2006年6月29日木曜日

論文のレトリック

 
アマゾンで注文しておいた『論文のレトリック』が届きました。
新品で買うと(文庫本のくせに)結構高価なものなので、中古で300円で買ったんです。ちなみに本来の価格は1200円くらいします。

この本を買ったのは、先日の山口大学医学部編入試験での自分の文章のまとめ方&表現力の限界を感じてしまったので、以前から気になっていたこの本を読んで少しでもレベルアップしようと思ったからなんです。

この講談社学術文庫からは他にも論文を書く際に参考にできるような本が出ていますが、それらを比較検討してみた結果、この『論文のレトリック』が一番分かりやすくまとめてあると思います。実際に、この本のサブタイトルに「分かりやすいまとめ方」とあるので、まさに有言実行しているものなんです。

しかし、文章自体はこれでうまくなるかもしれないけれど、肝心の中身も内容のあるものに仕上げていかなければならない。それにはやはり、常に「なぜ?」と自問していくことが必要だろうな…と思う。

例えば、この本というメディアが誕生したのはなぜなのか?
なぜ人は本を書くのか?
それはその人が自分の考えを誰かに伝えたいためなのか?
自分の考えの記録をきちんとした形で残したいためなのか?
前者であれば、それは新聞や広告の延長線上としての書物ができあがり、校舎であれば日記の延長線上としての書物ができあがる。

だとすると、人は大きく分けて2つの理由で本を書くということになる。しかし、ここでまた「なぜ?」が出てくる。
なぜ人は自分の考えを他人に伝えたいのか?
なぜ人は自分の考えを残したいのか?
という感じで、延々と自問は続いていく。そのうち、真理に近づいていくのかもしれないけれど、何よりも大切なのはその過程だと思うんです。
目の前のことをすべて鵜呑みにしてしまうと、人間はもはや考える葦ではなくなる。当然と思えることでも、視点を変えてみることで新しい何かを見つけることができるはず。

考える葦であり続けるのは、それなりに努力が必要なんだと思う。 Posted by Picasa

FRAU

先日、山口大学に医学部学士編入試験に行った際にFRAUという女性誌を買いました。
男の自分がこんな女性誌を買っている姿はかなり奇妙だったに違いないだろうなぁ…。

しかし、なぜFRAUを買うに至ったのかは、率直に書けば他に読みたいと思う雑誌がなかったから。男の人が読むような雑誌は山ほど置いてあったのだけれど、個人的にそういう雑誌はあんまり嗜好に合わないのでパス。たしかに、そういった雑誌は雑誌で嫌いではないのだけれど、なぜかあんまり面白くない。それでFRAUを買うことにしました。
何が面白いのか説明するのは難しいけれど、まず明らかに言えるのは

モデルさんがきれい!!

見てるだけで芸術鑑賞しているような気分になる。特に、格調高そうなファッション雑誌とかそんな気がする。あとは女性ならではの視点で記事が書かれている。これが面白い。女性が何に興味を持つのか、どういうことに気を使ったりしているのか、髪形や髪質の悩み、ダイエット…云々、日常の中で男とは明らかに見ているところが違う。そこが面白い。

FRAUの内容は『髪を切るなら青山』と題して、青山におけるおしゃれなヘアサロン&街角の女性を載せている。私自身、青山なんて行ったことないし、この先行くかどうかも分からないけれど、「そういう世界があるんだ~」とか思ったり、それを読んでいる女性同様、髪型やファッションに気合を入れようと気合いが入る。

でも、彼女からは「そんなものを読んでるよりも、参考書を読みなさい!!」と怒られそう。

2006年6月27日火曜日

統合失調症あるいは精神分裂病


図書館で借りた本をまだ読めてないので、今夜中に一気に読み終わるつもりです。それがこの本です。タイトルも『統合失調症あるいは精神分裂病』

かつて精神分裂病と呼ばれていた病気が統合失調症と呼称が変わって数年経つのかな。名前が変わったといえば、痴呆症が認知症に変わったというのもあるけれど、この名称変更のポイントは以前の名前の響きが与えるイメージが強烈過ぎる、というのがシンプルな理由だろう。

そのときも思ったのだけれど、名称を変えても人々のそれらの病気に対する理解が深まらなければ、名前を何度何度変えようと根本的な問題は解決しない。その辺のことは、この本の冒頭の部分でも同様に述べられている。

マニアックな分かり難い例を挙げれば、Zガンダム中でかつて赤い彗星ことシャア・アズナブルクワトロ・バジーナと名前を変えようと、その当人を知っているアムロやブライト艦長からしたら、結局は赤い彗星のシャア以外の何者でもないのだ

そんなことはいいとして、本書での統合失調症に対する見解はとても面白い。私がかつてアメリカの精神病院でインターンをしていたときに感じたことや「こうしてみたらどうだろう?」と思いながらも怖くてできなかったことなどが書き連ねてある。
たとえば、統合失調症患者の妄想にこちらから能動的に関わってみる、というのは私がやろうとしててできなかったことのひとつ。相手の妄想の中に飛び込んで、患者の妄想の中にいながら徐々にあるべき状態に戻していく。

しかし、これにはそれなりの覚悟が必要だし、妄想の中に飛び込んでいる自分自身を客観的に見ている別の自分自身も同時に介在しなければならない。当時の私にはそんな芸当はできるわけなく、ただの頭の中の仮説でしかなかった。
でも、この著者(もちろん、精神科医)はそれをやってのけてる。結果は良好。

医療において患者の視点に立つというのはとても大切なことなのだけれど、精神科ほどそれが必要とされる現場はないのではないかと思う。自分が心理学科の学生だった頃、よく世話になっていた教授に
「コミュニケーションに必要なものは共感で、相手の見ている世界を見れるようにならなければならない。それがなければ、本当の共感には至らない
ということをよく言われた。それが今でも骨の髄まで染み付いているのか、常に自分と他者の視点で物事を見るようにしている。コインは見方によっては円でもあるし、長方形でもある。見ている対象はひとつのものでも、相手が自分と同じように見ているとは限らないのだ。

統合失調症に限らず、すべての病気を診るときに一番必要なスキルはそこなんじゃないか?と改めて考えさせてくれる一冊です。

2006年6月26日月曜日

マスコミの過剰報道は何を生むんだろう?

So-net blog:まぐれ気まぐれ書きなぐれ:報道は何を産む

以前から私が気にしていたことをきちんと言葉にしてくれていたブログを見つけて、
「こんなふうに考える人は自分ひとりではないんだ」
ということを感じてホッとしました。

近頃、親が子供を殺める、とか、子供が親を殺める、だとかいった事件が連日のように報道されて、そのひとつひとつの事件に「羞恥心はないのか?」と思うほどマスコミが追いかけて過剰報道をしていく。
そんな報道(ワイドショーもニュース番組も含めて)を繰り返される度に、そんな同じ話ばっかりなぜ流す?と不快感を覚えずにはいられない。
特に、ワイドショーのコメンテーターとか呼ばれる人物たちは、自分がいかにも正しいことを言っている、ということを自慢げにたらたらと話す。

最近のメディアはひとつひとつの事件を面白がって、誇張して過剰に報道している傾向が強く思われる。それは視聴率至上主義というメディア側の言い分があるのかもしれないが、報道という名の下に何をやってもいいという理屈は通らない、と思う。論理的には、法の下でメディアには国民が知りたいと思うことを報道する権利がある、という建前を振りかざすだろう。それはそれで理屈に合っているだろし、法律でそういうふうに書かれているのなら仕方がない。
しかし、法律がやってもいいというのであったら、何をやってもいいのか?という疑問が沸いてくる。

マスメディアはとてつもない力を持っている。
それは立法・行政・司法の三権に大きな影響力を与えるほど、マスメディアは巨大な存在になってしまった。それは上記の三権に属する誰もが無視することができないことだろう。まさに『ペンは剣より強し』なのだ。
だからこそ、日本の加熱しすぎている過剰報道にもう少し倫理を持ってもらいたい。

山口大学受験記

山口大学医学部の学士編入試験を受けてきました。

今回初めて山口県に行って来た訳ですが、山口にいる間、どうしても九州にいるような気がしてならなかったのは何故でしょうかね…。
さて、こちらが山口大学のある宇部新川駅。

決して都会ではない。駅からその雰囲気が表れています。
どちらかと言えば、すっごい田舎です。でも、大学は二重丸。

「ここで医学を学びたい」

と思わずにはいられない山口大学医学部でした。

さて、駅から数分歩いたところに宿泊先を予約していたので、それらしい建物の名前を見つけました。そして、中に入り手続きを済ませた後、そこの方が一言。

「一人で泊まるには広すぎるお部屋ですけど構いませんか?」

「ん?」と思いながら、

「そういえば、部屋がなかなか見つからなくて、やっとのことで見つけたところは確かすごく広い部屋だったような…」

ということを思い出し、エレベーターに乗って部屋のドアを開けると…
ドーンという感じで33畳の大広間が目の前に広がっているではないか!?
そして、布団がなぜかひとつ、ふたつ、…、五つもある!!

「あれ?ここって相部屋だったのかな?」

とか疑問に思いながらもあんまり気にせず、とりあえず外から帰ってきたら手洗いが肝心なので、早速洗面所へ。こんな感じです。

「歯ブラシは1セットしかない…。ということは、ここに泊まるのはやはり自分1人だけか」

ということを確信し、手を洗ったついでに顔も洗って、試験会場の下見に行くことにしました。ちなみに、こんなものもありました。

駅前でタクシーを拾って、いざ山口大学医学部へ!!
しかし、タクシーの運転手さんが何を思ったか、病院の方へ連れて行ってくれたのでしばらくの間、迷子になってました…(汗)。やっとの思いで試験会場のある医学部の方へやってきて、前記のような思いになったわけです。

「ここで医学を勉強したい!!」


試験を受ける教室の前はちょうどこんな感じで、とてもきれいでした。
これまでに何度か他大学の医学部を見たことがあるんですが、医学部の建物にはなぜか特別な思いを抱いてしまいます。自分の母校の医学部も荘厳という言葉が似合うような建物が建ち並び、そこで医学ではないけれど心理学や精神医学を学んでいる自分を誇らしげに思ったこともあります。
医学部を持つ大学にとって、医学部はその大学がその地域に見せる顔のひとつであるから、やはり建物もそれなりの見栄えをしていなきゃならないし、そこで学ぶ学生にとっても建物の見栄えというのは結構重要なファクターであるのは間違いない。校舎が新しいだけがいいわけじゃない。校舎が新しかろうが古かろうが、その建物に威厳がなければやはり大学の魅力を語れない、と思う。

とあれこれ書いても、合格しなければ意味がない。
1次試験、突破していたい。合格させてください!!

2006年6月24日土曜日

明日は試験。

今まで勉強そっちのけで、大学のHPに掲載されている編入学合格者の体験記を読んでいました。
読むば読むほど、様々なことを考えさせられます。同時に私自身も「ここに合格体験記を載せたい」と思っています。だが、そこに至るまではまだまだ道は険しい。明日がその第1歩なのだ。
本来、こんな夜更かしをしていてはならないのだろうけど、緊張からか眠れないところもある。でも、ブログも書いたことだし、もう眠ることにしよう。

2006年6月20日火曜日

路傍の草花

道端に咲いている花って、なぜか綺麗に見える。
それは飾りっ気のない場所に力強く咲いているからだろうか?
誰の力も借りず、己の力のみで、時にはアスファルトやコンクリートの隙間を突き破って芽を出し花を咲かせている。

自分にもそんな生命力が、力強さが欲しい…。
いや、そんな弱気なことを言っていたのではいけないんだ。
誰にでもそういった力強さは元々備わっているはず。
それを育てなければ、力強さは生まれない。

自分は十分に力強い。そして、それに甘んじることなく、さらに力強く、精神的にストイックかつタフになろう。

もちろん、優しさは忘れずに。

2006年6月19日月曜日

田園風景?

わんこの散歩の途中に写真を撮ってみました。
ここは田舎なので都会のような娯楽は皆無。まぁ、医学部学士編入試験受験生の自分にとってはそれがかえって好都合ですけど…(笑)。

わんこの散歩のコースに近所の線路沿いの道がありまして、そこに生息している植物の写真なんかを撮ってみたりしたわけです。なんかこうして写真を撮ったりすると、散歩もいつもより楽しいし、自分の眠っていた感性がよみがえるようで結構カメラという趣味もいいかな、と思い始めましたね☆
最初は田園ではありませんが、田んぼですね。
夏になると、ここにアメンボやカエルなどの動物が生息するわけです。
ちなみに、その両者はすでに生息を開始しています。でも、まだオタマジャクシは見てないなぁ…。それと、しばらくするとカブトエビというカブトガニをちっちゃくした様な生き物も出てきます。チャンスがあればいずれカメラに収める試みです。
 
こちらの花は線路に咲いている草花の一種ですね。
いつも散歩をしている最中に「きれいだな」と感心しているものを撮ってみました。
  Posted by Picasa
お、ひとつ言っておくと、線路沿いの道といっても都会にあるような車がガンガン走る舗装された道ではありません。人が二人並んで歩ける幅の舗装された道です。舗装されたといっても数年前のことのようで、以前は舗装されていない土の道でした。個人的にはそれが好きだったんだけどなぁ…。何でもかんでもアスファルトを敷いちゃいかんよ、ということです。
おかげで、それまで歩行者と自転車オンリーだった世界に原付がたまに走るようになってちょっと困るんです。

『原付はあっちの車の走る広い道を走れよ!」

と原付が走るたびに心の中で思ってしまいます。たぶん、うちのわんこも同感でしょう

自然がどんどん消えていく中、こういった風景は貴重だと思いますし、いつまでも残していかなきゃならないものだと思うんです。私が子供の頃なんかもっと自然が溢れていたけれど、今じゃその自然が珍しいものになるつつあるのは悲しいです。

まぁ、こんなことをウダウダと書いていても試験には合格しないので、勉強に戻ります。
しかし、医学部学士編入試験に合格したら、趣味にカメラを追加してガンガン風景写真なんかを撮っていきます(予定)。

だから、必ず試験に合格してやる!!

2006年6月16日金曜日

いよいよデスノート公開

今週末、いよいよ映画版『デスノート」』の公開です。

不安材料だったL役の松山ケンイチ君のLっぷりも、なかなかの様になっていると思います。『デスノート』ファンからすると、主人公である夜神月よりもL/竜崎の方に人気のウェイトがかかっているでしょう。アジアの方でも公開が決定しているらしく、そのときの決め手が「Lが原作のイメージを崩さず、大変よく似ている」との話だったそうです。

あと、個人的には南空ナオミ役が瀬戸朝香というのはGoodですね。
南空ナオミのイメージに彼女はぴったりだと思うんですけれど…。意思の強そうなあの瞳は原作に出てくる南空ナオミそのもの。


ところで、原作の方はちょい数週間前に完結してしまいましたが、『デスノート』の快進撃はこれからも続くようです。

というのも、かつてLが解決した『ロサンゼルスBB連続殺人事件』のノベライズ化(著:西尾維新)。さらには、『デスノート』のアニメ化も決定らしい。

7月には最終巻が発売されるそうなので、まずはそれをアマゾンでゲットですね。

Dear my sweetheart

Today, actually, yesterday was a special day for me.

My girlfriend came to my town just to see me. How sweet she was!! You know, she'd never done such a thing before. Thus, this was quite a big step for her. And, of course, I am very grateful to her for visiting me from her town, which is very far from my town.

However, the weather was not good.

Since it is a rainy season in Japan now, we had to deal with a great deal of rain while our dating. Due to the uncomfortable weather, we eventually had a fight.

However, we apologized to each other for our own selfish minds. We may have a fight sometimes, but it is true that we both love each other.

Well, I'd like to write something more, but I don't know how to express how I feel about her. That's because I have not used English for writing..., and also I am not good at showing my feelings inside. If my girlfriend read this, she would tell me that I were a lier. Why? Because she knows that I am the one who cries so hard after watching a touching movie.

Love is a complicated thing; therefore, I cannot stop loving her.

2006年6月15日木曜日

梅雨入り~昨夜の日記から~

少し前に梅雨入りしたそうで、今夜からしばらく雨が続きそう。晴れ男ではないので、傘だけは『出掛ケルトキハ忘レズニ〜』(←古い…(^_^;))です。
さぁ、早く寝よう。眠いです。

2006年6月12日月曜日

太りやすい…

我が家のわんこ、太りやすいです…。

コーギーってのは結構太りやすい犬種だそうで、飼い主が気をつけていないとすぐにブクブク太ってしまうそうです。
そんなわけで、我が家でも例に漏れず、先日体重を計ったら19キログラムもあったらしい…。
それでコーギー用のドッグフードを与えているのだけれど、これまで人間と同じ食事をしていたからなかなか食べてくれない。

 

だから、手作りご飯3割にドッグフード7割で食べさせてる。
それでも、手作りのところだけを食べてドッグフードを残したりする。
そんなときは呼びつけて、手で示して食べるように忠告する。そうすると何とか食べてくれるんだけど…。
自分の体重が平均以上だっていうことに本人が気がついているのかどうかは分からないけれど、5キロでもいいから減量してもらわないと抱っこするのも大変!!

まぁ、わんこに言ってばかりでなく、自分もダイエットに励まないとならないな。 Posted by Picasa

2006年6月9日金曜日

ニンジン煮て美肌、ベータカロチン摂取が「生」の1.6倍

ニンジン煮て美肌、ベータカロチン摂取が「生」の1.6倍 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ウチでは人参は料理をする上での必須アイテムです。
生ではあんまり食べませんが、油で炒めて食べることはしょっちゅうですね。
でも、油で炒めるよりも茹でた方が脂質の取り過ぎにならず、シミをなくしてくれるのなら大変ありがたい。
昔、LAで暮らしていた頃にできたシミが残っていて、なかなかどうにも消えないんですね。ハイチオールCを買って飲もうかと思ったけれども、ハイチオールCって結構高価なものなので遠慮せざるを得ないんですよね。
でも、これからは茹で人参でしょう!!

2006年6月8日木曜日

Go Global!!

Blogger利用者の多くは英語を使用しているので、これからはこのブログにも英語での書き込みもしていこうと思う。こうなると、最早『ひもブログ』としての意味はなくなってしまうけれども、一応、基本的なスタンスは『ひもブログ』として、徒然なるままに書き込みをしていきます。


So, the first comment in English on this blog is the declation of the "Get Global!!" I am damn proud of myself as a graduate from UCLA. Why shouldn't I write this in my second tongue!?

In order to upload unique comments as much as possible, I need to keep myself psched up. In that sense, I should read more news in Englsih, indeed.

2006年6月6日火曜日

MacBookがほしい

アップル - MacBook
Intelチップ入りのiMacが発売されて、iBookの後継機となるMacBookが発表されたわけです。

私はずっとPCを使ってますし、PCをこよなく愛していたのですが、昨年iPod miniを使い始めて以来、「Macに移行しよう!!」と決心したわけです。

なにせ、今のマックはBootcampという立派なソフトがあるので、それを使えば、Mac OS XとWindows XPの両方が使えるようになってるんです。そうなれば、PCを持っているよりもMacを持っている方が便利じゃないすか!!

そんなこんなで、最近発表されたMacBookが欲しいなぁ~と思う今日この頃です。

2006年6月3日土曜日

人の心は難しい…。

私は心理学を海外の某有名大学でやっていたんですね。自慢になっちゃいますが、心理学の分野ではおそらく世界でトップ3に入るところですね…。

そんなことはいいとして、人間というものは本当に複雑怪奇というか分からないことが多いです。何の話をしてるかといえば、人のココロのことです。

以前ほどではないけれども、心理学をやっていたと言うと「私の考えてること、分かります?」とか「人の心の中とかお見通しなんですか?」とか言われることがある。

でも、心理学と読心術は違いますよ、やっぱり。

人の心だとか考えてることなんてものは心理学じゃ分かりません。ほんとに理解しようとするなら、より多くの人たちに接して、その人の言葉や身振り、表情なんか細かいことすべてを観察していくことが近道じゃないかと思うんですよね。

そこにはもちろん、客観的に物事を捉えて論理的に分析できるクールなマインドが必要なのは言うまでもありませんが…。

しかし、『頑固者の考え方を変える方法は心理学にある!』と思って出発した心理学の勉強ですが、その答えは心理学よりも数学にあるかもしれないような気がします。

それはなぜか?

数学も人の心を読むのも謎解きだからです。
こうして私は日々新しい人間の心理的ダイナミクスに当てはまる公式なんかを探しているってわけです。

2006年6月1日木曜日

今日は暑かった~。

今日はいい天気でした。
こんなにいい天気は久々でしたね。

あんまりにもいい天気だったので、うちのわんこをお風呂に入れてやることにしました。
幼いころからペット専用の美容院できれいにしてもらっているので、うちでもシャワーのときには全く水を怖がらない。

お尻の方からシャワーでしっかり毛を濡らしてやり、徐々に頭の方へお湯をかけていく。
もちろん、お腹や足も忘れない。あ、そうそう、このときにわんこの肛門腺を指で押して悪臭の素を出しておきます。
体全体をしっかりと濡らすことができたら、今度は手のひらにシャンプーを取ってお尻の方から徐々に泡立てていく。しっかりと泡を立てて、地肌を洗うように洗っていく。
この間、わんこは気持ちがいいのでしょう、目を細めて、いかにも『気持ちいい~』という表情をしています。
そして、前足、後足もしっかり洗っていきます。散歩に出かける度に汚れてしまう足ですから、念入りに洗ってやります。

今度はシャワーでお尻からしっかり泡を落としていきます。
このすすぎが肝心です。しっかりとシャンプーを落としてあげていないと、あとで皮膚病や脱毛の原因になりかねません。シャンプーの何倍もの時間をかけてしっかりとすすいでいきます。これが一番大変なところです。

すすぎが終わると、今度はしっかりとタオルドライ。
バスタオルを何枚も用意していたので、わんこをそれらに包んで水分をしっかり吸収していきます。このときのわんこは、プールから上がったあとの人間のようにやけに眠そうに体を拭かれるがままにしています。
でも、考えてみれば人間だって、ふかふかのタオルで体を包まれたら、さぞ気持ちいいだろうなぁ。ん~~~、一度そういうのをやってみたい。
そして、水気がきれたら今度はドライヤーで乾かしていく。
毛の根元を乾かしてやるように、かつ、わんこに熱い思いをさせないようにドライヤーをかけていきます。今日はすこぶる天気が良かったので、体の乾燥は気温に任せるとして、4本の足をしっかりと乾燥させることに集中します。わんこでも水虫があるらしいので、足がいつまでも濡れてしまっているのは良くないことらしいのです。だから、しっかりとドライヤーでわんこの足を乾かしていきます

それでわんこのお風呂は終わり。
最後まで良く頑張ったご褒美として、ジャーキーをひとつかみあげました。

Zenback