2007年9月7日金曜日

その名はiPod touch


かねてから噂のあった新型iPodが、ついに発表されました。

その名もiPod touch!!

見た目はiPhoneそのまんま。
それで、機能もほとんどiPhoneそのまんま。
違いはと言えば、電話機能の有無くらい!?

それくらいiPod touchはiPhoneライクなのです。

これによって、iPod touchの方がiPhoneより先に日本に上陸するということになりますが、Appleとしては実はこちらのiPod touchの方が本命だったんではないか?と思うくらいの、iPod touch旋風が巻き起こるでしょうね…。

iPodナノ、これまでiPodと呼ばれていた機種がiPod classicとなり、モデルチェンジも行われたわけですが、こちらの変化が霞んでしまうくらい(いや、完全に霞んでしまっている…)iPod touchの登場はインパクト大でしょう。

マイクロソフトのZuneが値下げしたとかニュースがありますが、そんなの全然問題にもならないでしょうね、iPod touchの前では。

しかし、ここで(個人的に)問題に思うことが2つ。

1つ目は、

iPod touchの登場で日本にiPhoneが上陸することはなくなってしまうんではないか?

ということ。

2つ目は。

iPodファミリーが一新されたことで、どれを買ったらいいか、コンシューマーが逆に迷ってしまうんではないか?

ということ。

1つ目の問題は意外に結構ありえる話なんじゃないかと思います。
iPhoneとiPod touchの基本的には違いは、電話機能があるかないかであるので、それ以外はほとんど一緒だと思います。
そうなると、携帯電話の通信方式の違いがある日本でiPhoneをわざわざ使う必要はないんではないかと…。
それよりも、iPod touchのさらなる普及のためには無線LANの使えるホットスポットを増やすことは間違いないので、そのことを日本に求めて来るんではないでしょうか?

そして、2つ目の問題。
これは個人的に真に感じていることであり、現に「あれも欲しい、これも欲しい」という状態になっているのが現状。
いまスポーツジムで音楽を聞きながらトレーニングするのに、iPod miniを使っているけれど、miniはちょっとでかいので「シャッフルかナノがいいかな〜」と思うし、やっぱりビデオを撮り貯めてみんなで見るにはiPod classicが一番だろうし、でも、やっぱりAppleの最新のテクノロジーの結晶であるiPod touchは間違いなくゲットしたいし…。

そうなってくると、結局、「全部買ってしまえ!!」な発想に陥ってしまい、これまたまんまとAppleにやられた…ということになるような気もする。

ところで、今日の発表で数多くの人がiPod touchをAppleオンラインストアで予約したはずなんだけど、すぐに在庫が切れてしまうだろうな…。

もうちょっとしてから買おうかな。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback