2007年7月17日火曜日

スローなフードにしてくれ

食事はゆっくり取る方がいい。

そんなことをたまに聞いたりします。
さて、それはなぜなのか?

ここに食事をゆっくり取るとなぜいいのか、その5つの理由が挙げられます。
  1. 減量
    多くの研究に選より、ゆっくり食べることによって消費カロリーが軽減されるということが報告されています。特別なことを何もせずとも、または特別なものを食べなくとも、20ポンド(約9キロ)を軽く減量することができるそうです。これは脳が満腹感を感じるのに20分間かかるということに関連します。なので、20分間以内に食事を済ましてしまうと、脳が満腹感を感じる前なのでついついt食べ過ぎてしまうという結果に陥ってしまうというわけです。たとえ、ヘルシーな食べ物を食べていても、早食いしてしまっては元も子もないってわけです。

  2. 食事を楽しむ
    この理由はとても力強いです。早食いしてしまっては食事を楽しむことはできません。実際に、ダイエットをする者にとって罪深き食べ物を食べるのは構わないことでしょう、もし少量ずつをゆっくり食べるのであれば…。考えてみれば、デザートとか揚げ物、ピザといった(ダイエットに)禁忌な食べ物は美味しいから、当然食べたい。しかし、そういった食べ物をすぐに食べてしまうことに何の得があるんでしょうか?同じ量の美味しいものを食べるのなら、ゆっくり味わった方がいいんじゃないか?ということです。

  3. 消化を助ける
    ゆっくり食べるということは、よく噛むということなので、自ずと消化を助けるということです。

  4. ストレスの軽減
    食べている最中には、食べることに集中すること。食べながら他のことを考えていれば、頭の中がいっぱいになり、それ自体がストレスになってしまいます。

  5. ファーストフードと生き急ぐ生活に対抗する
    現代の速いペースで生きる生活は、食事も速くさせます。そういったライフスタイルは、私たちを真に幸福にはしてくれません。ファーストフードを食べるのを止め、いいレストランで食べたり、自分で調理して人生を謳歌しようじゃありませんか。
ちょっと意訳したところもありますが、原文はこちら

少し前にも書きましたが、8月に中学の同窓会があるので、それまでにはいくらか減量したいですからね。ゆっくり食事をするように心がけていますが、ついつい早食いしてしまうところをおさえて、スローな食事をしていきます。

テクノラティ タグ :

4 件のコメント:

ボニータ さんのコメント...

私も早食いなので、気をつけなくちゃと思いました。
ファーストフードも大好きだし。
結局、太る食べ物って美味しいんですよね…(笑)

「食」の好みを変えたいです。

sigmund_freud さんのコメント...

ボニータさん、早食いなんですね!!
いやぁ〜、私もファーストフードが大好きで、かつては3食マックでOKでしたが、歳とともに胃が弱くなってきました。

ボニータさんの結論のように、太るものって美味しいんですよね。だから、ついつい食べ過ぎちゃう。

たとえファーストフードでも、ゆっくりとよく噛んで食べたいですね。

kei さんのコメント...

こんにちは keiです。
keiも少々早食いかな...
どうしても放送という仕事は忙しい...
ところでよく30回噛めとか言いますが、
実際無理に近いですよね。
超スローなフードで胃もたれしそう...
でも、長生きしたいなら適度に噛めですよね。
それでは

sigmund_freud さんのコメント...

そう、健康のためには30回噛めと言われますもんね。でも、分かっちゃいるけれど、それを実行するのは本当に難しい…というか、骨が折れる。

keiさんのように放送の世界で働いていると、一分一秒を競う世界でしょうから、自ずと早食いになっちゃうんでしょうね。でも、少量をしっかり噛むようにして食べれば、結構満腹感が得られるそうですよ。

Zenback