2007年10月21日日曜日

たかはしお城まつりに行ってきました。

今日は天気も良く、

「写真を撮影するにはもってこいの日だ!」


ということで、地元にあるお城にのぼってきました。

しかし、道の途中からどうも人や車の量が多い。なぜだ?と考えながらお城への道を行くと、なんと今日は「たかはしお城まつり」の日だったようです。

このお祭り、いつから始まったのかは知りませんが、私の限り、去年はありました。

そんなわけで、途中から山道を1Kmほど歩いてお城に向かいました。


山頂に向かうにつれ、樹々が紅葉しているのを見ると、山のいただきの方がやっぱり気温差が激しいのだろうな、と思いました。


10分ほど歩くとようやくお城に着きました。

思えば、この松山城に最後にのぼったのは、自分がまだ子どもだった頃のように思います。

あの頃は本当に山の中をせっせとのぼりながら自然のすごさを思ったものでした。
子どもの頃は山頂(山頂にお城があるんです!)に着くのがすごく時間のかかるものだと思えたのに、いまはほんの十数分で着いてしまうのだから、体が大きくなると感じ方もずいぶん変わるものだなぁ、と思いました。


で、山頂に着いてまず目に入ったのが忍者姿の幼い子どもを連れた多くの家族連れ。
これはついさっきまで、ビッチュマンという地元のヒーローのショーがあったんですね。
よくは知らないのですが、このビッチュマン、備中高梁の子どもたちにはかなりの人気で、黒い忍者装束を着た小ちゃい男の子が

「高梁のヒーロー、ビッチュマン参上!!」

と叫んで遊んでいたくらいですから、ちょっとした人気だと思います。
右の写真に写っているのが、そのビッチュマンです。

ちなみに、ビッチュマンにはちゃんと敵がいて、邪心ジョーカーを頭とする邪心党がそれ。人間の持つ悪のこころが彼らを生み出したそうです…。人のこころにはいつだって善と悪が存在していますからね。

そして、おそらく私が山頂にたどり着く直前には、Bachicco!というアイドルグループがイベントをしていたようでした。ちょうどファンの人たちが彼女たちにサインをもらっているところでした。
Bachicco!のHPはこちら
ポイチョ!という番組を見たことがあるので、Bachicco!というアイドルグループの存在を知っていましたが、こんな間近で見たのは初めてでした。
最初はすごくかわいい子ばかりがおそろいの制服(?)を着ていて、「なんだろうな?」と思ったのですが、CDを販売しているところを見ると、どうやらアイドルだなということが分かり、誰かが“ポイチョ”という言葉を発したことで、

「この娘たちがBachicco!なんだ!!」


と合点がいきました。

残念ながら彼女たちの写真はありませんが…。
撮ることは撮ったのですが、どれも自分的にはボツ。
とてもじゃないけど、人に見せるような写真ではなかったので、すぐに(デスクトップの)ゴミ箱に捨てちゃいました。

しかし、やっぱりモデルがかわいかったり、きれいだったりすると、フォトグラファーの“いい写真を撮ってやろう!”という情熱がすこぶる湧いてきますね。

そんなわけで、今日はたかはしお城まつりに行ってきました。

0 件のコメント:

Zenback