2007年6月12日火曜日

WWDCはあくまで開発者のため

先のエントリーで今年のWWDCの目玉は、次期MacOS X LeopardよりもWindows対応のsafariだったんではないでしょうか?

たぶん、多くの方がそう思っているに違いありません。

さて、そんな話題のWin対応safariを早速ウチのWinXPにインストールしてみました。

ここからそのsafari3のβ版をダウンロードできます。
そして、WinXPにインストール完了するところまでは至ってスムーズにいきました。
IE7のインストールと比べるとかなりスムーズでした。IE7のインストールには、ほんとかなり待たされました(我が家は光回線で結構速いのに…)。

そんなことはいいとして、早速safari始動です。

立ち上がりはやはりsafariの特性というか、ウリのひとつでもあるんで結構速いです。

そして、日本語のサイトに移動してみようと思い、ベタにYahoo Japanへ行ってみます。

ところが、日本語が表示できてない…。

「そんならエンコードという手があるじゃん」

ということで、エンコードをJISにでも変えてみようとするのですが、エンコードの部分でさえ化けている…というか、β版ということでその辺は作られてないんですよね、きっと…。

というわけで、英語のサイトのみ閲覧して回ったんですが、safariはやはり軽快ですね。
IE7やFirefoxといった使い慣れているブラウザよりも速く表示してくれます。個人的にはPCを使うときには、Firefoxとsafariを使うでしょうね。

ただ、問題はすべてのネットサービスがFirefoxやsafariに対応しているわけではないので、そこで必然的にIEを使わなければならないわけです。まぁ、IEはIEでいいとこあるんですけどね…。

そんなわけで、これからsafariのβ版を自分のPCにインストールして使ってやろうという人は要注意です。
日本語が使えませんからね。英語のサイトを見るには文句なしです。
しかし、10月になればsafari3が完成するので、「今回は見送る」という人はそのときにはぜひ使ってみてください。
ブラウザがこんなに軽いのか!?と驚くはずです。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback