2007年1月20日土曜日

これで納豆が食える…

数週間前の『あるある大辞典』での、“納豆を食べて痩せる”とかいう内容に虚飾があったそうです。

「納豆でやせる」データ架空…「あるある大事典」陳謝

あちこちのブログでこのことは叩かれていると思いますが、そういったことはそちらのブログに任せて私は私なりの思いをここで語りましょう。

まず、ひと言。


これで納豆が普通に食える…!!


いったい何のことを言っているのかというと、この『あるある大辞典』の放送のあった翌日から、スーパーから納豆が消えてしまい、普段から納豆を常食している私のような人間が納豆を食えない、という現象が続いていました。

スーパーから納豆が消える???というのはちょっと語弊があるかもしれません。
つまり、かの放送を見た人々がこぞって納豆を買いにスーパーへ走り、納豆がいわゆるソールドアウト状態になる日々が続いているんです。

テレビの力は恐ろしい、と思わざるを得ない出来事ですが、日本人(だけかしら?)はなんとマスコミが報道する情報によって煽動されやすいことか…。これじゃあ、テレビで暴動を呼びかけたら、一気に暴動が起きるんじゃないかと思うくらいです。

まぁ、なんにせよ、今回の『あるある〜』の放送にデマがあるということが判明したことから、一気に納豆の消費は元通りに戻るでしょう。納豆を作っている企業の方々には申し訳ないけれども、あの狂気とも呼べる納豆争奪戦が終わり、それまでフツーに納豆を買い食べていた人が納豆を落ち着いて食べられる平和が訪れるであろうことはなんとも喜ばしい。

しかし、どうしてああいった健康番組はどこかでこけてしまうんだろう?
以前も番組の名前は忘れたけど、TBSの『ぴーかん…(なんとか)』でもインゲン豆によるダイエット方法に危険性が伴っていることをろくに確かめもしないで報道して、下痢になる人々をたくさん作って墓穴を掘ってしまった。そして、今回の『あるある大辞典』も例に漏れず、墓穴を掘ってしまった。『あるある…』といえば、この手の番組の老舗で、かなり人気があっただろうに…。なんでも今回のことで放送は自粛されるようで、そのままフェードアウトということにもなりかねないかもしれない…。

こんなことを言ってる自分も“他人の振り見て我が振り直せ”だ。
マスコミの仕事をやってる訳ではなく、自ら墓穴を掘ってしまわぬように気をつけなければならない…。
落とし穴は意外と近くにあるものなのだから…。

「納豆でやせる」データ架空…「あるある大事典」陳謝
 関西テレビは20日、フジテレビ系列で今月7日に放映した「発掘!あるある大事典(2)」の中でデータのねつ造があったとして、千種宗一郎社長(62)が記者会見を開いて陳謝。


 21日分から、しばらく番組の放送を中止する方針を明らかにした。

 同局によると、ねつ造が発覚したのは、7日放送の「食べてヤセる!!! 食材Xの新事実」。アメリカの最新研究を基に、「納豆にはダイエット効果がある」をテーマに、男女8人を対象に実験を行う内容だった。

 しかし実際には、番組中で表示された「血中DHEA量」、「血中イソフラボン」などのデータの測定をしておらず、数値は架空のものだった。

 また、研究者のコメントや、「やせた」とさせる被験者の写真も、実際とは違うものを使っていた。

 千種社長は「このような事実と異なる内容を含む番組を制作し、放送いたしましたことは、報道機関としての放送局の信頼を著しく損なうものであり、視聴者の皆様の信頼を裏切ることとなり、誠に申し訳ございません」と陳謝。近く局内に調査委員会を作って、原因究明にあたるとともに、番組の今後についても協議することを明らかにした。

(2007年1月20日20時6分 読売新聞)

0 件のコメント:

Zenback