2006年12月27日水曜日

クリスマスが済んで…

今年のクリスマスは、これといって何もなく終わりました。

でも、一応、巷で女性の間で流行っている“自分へのご褒美”なるものを自分にもやってみました。
ええ、私は男ですけれど…。
そんなん、関係ないでしょう?

さて、そのご褒美が何なのかというと、これです。



はい、『世界一わかりやすいPhotoshop Elements』です。
Macユーザーなので、Version 4.0版です。Windowsでは、先頃Version 5.0が発売されているようですが、Mac版は来年になりますね。年内に発売があるかと首を長くしていて待っていたのですが、結局出なかった…。そんなわけで、4.0。いってみよ〜。

おおっと、Photoshop Elementsを知らない人のために説明を少ししておくと、Adobe社というところから有名な写真編集ソフトのPhotoshopというものがあり、その基本的な機能のみを集めたものがPhotoshop Elementsになるというわけです。基本的機能といっても、Photoshop Elementsのパッケージにあるようにその機能はまさに『ぷろなみ』です。だから、仕事でPhotoshopを使う人以外なら『ぷろなみ』で間に合うということになります。

ところで、これはひょっとするとあまり知られていないことかもしれませんが、Adobe社のソフトはダウンロード購入できます。そして、ダウンロード購入の方が安いんですよね。

ちなみに、Photoshop Elements 4.0における価格を比較してみると、次のようになります。

パッケージ:¥13,440
アップグレード:¥9,240
ダウンロード:¥8,100
(かけがえのない趣味:Priceless)

この価格差はでかいです。正直言って、ブロードバンド環境があれば、ダウンロードでソフトウェアは手に入れるべきです!!そりゃ、ダウンロード版の方がパッケージ代とかかからないから安く済むに決まってるんです。

じゃあ、説明書とかはどうなっているんだ?

ということですが、そういうものはたいがいPDFになってついてきます。
ちと面倒くさいけれど、PDFを全部印刷してしまえば説明書のできあがりです。
しかし、説明書ごときのために何百ページもあるようなものを印刷できますか?いや、できません。
ならば書店で売ってるハウツー本に頼るべきでしょう。痒いところに手が届くような商品が結構あります。1、2冊を辞書代わりとして持っておくと重宝しますよ。

そういう理由で私も『ぷろなみ』の本を買ったわけです。
趣味を『写真』とか『カメラ』とかいうには、これくらいの出費はなんてことないです。
でも、本格的な出費はこれからです。

そう、デジタル一眼レフの購入
2007年はそれが目標になるでしょう。そいつが手に入るまでは、私のCoolpix5200にがんばってもらいます。


P.S. Photoshopの最新版、CS3が今ならパブリックベータ版として無料でダウンロードできます。そのためにはアドビアカウントを作る必要がありますが、Photoshopを無料で手軽に使ういい機会になるかもしれません。それから、Lightroomという新しい写真編集ソフトもベータ版としてダウンロードできるので、それも試してみては?私も使ってみましたが、Lightroomの方が直感的に使いやすいと思います。

0 件のコメント:

Zenback