2007年11月9日金曜日

Leopard 10.5.1のリリースは間近?

MacOS Xの最新版Leopardのアップデートになる、10.5.1のリリースが間近であるという噂が流れています。

いったいどんな感じのアップデートになるかというと、
AppleInsiderによると、Leopardのリリース10.5.1では、Time Machineやファイアウォールの不具合、異なるボリュームへのファイル移動に関するFinderの問題など、複数のバグが修正されるという。アップデートは数週間以内に公開されると思われる。これは、Tigerの最初のアップデートがリリースされたときと同じペースである。
とのことです。

これにより、より堅牢なOSになるでしょうね。

Time Machineの件はちょっと分かりませんが、Leopardのファイアウォールの設定はデフォルトでオフになっているというか、すべての接続を許可しているので、いくらMacといえど危ないことは危ないです。

まぁ、私も最初はそれに気づかずにすべての接続を許可したまんまでしたが、いまはファイアウォールの設定をオンにしています。まぁ、Mac用のセキュリティソフトをインストールしているので、別に良かったのかなぁ?Windowsマシンのセキュリティはガチガチに設定しているのですが、Macになるとどうしても緩く考えてしまいがちです。

最近、Macを狙ったウィルス攻撃が続けて見つかっているので、Macでも安心していられない時代がやってくるんでしょうか…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback