2006年8月31日木曜日

USEN株主として・・・

私はUSENの株主である。

一時の株価に比べ、今はその3分の1。
USENの株価って、もう少し高くてもいいと思うんだけれど…。
今の株値が正当な株価ってことなんだろうか?

それはいいとして、USENのやってるGyaoと巷を席巻しているYouTubeを比較してみると、Gyaoでやってることは的を外してしまったかな、という思いになってしまう。

というのは、Gyaoの利用者は100万人を越えたそうだが、YouTubeは日本からの利用者だけでも200万人を越えているという。

ここから読み取れるのは、ブロードバンドが普及して人々が求めるものは、映画やドラマをオンラインで流すよりも、5分程度の短いホームビデオやPVだったりするんじゃないか?と思う。

実際、自分もYouTubeはよく見るけれど、Gyaoはひとつの番組が比較的長いので、あんまり見る気になれない。Gyaoで番組を見ようと思うなら、それなりの時間があるとき以外でなければ、映画なり、Gyao専用の番組なりを見ようとは思わないのである。その点、YouTubeで視聴できるものは、数分で終わるものが多いのであれこれと見ることができる。

インターネットと放送の融合というものをライブドア前社長のホリエモンは必死に説いていたけれど、もし仮にそれが形を成していたとしても、それほどのインパクトはなかったのではないかと思う。

否、オーマイニュースのようなインターネットと放送〈報道メディア〉の融合はいいと思う。それは発信者があくまでも一般の個人(もちろん、そうではない場合もあるけれど)であり、地に足のついたコンテンツができるだろう。しかし、Gyaoにはそれがない。つまり、Gyaoのコンテンツを見ていても“地に足がついている”感じがしないのである。

Web2.0のコンテンツ作りというのは、まさにそこに尽きると思う。

アマゾンなんかは、そう思うと随分と前からWeb2.0を体現してきたわけだなぁ。

株主総会でこんなことを言っても、Gyaoのコンテンツが変わることはないだろうし、それはGyaoだけに限らない。日本で作られる多くのそういったコンテンツに、視聴者が参加するという発想はあまりないのだから。

2006年8月30日水曜日

GoogleのSchmidt会長兼CEOがApple取締役に

GoogleのSchmidt会長兼CEOがApple取締役に

という話です。

いやぁ、これはまさにトンでもない、というか、スゴイというか、時代は動いているって感じですよね。

Googleの快進撃の賜物なのか、Macのインテル化終了やMac OS X:Leopard の勢いに乗るAppleが追い風を受けているところなのか、いずれにせよ、今後が楽しみですね。

ちなみに、GoogleとeBayが業務提携をしたっていう話も驚きでしたが…。
GoogleとeBayって犬猿の仲じゃなかったんでは…。
まぁ、争いもいつかは終わり、共に手を取り合う時代が来るということを象徴しているんでしょうか。

2006年8月29日火曜日

夏の終わり


8月がもうすぐ終わります。
そうなると、夏もいよいよ終わりか…ってことになります。
そういう気分に浸っている訳ではないけれど、どことなく憂鬱な気分のこの頃。


今さら

夏バテなんです…ハハハ


なんて言えないし、どうしたものか。

こうした気分になる原因のひとつには、自分の置かれている境遇ってのもあるでしょう。
医学部学士編入、一言で言い換えれば“狭き門”
なかなかすんなりと合格させてくれるわけにはいきません。
それに1回の受験にかかる総費用もなかなかのものです。

先日、岡山大学の1次試験が済んだので、次の受験校を選んでいる最中ですが、ついに海を越えるときがやってきました。
海を越えるといっても、国境を越えるところまではいきません。
でも、内心はそうしたい…。
自他共に

オマエは海外にいた方が、その土地に馴染んでいいんじゃないか?
海外で医学部を目指したら?


というコメントは家族、友人からよく言われたことです。
いやぁね、そうしたいのはそうしたいんだけれどねぇ、なかなかそうもいかんのだよ、諸君。

海を越えるってことは、本州から出るってこと。
四国ではないけれどね。

さて、勉強がんばろう。

ハートマークを表示したい!

ハートマークを表示したい!

ということですが、ここ でその紹介をしてました。
意外と簡単なんですね。

ちょこっとだけサンプルをやっておきましょうか。

中塗りハートマーク → ♥ または ♥
中抜きハートマーク → ♡

と打つと、

中塗りハートマーク → ♥ または ♥
中抜きハートマーク → ♡

と映るそうです。

良かったらやってみてください。

2006年8月25日金曜日

iMac、Mac mini、共に売り切れ!!

iMacとMac miniが売り切れたのは、日本じゃありません。

アメリカの大手電化量販店のBest Buyでアップル製品の上記の2点が現在のところ、完売の状態らしいです。

百聞は一見に如かずということで、ここをチェックしてください。

しかし、アップルにしてもこれは想定の範囲外でしょう、まさに…。
嬉しい悲鳴がこだましているんではないでしょうか…。

でも、この調子だと次にSold OutになるのはMacBookシリーズになるのは必至か…(-_-;

特にProのついてない方の、いわゆるフツーのMacBookの売り切れは近いだろうなぁ。
購入していない人は早めにゲットしなきゃ、日本でも売り切れになっちゃうかも。

2006年8月22日火曜日

試験後記

勉強でもスポーツでも、励まし合える仲間がいることは素晴らしいと思う。

試験後、勉強を共にしてきたであろう人たちが集まって話をしているのが羨ましかった。

私にはそんな仲間がいない…(;_;)

『孤高の存在』だと自分に言い聞かせておこう。

岡山大学の試験

受けてきました、岡大の医学部学士編入試験。

感想は

とにかく難しかった…

です。

ひとつ目の生物学は、まぁ、なんとか答えていくことができましたが、なかなか見当違いな勉強をしていたのだということが発覚。
岡大は大学一般教養過程生物を直球で投げてくる。高校生物などいくらやっても意味がない。
それこそ『Essential細胞生物学』を端から端まで、穴が開くくらい読み込まなきゃならない。

問題の内容は思い出す限りでは、

1問目
イントロンの存在理由を2つ述べよ。

遺伝子にはエキソンとイントロンという2つの部分があり、スプライシングを経てエキソンのみによって新しく配列されるんですね。

エキソンは言ってみれば遺伝情報の詰まった部分、イントロンはそうでない部分。だとしたら、「イントロンなんか最初から要らねえじゃねえか!」と少し前の学者さん達は考えたんです。

しかし、その後いろいろなことが分かってくると、「やっぱイントロンって必要なんだ」ということが分かったわけです。

2問目
変異遺伝子はがんやその他の疾病を引き起こす因子であるにも関わらず、それは未だに人類の中にある。変異遺伝子が人類にもたらすメリットを述べよ。


3問目
忘れました…( ̄○ ̄;)
あ、そうそう、この問題だけは解けませんでした…orz

記憶が確かなら、ヒトの遺伝子はだいたい3万個程度だけれど、それが8つしかなくて組み合わせ方が2つの遺伝子からのみになるとどうなるか…?みたいなやつでした。(←なんか変だなぁ…(-.-;))


4問目
炭水化物の代謝の過程を説明せよ。

基本的に、解糖→クエン酸(TCA)回路→水素伝達系の流れを説明しろ、ってことでした。


5問目
遺伝子の塩基配列が1つでも狂うと病気になる理由を述べよ。

遺伝子の塩基配列は3つがワンセットのコドンであることを踏まえて、1個でも塩基が違っていたり、なくなったりしていたら、それは即、発現してくるタンパク質に影響するってことです。


6問目
赤血球のことについて述べよ。

いくつかのキーワードが与えられていて、それをすべて満たすようにする。それらのキーワードとは…赤血球の

大きさ(直径)、形、機能、生成場所、寿命、成人の持つ赤血球の平均個数など。


英語については、記憶がぁ〜o(_ _*)o

なんか難しかった。

訳わかんねーぜ(#`ε´#)

ってボヤキそうになった。

大問が2題。

1問目
骨細胞のことについて、あれこれ書いてあった。まぁ、和訳がほとんど。

2問目
実験動物を実験で使う際に、二酸化炭素で窒息させるのだが、その是非を問う論文を読む→和訳。
1、2問目共、基本的に和訳です。
かつ、論旨がきちんと把握できているかが問われる。もちろん、生物学に関しての知識はある程度不可欠。


そんな感じです。

これはあくまで個人的な見方であって、実際は違ってくるところがあると思います。


…にしても、難しかったぜ…(ノ_・。)

2006年8月21日月曜日

自分自身を見つめて…

子供を理解するということは
その大人自身がいかに自分を理解するかであり
子供を愛するということは
自分自身をいかに愛せるかということ。
人は誰しも大きな子供なのだから。
- ヤヌシュ・コルチャック -


2006年8月20日日曜日

Blogger Beta!!

Blogger Betaになってからの初めての更新です。

知らない間にBloggerも進化していたんですね~。
驚きです。

基本はあんまり変わらないようだけれど、細かいところが変わったのかな?
まだどういう機能があるのか把握しきれてないので、これということは言えないけれど、前よりも使いやすくなったかな。

でも、BloggerはFirefox上で使うのが一番いいみたい。
Macを手に入れたら、もちろん、Safariも使ってみようと思います。
SafariもFirefoxもどこか似た雰囲気があるから、きっと使いやすいんだろう。

Google Barとかの関係があるから、MacでもFirefoxを使うでしょうが、Googleさん、Safari用のツールバーも作ってくれないかなぁ…。

2006年8月13日日曜日

あせもでかゆい。

夏です。

夏といえば、あせも。漢字で“汗疹”と書くやつです。

天気予報なんかが「今年の夏は冷夏になります」という発表は、そもそも聞いて流すだけ。
冷夏であろうとなかろうと、夏は暑いものなのだ。

しかし、夏の最高気温が毎年更新されているのは気になる…。
それは二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスによる地球温暖化のせいであろう。
だから、私はせっせと緑を植える。緑を育てる。
どれくらいの熱帯雨林が毎分灰になっているのか、今のところは分からない。
熱帯雨林の伐採などによる収入に頼る生活をしている人の気持ちは分からないでもないが、それらの行為は人類自身の首を絞めていることに変わりない。

何事でもそうだが、失うときには一瞬で失う。
しかし、失ったものを取り戻すには、とてつもない時間がかかる。
もちろん、時間をいくらかけても取り戻せないものもある。

暑い日など、家事をこなしているだけで、私はTシャツを4枚も着替える。
しかし、それでも背中にあせもができたりなんかする。

自分が子供だったころに比べて、べらぼうに暑い夏に憂う。

最近、奇妙な夢をよく見る。

まぁ、そもそも夢自体がはじめから奇妙なものなのだけれど、近頃見る夢は時間軸だとか個々の人間関係だとかがめちゃくちゃなのである…(・_・;)

夢に現れる人物とその台詞、または自分が話す台詞を総合して分析すると、結論はひとつ。

精神的にかかるプレッシャーに潰されかかっている。

見た目は飄々としていても、内心はとんでもない!不安に自制心を吹き飛ばされそうになってる。
やり場のない気持ちは、こうしてブログに書き付けたりする。
そうでもしなきゃ、孤独が自分を飲み込んでしまう。

2006年8月10日木曜日

New Scientist News - To avoid being eaten, get smart

Size does matter....

That's about the brain size.

According to New Sceintist News , you are likely to be a predator if you have a bigger brain size.

For instance, comparing predators to preys, predators have bigger brain size than preys do. In that sense, you gotta be smart in some way if you don't want to be eaten.

Go get smart, folks.

Read more at www.newscientist.com/ar...

最近は…

勉強がはかどってない…(>_<)

「このままじゃダメだ」

と焦りながらも、時間は過ぎていく。

自分を見失いそう…。

2006年8月7日月曜日

ぶつけてみたけど

彼女にはメールで、今の自分の気持ちをぶつけてみたけど、返事は一向になし。

電話をしてもどうせ取り合ってくれないので、メールで様子を見るしかない。

結婚という現実を見据えると、自分は適した相手にはならないだろう。たとえ医学生になっても、彼女の親からすれば、所詮は“学生”。

彼女が妊娠して産休に入った場合、学生である自分が彼女とお腹の子を養っていけるのか…?

結婚には愛が必要だが、愛があれば結婚できるかと言うとそうもいかない。つまり、愛と結婚の間には必要十分条件は成り立たない。俺はそのことを数年前にも痛いほど経験してるはずじゃないか…。

それなのに、また同じことを…。

相手を想えば想うほど、お互いに傷ついていく。相手に触れようとすると、相手の肌を傷つけてしまうようなシザーハンズみたいなもんか…。

2006年8月6日日曜日

眠れないまま

精神的に何か参った感じがある…。それでまた眠れないまま、夜が明けてしまった…(*´Д`)=з
こういうときは、鬼束ちひろや柴田淳を聞きたくなる。

自分はいったい何をしてるんだ…!?

「こんなはずじゃなかったのに…」

と泣き言を言わないために、今を生きるしかないのに。

未来は大切だけれど、それに縛られてしまうと窮屈だ。

過去に囚われてしまうと、人生を投げ出してしまいたくなる。

自分のいるべき場所は、過去でも未来でもなく、この今しかないんだよな、やっぱり。
悩むのはやめよう。

琉球大学医学部医学科第3年次特別編入学

琉球大学医学部学士編入試験の情報がアップされていました。

出願期間:9月平成18年9月1日(金)から9月8日(金)までに必着

募集人員:5名(3年次編入)

(要)推薦書
 1.他者推薦書
 2.自己推薦書(様式自由)

第1次選抜
志願者が募集人員の約40倍を超えた場合は、選出された書類により、第1次選抜を実施する。

第2次選抜
10月27日(金)
小論文Ⅰ、Ⅱ 9:00~12:30 本学医学部
自然科学総合Ⅰ、Ⅱ 13:30~17:00

第3次選抜
第2次選抜の合格者に対し、個人及びグループ面接を実施し、最終の合格者を決定する。
平成18年11月24日(金)
グループ面接 9:00~17:00 本学医学部
個人面接

琉球大学なので、試験会場はもちろん沖縄です。

受験したいけれど、交通費がバカにならない…。
10月下旬に試験なのでシーズンオフであるはずだから、それなりに旅費は安いはずだろうけれど、それでも沖縄は遠いぞ…〈汗〉。

変な人たち。

今話題のYouTubeからです。

スポーツジムでこういうことをしてる人は見たことなかったけれど、この動きって完全にありだと思います。


チャンスがあったらやってみたい。

2006年8月5日土曜日

私はペンギン

私のケータイの待ち受けはペンギンのフラッシュ画像で、CASIOのWinを使ってる人はどんなものか心当たりあるかも…。

それを見てると、空を飛ぶ鳥たちを憧れの眼差しで見上げるペンギンの姿と、自分がタブって見えてくる。

理想が高いところにあるせいからなのか、1日の終わりには自己嫌悪に陥ることがある。

「頑張ってるじゃない?」

と言われても、頑張るのは当然であって、自分の中のノルマを越えてはじめて自分を認められる。

自分に毎日ダメ出ししてる。

「だからお前はダメなんだ!」

ともう一人の自分が責める。返す言葉もない。だって、その通りなんだから。

ケータイのペンギンは、空をなんとか飛ぼうと様々な努力をしてる。

それを見てたら、自分も同じように努力をしていかなきゃと発奮される。
今日は納得できる自分であるように、自分の尻を叩いていこう。

2006年8月3日木曜日

桃太郎祭!?

明日から2日間、岡山駅通りで桃太郎祭(だったかな?)が開催されます。

岡山に生まれ育って、今まで桃太郎祭には一度も行ったことがありません。地元の盆踊りでさえ、中学生以降は行ってません…。京都でだって、祇園祭や琵琶湖の花火大会には誘われない限り、自分では行こうとはしません。

なぜそうなのか…。

そもそも、祭りがあまり好きではないのかもしれません。

それとも、人でごった返しているところが苦手なのかもしれません(←たしかに日曜日の梅田や心斎橋は勘弁してくれ…って感じです)。

それに、今回のお祭りに出掛ける理由が見当たらない。逆に出掛けない理由なら、いくらでも挙げられる。

その1.医学部学士編入試験が控えているので、祭りに行くなどもってのほか。

その2.一緒に行く人(=彼女)がいない。

その3.祭りに行って帰るのが面倒(往復でざっと2時間)。

祭りはそのうち行ければいい。新聞で「こんなこと、やりますよ!」と載っているのを見ると魅力的だけど、上記の理由でやっぱり却下。

そう、そのうち行ければいい。

超ウケる。



MacBookに貼る防護シールのテストでしょうが、すごいです。

チョーウケました。

Question

今、1日だけオフをもらえるとしたら、テラウチマサト氏の写真展:Questionを見に行きたい。
なんで急に写真やカメラに興味を持ってしまったのか不思議だけれど、その魅力に惹かれてしまった。あ、黒川芽衣ちゃんがきっかけだな、たぶん…。『ケータイ刑事泪』を見ててファンになってしまったんだ…〈汗〉。

ほんとに影響されやすいよなぁ。

話を戻すと、この写真展は8月2日~7日までしかやってないんですよね…orz

やっぱりこういう写真展は都会でしかやらないんだろうね。
そういったものを鑑賞できる感性を持った人々が、都市部には潜在的に多いだろうから…。

さて、今夜はこれで寝るとしよう。

2006年8月1日火曜日

音読してみた。

川島隆太教授のお言葉通り、今読んでいる生物のテキストを音読してみました。
効果が急に目に見えて現れるわけではないのに、ちょっと期待してしまった・・・。

しかし、やはり音読するのと黙読するのとでは、脳の使っている部分が違うのだな、ということは感じた。音読すると目だけでなく、口も耳も動かすことになるし、目から情報が入ってくるのと同時に、耳からも同じ情報が入ってくるから効果は少なくとも黙読の2倍はあるということか。

ただし、内容がもうかなり複雑な遺伝子のことなので、理解できている点はちょこちょこしかないような気もする。

医学部学士編入の勉強をしている人々が何度も挫折を味わうという『エッセンシャル細胞生物学』。
私も例に漏れず、読むのをやめちゃいそうです。
それよりか、もっと他に高校生物のハイレベルなやつを当たった方がいいような気もする。
いや、合格者の弁からすると事実そうらしいのだから、そちらへシフトするべきタイミングなのかもしれない。

とりあえず、今読んでいる章だけは読み終えて、それから医学部受験用の生物をしよう。
もちろん、英語も。
英語はTOEFLのものを使いまんがな。

朝刊10分の音読で「脳力」が育つ。

この本はニンテンドーDSの脳力テストで一躍有名になった、川島隆太教授の著書です。

昨日、図書館で借りてきて2時間ほどで読んでしまいました(速い?)。
というのは、半分読んで後は読む必要なしと判断したからです。

印象としては、同じことを繰り返し言ってるような感じです。川島先生を崇拝している人たちには失礼かもしれませんが、客観的に読んでみると自分の研究の押し売りのような感じ。

これは、この類の書籍にはありがちなこと。

以前に超高速のCDを聞いて、聴覚刺激ということで脳内のネットワークを高速化することにより集中力アップなどを図る本を読んだことがあるけれど、それも同じことを延々と繰り返し言っていた。だから、全部読む必要性を感じず、目次を見ながら

「ここは読んどいた方がいいな」

というところしか読まなかった。
パレートの法則ってあるでしょう?ある会社の利益のほとんどは全商品のうちの2割の商品によるものである、という法則。それと同じです。
全文章の2割さえ読めば、実体はつかめたようなもんです。

何はともあれ、10分間の音読で脳力アップができるなら、やってみないことはない。

明日から早速取り掛かります。

Zenback