2007年5月6日日曜日

Googleに鯉のぼり


今となっては縁のない日ですが、今日は『こどもの日』でした。
ま、子供がいれば『こどもの日』にもそれなりに縁があるのでしょうけれど、子供はいないのでただの祝日でしかありません。少なくともいまのところ…。

ところで、最近鯉のぼりを見なくなりました。

自分が子供の頃なんかはあちこちで鯉のぼりが上がっているのを見ましたけれど、最近は鯉のぼりを上げないのでしょうか?そういう自分の家では昔から鯉のぼりを上げる習慣はありませんでしたけど…。

これは大人たちの都合によって、子供たちが自然なスピードよりも遥かに速いスピードで大人であることを要求されている時代になっていることを示していることなんでしょうか。子供から子供らしさを奪ってしまい、大人の都合に合わせて“大人らしく”振る舞うことを強要する。子供はなんでも吸収するスポンジのようなもんですから、大人がこうしろという要求を簡単にこなしてしまうでしょう。そこに多少の駄々をこねたりすることはあっても…。
振る舞いは大人であっても、メンタルな部分は子供のままです。
ここが問題であって、子供のままのメンタリティーとは純朴でありながらも、ある意味、それは未開であり、モラルや世の中の決まりみたいなところを理解していないんではないかと思います。

安直な論理ですが、だから犯罪の低年齢化なんかが起こるんではないか?

と簡単に考えてしまうわけです。

ここのところの日本人は、どこへ向かっているのか分からず、とにかく誰かが提示するトレンドに大人も子供もついていく、というようなものであり、個々の人々のオリジナリティが育つ素地がよくないんじゃないかと思います。学校では“ゆとり教育”なんてありましたが、学校ではなく、この日本の社会にこそ、“ゆとり”が必要なんじゃないかと思います…。

なんだか、うまくまとまらないなぁ…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback