2007年4月2日月曜日

素晴らしき日常 by アンダーグラフ


私は中学生の頃から洋楽(この頃はUKロック一辺倒)に傾倒し、邦楽をろくに聞かないで青春期を過ごした。もちろん、いくつか邦楽は聞いていた。一番ハマっていたのはなぜか中島みゆき。コンサートにも行った。

そして、ちょっと前までは日本のアーティストならSupercarを聞いていた。

が、Supercarは解散してしまったので、新譜は聞けない。

そして、一昨年くらいだろうか、ラジオかなにかでアンダーグラフの『ツバサ』を聞いた。

いい歳になっても青臭いまんまの私の心に、直球で投げかけられて来る歌詞。
それだけでもう彼らのファンになった。

そして、去年はUSENで『真面目すぎる君へ』を聞いていた。
これもまたなんともいい。内容はありきたりなものなのかもしれないけれど、楽曲がいい。

まだアンダーグラフの駆け出しのファンなので、コンサートとかには行ったことはないけれど、機会があれば絶対に行きたい。できれば彼女と…。

しかし、彼女は大の長渕剛ファンなので、ちょっと感じが違うかもしれない…。

まずは試しに聞かせてみよう。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback