2007年9月4日火曜日

Macでスライドショーを作ってみた



この映像はいつのものかと言えば、今年の6月に岡山の後楽園で愛機のCOOLPIXで撮ったもの。

そいつをMacでスライドショーにしてみました。

作り方は至って簡単。

iPhotoを立ち上げ、スライドショーにする写真を選びます。
そして、スライドショーのアイコンをクリックし、設定やら曲やらでエフェクトを選んでいきます。
曲はMacにすでにある楽曲を使ってもいいし、GarageBandで自分で作曲しても良し。
今回はサクッと作るつもりだったので、GarageBandをいじくり回すことなく、Macにすでに入っている楽曲を使用させてもらいました。
そして、最後に“ファイル>書き出し”でデータを書き出します。
するとQuicktimeに対応したmovファイルが作成されます。

さらに、このmovファイルをiPodでも見たい!!という場合には、iSquintというアプリを使います。

コイツはなかなかの便利なアプリで、movファイルなどiTunesには取り込めるがiPodには取り込めないデータを、iPod対応のmpeg-4ファイルに変換してくれます。

こうなってくると、本当にMacとiPodで生活が豊かになるというか、Macを触るのが楽しいし、iPodで自作のスライドショーを友達に見せてシェアできるのが本当に楽しいですね。


ところで、上のスライドショー、なんのたわいもない、緑がいっぱいのスライドショーです。

最近、カメラ熱が上昇しつつあるので、ある日、ぽーんとデジタル一眼レフかリコーのGRを買ってしまうかもしれません…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback