2007年2月8日木曜日

1304人で過去最多、06年の新規HIV報告

1304人で過去最多、06年の新規HIV報告

HIV感染者の数が過去最高になったとのこと。

検査をする人の数が昔に比べて多くなったから、感染している人の数が自ずと増えたこともあるけれども、それでも感染のスピードが以前に比べて速くなっているのは変わりないらしい。

エイズを含め、STDを防ぐ最も効果的な方法はコンドームの使用です。

『望まない妊娠を防ぐため』という理由もあるけれど、STDを防ぐためにコンドームをはじめとする避妊具の使用というテーマで普及させた方が一番効果があるんじゃないだろうか?

あと、HIVは本人たちが思うほど遠くはない存在だってこと。
鳥インフルエンザが日本中のあちこちで見つかってるのと同じように、HIVってのは思いもかけないところで感染経路を広げているかもしれない。もちろん、血液と精液を介しての感染しかあり得ないのだけれど、知らず知らずのうちに自分自身がウィルスを運んでいたりするかもしれない。

すごく生命力・感染力の弱いウィルスなのだけれど、我々人間はそれをいいことに相手をなめているのかもしれない。

なんのためにHIVのようなウィルスが発生したのかはしらないけれど、自分を、自分の大切な人を守るためにも、使うものはちゃんとつかわなくちゃいけない。

ちなみに、AVでのコンドームの使用は絶対だそうです。コンドームなしでは撮影にならないそうです。

見習いましょう。


1304人で過去最多、06年の新規HIV報告

 国内で2006年に新たに報告されたエイズウイルス(HIV)感染者数は914人、エイズ患者数は390人で計1304人に上るとの速報値を、厚生労働省エイズ動向委員会が7日発表した。今後まとめる確定値で数が増減する可能性もあるが、新規感染者、患者数とも過去最多となった。

 合計が年間1000人を超えたのは04年から3年連続。過去最多も更新し続けている。

 同委委員長の岩本愛吉東京大医科学研究所教授は「検査件数も伸びているが、感染そのものが増えていると考えられる。ほとんどが性感染で、HIVがますます身近にあることを理解して予防に努め、心配なことがあれば早く検査を受けてほしい」と話している。

 新規感染者の半数以上は男性の同性間性的接触だった。保健所などでの抗体検査件数は前年から約1万6000件増え、11万6550件。10万件を超えたのは2年連続で、過去10年で最多だった。〔共同〕 (22:23)

0 件のコメント:

Zenback