2007年2月15日木曜日

DMMで借りました。


Dinosaur Jr.のデビューアルバムです。

実はこのアルバム、私が20歳くらいのころに持っていたんですが、アメリカに行く際に「いらんだろうな…」ということで売り払ったものなんです。しかし、ここ最近、しみじみとDinosaur Jr.のカッコ良さを『Where you been』で再確認し、

「もう一度、楽曲を全部集めるか!!」

ということでオンラインCDレンタルのぽすれんとDMMを利用して、ぼちぼちと手に入れています。
なぜぼちぼちかというと、シンプルに他にも聞きたいCDがあるからです。その雄がSoundgardenでしょうか。これもグランジ世代にはほんとにストライクですね。当時20歳くらいだった私にはお金がたくさんあるわけではなく、欲しいCDをすべて買えたわけじゃありません。でも、今ならぽすれんやDMMという手段で当時欲しかったCDを片っ端からレンタルできます(いや〜、ほんとにいい時代だ)。

そんなわけで『当時聞きたくても聞けなかったCD群』をどんどん借りていってる最中です。

今までのところ、パールジャムは完了しました。
『Lost Dogs』に収録されている"last kiss"は、私がアメリカに住んでいた頃に幾度となくFMで流れていた曲です。パールジャムのオリジナルではないけれども、彼らが最も売り上げたシングルの1曲です。歌詞はすごく切なく、それがまたEddie Vedderの歌声とマッチしていていいんです。アメリカにいたときどうしても手に入れたかったんですが、どこにもおいてなくて結局諦めた"Last kiss"にこうして再び出会えるというのはなんとも嬉しいことです。

さて、パールジャムの次は何かとくれば、Nirvanaといきたいところですけれど、ここは私にとってはちょっと曰く付きでしてなかなか手が出せません。なぜそうなのかというと、当時の私はKurt Cobainの自殺にとてもショックを受けてしまったんですね。それが原因というわけではないんですが、タイミングが重なったんですね、私の胃潰瘍と…。だから、Kurtの自殺と私の胃潰瘍の苦しい日々は何気にリンクしていて、Nirvanaの音楽には触れにくいんです。

だから、Nirvanaの先にSoundgardenかMadhoneyですね。Blind Melonもありでしょう。

オルタナミュージックネタで最近知ったことなんですが、元めざましテレビのお天気お姉さんだった高樹千佳子さんは大のオルタナファンであり、ベストCDにスマパン(=The Smashing pumpkins)の『Mellon Collie and the Infinite Sadness』を挙げているくらいのオルタナヲタクだそうです。人は見かけによらないというか…、いや、でもすごく親近感が湧きました!!

チカちゃん、ばんざーい!!!

0 件のコメント:

Zenback