2007年5月23日水曜日

静岡旅行 その5


鳴沢氷穴をあとにし、やってきたのは本栖湖です。
この日は本当に天気が良く、空はどこまでもスカイブルーが広がっていました。
おかげで富士山もこの通り、すんごくきれいに写ってます。
友人に聞いた話だと、富士山の頂上までがきれいに写るのは珍しいことだそうです…。
これまで“雨男”のレッテルを貼られてきた私ですが、これでその汚名返上といけそうですwww

さて、本栖湖はおろか、この富士五湖の周辺に来たのは初めてなもんですから、ガールフレンドの友達夫婦にすべて任せっきりです。すいませんでした…m(__)m

まず本栖湖でのイベントはこれです。

もぐらん!

見た感じはThe Beatlesのイエローサブマリンっぽいですが、潜水艦ではないので水中に潜ることはできません。

だって、もぐらん!(=潜らない)ですから…www

そして、もぐらんはこんな感じですのボートになります。
見た感じ、結構小さいボートですが、実際には結構人が乗れます。

そして、中に入ると床の一部が1m四方のガラス張りになっており、水中を泳ぐ魚たちを見ることができます。

これにお子ちゃまたちは非常にゴキゲンで、ガラスを覗いては「おおーっ!!」とか驚嘆の声を挙げていました。
思わず私もガラスの中を覗いては「うぉ〜っ、きれいだ〜」とか驚嘆の声を挙げていました。

このもぐらんは反対の岸まで行くと、方向転換をして元の場所に戻ってきます。それだけなのですが、この日の天気が最高に良く、さらに最高のそよ風を受け、私たちは本当にいい時間をこのもぐらんの上で過ごすことができました。

そして、本栖湖のあとは樹海の遊歩道をちょっとばかり歩き、そして、レストランで“ほうとう”をみんなで食べました。ほうとうを見るのも食べるのもこのときが初めてで、最初の感想は名古屋のきしめんを太くしたようなもんだな、と思いました。しかし、食べ方は全然違うんですけどね…。きしめんも好きですけれど、ほうとうも大好きになりました。また今度、富士五湖へ行ったら是非とも食べたいですね、ほうとうを。

このあと、もうしばらく富士五湖周辺を満喫し、私とガールフレンドは彼女の友達夫婦に静岡駅まで送ってもらいました。

このときばかりはちょっとした『ウルルン滞在記』のエンディングっぽく、お子ちゃまたちが照れくさそうに別れを惜しんでくれました。子供って、素直にバイバイができないんですよね、その別れが本当に惜しいときは。

今度静岡に行けるのはいつになるだろうか?

また1年後に会いに行けるかなぁ。
行きたいな。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback