2007年10月7日日曜日

多言後を操る少年の動画

元の動画はこのブログで見つけました。

年齢の頃は小学生にあがるくらいの頃なんではないでしょうか。

しかし、このインドの少年、実に多くの言語を話します。
もちろん、日本語も含まれています。
それでは動画の方をどうぞ。


Poor Kid Speaking Many Languages - Amazing - Funny bloopers are a click away

彼がこれだけの言語を話せる秘訣は、旅行者からそれぞれの言語を少しずつ学ぶ(真似る)ことだそうです。

外国語を習得したいと思うには、まず真似ることから始めるのがいいですね。

私も英会話の講師をしていた経験から言って、外国人講師もしくは日本人であっても講師の真似が上手い人は英語を習得するのが速いですね。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback