2007年3月14日水曜日

とても他人事とは思えないMacBook炎上事件

アップルのMacBookが爆発炎上
原文はこちら

個人的にすっごく気になるというか、心配になる記事です。
バッテリー問題があったのはMacBook Proの方で、MacBookではなかったんですが、このまっくろくろすけ化したMacBookを見ると、どうにも他人事には思えません。

そう、私もMacBookユーザーですからね。

どういう条件で爆発&炎上したかを書き上げてみると、こんな感じになります。

  • 昨年6月に購入した MacBook
  • バッテリはリコール対象品ではない
  • 異常な熱やバッテリ変形などの症状は出ていなかった
  • 三週間前から1.5時間くらいしか持たなくなっていた
  • バッテリに"X"が表示されることがあった(再起動で解消)
  • 数日前からフルチャージした後電源をつないでいると99%<>100%の間でずっと行き来する現象があった
  • 土曜日の午後にムービーを観てバッテリが21%になった。すべてのプログラムを終了し、リッドを閉めた。スリープに入ったことを確認。電源にはつながず。
  • 日曜の夜、リッドを開くが起動しなかった。電源につなぐと起動し、バッテリは0%を表示した。
  • 30分ほどネットサーフィングをした。バッテリは通常通り充電されていった。
  • すべてのプログラムを終了し、リッドを閉めた。スリープに入ったことを確認。電源はそのまま接続し、充電を継続した。
  • 午前三時、燃えた。

ってことだそうです。

心当たりのある人は要注意かもしれません。
これが単なる稀な事件であることを望みます…。

しかし、MacBookが爆発炎上されたオーストラリアの方、ほんとうに残念な事件ですね…。お察しします。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback