児を摘出する手術が行われた。術後この男児は順調に回復しているという。

病院の新生児病棟の責任者は、ロイターに対し「生児出生の50万件に1件という確率で起きる非常に珍しいケース」だと語った。

© Reuters 2006. All Rights Reserved.

とてもめずらしいケースだということですが、このこの赤ちゃん、自分の体に宿っていた胎児の分まで元気に育っていってもらいたいです。

0 件のコメント:

Zenback