2007年10月7日日曜日

脳を効率化させる10の方法

年を取ると記憶力が衰えてきたりしますよね。
でも、体の衰えには逆行できなくても、脳の衰えには逆行できるとの話もあります。
その方法が以下の10のものかもしれません。

元ネタはここ

  1. 学習:学習することは脳を刺激することの基本中の基本。これを怠ってはいけない。

  2. 栄養:脳は体重のたった2%の質量しか持たないが、私たちが摂取する酸素や栄養の20%以上を消費する。ジャンクフードばかり食べていると、脳が“ジャンク”になる。

  3. 運動:脳といえど、体の一部。運動すれば、神経細胞の増殖を促すことになる。

  4. 前向き思考:ストレスは神経細胞の新生を妨げる。前向き思考をもって、ストレスを吹き飛ばすべし。

  5. 挑戦する気持ち:兎角、新しい環境というものには慣れにくい。しかし、だからといって、それを避けていてはいけない。新しい環境にどんどん挑戦することで、脳は活性化する。

  6. 高い目標:たとえ学校を卒業しても、学ぶ気持ちを忘れてはならない。脳に限界はない。

  7. 冒険・旅行:新しい環境に身を置くと、否が応でも脳はその環境について学ばざるを得なくなる。どんどん冒険もしくは旅行をしよう。

  8. オリジナルである:メディアであったり、テレビのコメンテーターであったり、政治家、評論家であったり、彼らの言葉をそのまま引用するのは能力(脳力)の外注に過ぎない。自分自身の考えを発し、間違いを起こせ。そこから学ぶことは多い。

  9. 刺激的な友人関係:人間は“社交的動物”であるから、社交付き合いは不可欠。生まれながらにしてのアインシュタインは存在しないのだ。

  10. よく笑う:ユーモアをもって、辛いことも笑いに変えるべし。笑う角には福来たる。
とまぁ、オリジナルの文献を参考にしながら、自分なりにアレンジして訳を付けてみました。

でも、これを読んだからって脳がすぐに活性化するわけじゃないのであしからず…。
言うまでもなく、これら10の実践あるのみ

個人的には、冒険や旅行をする機会を増やしていきたいですね。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback