2007年12月30日日曜日

とうとう大晦日です。

いよいよ今日は大晦日。

ツタヤで年末年始に見るDVDを借りてきましたよ。
  • 『恋愛寫眞』
  • 『ユージュアル・サスペクツ』
  • 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 『フライトプラン』
  • 『劇場版 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-』
まず、『恋愛寫眞』、これは以前から見たかった作品。
まぁ、どれも前から見たかった作品であることに違いはないのですが、『恋愛寫眞』にいたってはその思いが強い。
なんせ、広末涼子さんのファンですから…。



『ユージュアル・サスペクツ』
これはなんで今まで見ていなかったのか不思議に思うくらいの作品。
ケビン・スペイシーが大好きなんですよね。
だったら見なきゃ。



『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
一大旋風(?)を巻き起こした作品。テレビドラマにもなりましたし、舞台にもなりました。
テレビドラマの方は見てましたが、映画版の方はまだだったので、この機会に見ようと思いました。
それに、オダギリジョーは同じ岡山県出身ですからね。
あ、あと、香椎由宇さんとの結婚、おめでとうございます☆


『フライトプラン』
ジョディ・フォスターは私の憧れの存在。
美しくて、利発である。そして、凛としている。
知性とユーモア溢れる女性は、私の理想そのものです。
最近、同性愛者であることをカミングアウトした、というような報道がなされましたが、実のところははっきりしてません。
まぁ、私にとってはそんなことはどうでもいいことなんですけどね。
『The Brave One』がちょっと前に公開されましたが、結局見れてません。DVD化されたら、購入しようかな。



『劇場版 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-』
Zガンダムは歴代ガンダム作品の中でも群を抜いて“暗い作品”であり、その最終回もさらに暗ーいものでした…。
リアルタイムで見ていたものとしては、あれほど強烈なインパクトを残すアニメはなかったんではないでしょうか…?
そのZガンダムも原作者である富野由悠季氏によって“新訳”され、我々の前に戻ってきました。しかも、エンディングがオリジナルとは異なる(らしい)形で。
Zガンダムは個人的にはすごく好きな作品ではないんですが、やっぱ見ておくべきじゃないですか。

ちなみに一番好きなガンダム作品は何かと聞かれたら、おそらく『機動武闘伝Gガンダム』と答えるでしょうね。



0 件のコメント:

Zenback