2007年6月11日月曜日

無職から社長に——「字幕.in」が会社化

『無職から社長に』なんて、すごい響きのフレーズですよね。

私は「字幕.in」という会社を知らなかったので、上記のリンクから初めてその会社のことを知りました。

社長は矢野さとるさんという方。
50を越えるネットサービスをやってこられて、そのうちのひとつが「字幕.in」であり、それが最大のヒット作だそうです。

『無職の精神』で社長になったそうですが、ずっと無職だったわけではありませんよ。
矢野さんは、西部日刊スポーツ、ヤフー、ライブドア、SNSベンチャー・ウフルと渡り歩き、その後無職になった。無職の身軽さが好きだから、字幕.in株式会社も、無職の精神を保った会社にしたいという。

というように、結構その履歴を見ると、やはりそれなりのスキルと勘をお持ちなんだと思います。

しかし、『無職から社長に』という響きはすごくいい。
個人的には、自分もそれをやっちゃいたい。
いまどき、起業するには資金は1円でもいいわけだから、要はやる気とアイデアがあればいいわけなのかもしれない…。

ちょうど1年前、私が会社を辞めて地元のハローワークに出向いていたとき、ハローワークの人に

「起業なされてはどうですか?」

と何度も言われた。

そんなふうに言われるとは思っていなかったのでちょっと面食らったけれど、

自分には起業というスタイルが似合っているのかもしれない

なんて思ったりした。

ただ、問題は私にはアイデアがなく、かつそれをバックアップするスキルがない(であろう)ということ。
いまは家業の手伝いをしているから、起業する準備もへったくれもないけれど、いまの仕事から起業のヒントは得られるかもしれない。

そんなわけで、自分がやらなければならない仕事をこなしながら、プラスαのことを考えていかなきゃならないなぁ…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback