2007年3月19日月曜日

徳島県営球場、「オロナミンC球場」に

徳島県営球場が『オロナミンC球場』と呼ばれるようになるそうです。

ちなみに、同県の陸上競技場は『ポカリスエットスタジアム』、体育館は『アミノバリューホール』になるそうです。

なんでもこの3つの飲料水の製造元である大塚製薬は、徳島県が地元なんだそうです。

いやぁ〜、なんとも爽やかなネーミングですね。

徳島県営球場、「オロナミンC球場」に 命名権売買
2007年03月19日18時39分
 徳島県営の陸上競技場は「ポカリスエットスタジアム」、同球場は「オロナミンC球場」に変わります——。徳島県が19日、発表した。5月から愛称名を使用する。

 鳴門市の総合運動公園と園内4施設の命名権を地元創業の大塚製薬が取得した。契約期間は5年で総額1億2500万円。体育館は「アミノバリューホール」になる。

 サッカーのJ2徳島や四国アイランドリーグ、高校野球などで使用される。「これまで以上に徳島の地域スポーツの振興に協力していきたい」と同社。さて、「元気ハツラツ」といきますか?


テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback