2007年5月7日月曜日

GWがあけました。

GWが終わりました。

いつもGWというと、どこにも行くわけではないのですが、今年のGWは風邪を引いてしまったために本当にどこにも行くことができませんでした。
そして、体が健康体であれば、レイ・クロックの自伝やPythonの勉強をするつもりだったのですが、熱を出したり、喉や鼻水・鼻づまりを抱えた体にはそれだけのことをするのはちと酷でした。その結果、実際にできたのは以下のこと。
  • 読書:『「手帳ブログ」のススメ』、『ライフハックのつくり方』
  • 自作PCのメインテナンス(といっても、ふたを開けて掃除機をかけただけ)
こんな感じです。まぁ、病人にしてはよくできた方かもしれませんが、本来であればこれの2倍はやっておく予定でした。

さて、ここで反省。

以前勤めていた会社の社長が座右の銘のごとく言っていたことですが、

『健康管理は社会人の基本だ』

をつくづく痛感。まぁ、社会人でなくとも学生であろうとなんであろうと、健康第一。何をやるにも体の調子が悪ければ何にもできないわけです。

で、なぜ私が風邪なんかを引いたかを考えてみる。

まず、風邪を引くには免疫力が落ちているところにばい菌だかバクテリアなんかが体内に入ってきて、それで体内でそれを排出しようとするために白血球が活動を始めて、それによって炎症反応が起きる。それによって発熱が起こり、そのあとは喉が痛くなったり、鼻水が出たりするんだけど、そこからあとはもうどうなるかは分かってる。

問題は

なぜ免疫力が低下してしまったのか?

だ。

兆候は先々週から表れていたので、そのあたりが怪しいかと。
思えば、重い荷物を担いで待ちなかをうろうろと歩き回り、そして、そのあとジムに行ってひと汗かいて、さらにその重い荷物を持って家に帰った日があるなぁ。あの日はとにかくひどかった。思い出すだけでも頭がクラクラする。おそらくこの日に精も根も尽き果てそうな感じだったので、それで免疫力が著しく低下したのだろう。それによって、何気ないばい菌とかで一気に風邪を引いてしまった、というわけなのだろう。

明日から通常業務。GW明けだからって休みボケをかますわけにはいきません。

0 件のコメント:

Zenback