2007年4月21日土曜日

ADHD発症児の母、喫煙率一般の2倍

ADHD、つまりAttention Deficit Hypertention Disorderの略です。
日本語では『注意欠陥多動性障害』と訳されるそうですが、“落ち着きのない子”は案外この疾患をかかえている場合があるようです。

なぜ一部の子供にADHDが発祥するのか不明だったのですが、今回のこの発表によりその原因の一部が指摘されています。

妊娠と喫煙。

この2つは一緒にあってはならないものですが、意外とあるものなんですよね…。
近年、女性の喫煙率が高くなっているので、子供を産みたいと思う女性は少なくとも妊娠する数年前からは禁煙すべきだと私は考えています。もちろん、男性の方も禁煙するべきだと思います。まぁ、然るに禁煙派なんですよね、私は。

百害あって一利無し、とはまさにタバコのこと。
愛する者のために禁煙しましょう。


ADHD発症児の母、喫煙率一般の2倍

 落ち着きがないなどの症状が表れるADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことが、大阪府の小児科医の調査でわかった。
Click here to find out more!

 母親の喫煙とADHD発症との関係を示す研究は、これまで海外ではあるが、日本では初めてという。

 ADHDは、生まれつきの脳の機能異常による発達障害とされ、集中力がない、衝動的な行動をするなどが特徴。治療経験の豊富な大阪府寝屋川市の小児科医院の安原昭博院長が、小児患者の母親167人に喫煙歴などをアンケートした。

 その結果、喫煙経験は47%にあり、妊娠時にも35%が喫煙していた。特に出産時の年齢が20〜24歳の母親では、喫煙率が88%にのぼった。

 一般の出生児を対象にした厚生労働省調査では、母親の喫煙率は17%、うち20〜24歳は35%で、ADHD児の母親は2倍程度高い。安原院長は「ADHDには遺伝的要因もあるが、母親の喫煙も関係があると考えられる。妊娠が分かってから禁煙したのでは遅い可能性がある」と話す。京都市で21日開かれる子どもの防煙研究会で発表する。

 
(2007年4月20日14時44分 読売新聞)


テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback