2007年1月10日水曜日

この技術がiPhoneに。

※Internet Explorerを使用されている方には、画面がちゃんと表示されないおそれがあります。

残念ながらアップル製の携帯電話iPhoneは、日本では使用不可のようです。
しかし、次期iPodはそれをベースにしたものになるんじゃないですかね。

何よりもVideo iPodと普通のiPodという住み分けが完成しているわけですから、ユーザーが「何のためにiPodを使用するのか?」というコンセプトが確立しています。そして、今回のiPhoneはこれまでのiPodに注ぎ込まれた技術+αの結晶でしょうね。

ちなみに、ここにiPhoneに導入されている技術のデモがあります。
これを見たら、コンピュータの使い方の未来型が見えてくるような気がします。

かなりすごいでしょう?


そして、今回のMacWorld Expoで何よりも大事だったのは、iPhoneの発表でもApple TVの発表でもなく、アップルの社名がApple Computer, Inc.からApple, Inc.に変わったこと。

これはアップルが最早コンピュータを扱う会社ではなく、マルチメディアを担う企業に変貌したということを指しているのだと思います。iPodでは音楽から映像を、Apple TVでは音楽やありとあらゆる映像モノ(写真、ビデオ、映画など)を一気に統合させることになりました。Macはもうアップル製品の一部であり、主力商品ではなくなった感があります。

しかし、肝心なのはiPodにせよ、Apple TVにせよ、アップルが私たちに提供しようとしている世界の中核にはMacがあります。MacなしではiPodもApple TVもありえないのです。もちろん、iPodもApple TVもPCで利用できるので、Macに限らず、PCでもいいんですけどね…。

そう考えると、アップルの米サイトに書いてあった『最初の30年は始まりに過ぎない』というメッセージは、こういうことだったのかと合点がいきます。

でも、ハードの中核たるMac、特にMac miniあたりにテコ入れがあってもいいんじゃないか?と思うんですけどね。

追記:Apple TVの登場が2月ということだけれど、日本国内ではiTunesにおけるテレビ番組や映画配信がまったくないので、流通するんでしょうか?それとも、それまでに日本国内でテレビ番組や映画配信が始まるってことだろうか…?

0 件のコメント:

Zenback