2007年6月11日月曜日

iPhoneのために野宿覚悟!!

iPhoneの発売が6月29日となり、購買者がヨダレを垂らしながら毎日を過ごしていることと思います。

しかし、それはアメリカでのこと。
なんと野宿をしてでもiPhoneを手に入れようという人々まで現れているのだから、どれほどiPhoneというアイテムがアメリカの携帯電話市場をひっくり返す威力を持っているか、それだけでそれとなく分かります。
日本にはいまだこれほどの携帯電話は登場してませんよね。
いや、世界中どこを探してもiPhoneほど魅力的なアイテムはないでしょう。

そんなiPhone、もちろん私だって欲しい。

しかし、問題はiPhoneは日本では使えない、ということ…。
いや、使えない以前に日本にiPhoneが上陸してくれるかどうかも怪しいのだから…。
まぁ、そのような議論はiPhoneを紹介する雑誌等で散々論議されているところですが、実際はどうなのでしょうね…。
もしiPhoneという端末のサービスを日本で開始する携帯電話会社とくれば、ソフトバンクがあがっていますが、どうなのでしょうね…。あながちありえない話じゃなさそうだしなぁ…。

個人的に携帯のキャリアを変えるのは嫌なので、できればしたくないのですが、iPhoneが出るとなれば、一考モノです。
まぁ、日本に来るまでには数年かかるでしょうし、まずはアメリカ本土でどのようにiPhoneがブレイクしていくかを見ましょうじゃないか。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback