2007年5月30日水曜日

Apple、DRMフリーとVistaに対応したiTunes 7.2発表

米Appleは5月30日、iTunesの最新版7.2をリリースした。Windows Vistaと互換性を持つほか、英EMIと共同発表した高音質DRMフリー楽曲に対応している。


6月を目前にしてiTunesがVersion 7.2にアップデートされました。

このアップデートにより、PCではWindows Vistaに対応完了とのことです。
そういえば、先のアップデートではVistaには対応してませんでしたからね。
これで心置きなくVistaにアップデートもしくはVista対応パソコンを購入しようという人がいくらか出てくるでしょうね。まぁ、私はMacなので関係ありませんが…。

そして、気になるのは『iTunes Plus』と呼ばれる新しい楽曲配信方式。この間、AppleがEMIと提携し、DRMフリーの楽曲を高音質で提供するサービスが、この『iTunes Plus』になります。

しかし、いまのところ、iTunes Plusに対応した楽曲サービスはありません。

私の予想からすると、Paul McCartneyの新譜がこのサービスに対応することになるんじゃないでしょうか?でも、先行予約の段階ではそんな様子はなさそうですね…。
とすると、ありえないか…。

でも、6月にはiPhoneの発表があるので、それに合わせてiTunesのラインナップを一新させてくるんじゃないでしょうかね。それが一番ありなパターンでしょうね。

テクノラティ タグ :

BILLY'S BOOTCAMP 2日目

昨日、ビリーズ・ブートキャンプを始めたことをお伝えしましたが、今朝早速その効果というか、洗礼がありました。

中学生時代にバレーボール部だったんですが、そのときの筋トレ以来の極度の筋肉痛!!

これは私の体が単に鈍っていただけなのか、それとも、ビリーズブートキャンプがそれだけハードなエクササイズなのか、なんとも言えません…。

まぁ、個人的には後者の理由の方が正しいような気がします。

声を大にしてはいいませんが、想像以上にハードなエクササイズですよ、ビリーズブートキャンプは。

でも、その分、効果はすぐに表れてくると思いますが…。
まだ2日目なので弛んだお腹は引き締まっていませんけどね。

テクノラティ タグ :

陣内智則さん、藤原紀香さん、ご結婚おめでとうございます。

私がここで「おめでとうございます」と言っても、なんの影響力もないのですが、今日の披露宴をテレビで見ていて本当に幸せそうなお二人を見て、素直に「おめでとうございます」と言いたくなりました。

末永くお幸せに。

自分の結婚式はいつになることやら…?

テクノラティ タグ :

2007年5月29日火曜日

ビリーズ・ブートキャンプを購入

ブートキャンプといっても、アップルの出しているMacでWinを動かす、あのブートキャンプとは違います。
今日のテーマのブートキャンプとは、こちらのことです。


たるんだ二の腕、ちょい(?)出っ張ったお腹を引っ込めるために、ついに購入しましたよ、『BILLY'S BOOTCAMP』のDVD!!

そう、あの深夜の通販番組なんかでやってる、あの『BILLY'S BOOTCAMP』です。

で、早速やってみました!!

リズミカルに踊るビリー先生とその生徒(?)たち。

いきなりこの初っ端の時点ですでに足がついていかない!!
なんてこった!!
運動神経は悪くはないはずなのだが、さすがにリズミカルな運動から遠ざかっていたせいか、ダンスっぽい動きについていけません…。

だが、そんなことでしょげてはいられません。
次なるエクササイズへ臨みます。

そして、サイドステップをしながら腕を上下に開いていく運動をしながら、スクワットに入ります。
テレビで見ていると、みんな簡単そうにやってますが、実はこれ結構筋肉に来ます…。
このまま左右対称の運動をして20分。
さらに新たなエクササイズに移行していきます。
あのビリーバンドを利用した運動になり、

「こんなのちょろいぜ」

とタカをくくっていたのに、数分後には

「勘弁してください!!」

とDVDに向かって嘆く私…。

本当に想像以上に筋肉に来ます。
リズミカルな音楽をバックにビリー先生とその生徒たちは、さわやかな汗を流しながらハツラツと運動していますが、私の両腕から両肩にかけ、筋肉がパンパンになっており、すでに腕を上げることすら辛い状態…。こんなことって、ありえない!!

それでもなんとか歯を食いしばりながら、エクササイズを続けていきます。

再びスクワットになったので、私ももちろん同様にスクワットを。
この辺りで私の筋肉がプルプルし始めたので、

「あ、これはヤバい…」

ということで、DVDを停止。
残ったのはプルプル&パンパンの両肩と両腿。
そして、汗びっしょりのシャツ。

皆さん、はっきり言いましょう。
『BILLY'S BOOTCAMP』は効きます!!
1週間集中プログラムだということですが、これを1週間でひと通りこなせる人はそれなりに運動を続けている人でしょう。いきなりコイツを1週間でこなすのはちときついんじゃないかと思います…。

いや、これは『BOOTCAMP』だから1週間でこなさなければならないんだ!!

軍隊の新兵たちが最初にこなさなければならない基礎訓練が、Boot Campのことなのですから。

さぁ、明日もがんばってビリー先生についていこうか。



テクノラティ タグ :

2007年5月28日月曜日

中学の同窓会で

先週の土曜日に中学時代の仲間が10人くらい集まり、同窓会がありました。

私は中学までは地元にいたのですが、高校からは地元の高校には行かず、別の市、つまり岡山市の高校に通ったので、同窓会のメンバーにはかれこれ17年ぶりということになります。

しかし、年がいくら経っていようとも、人にはそれぞれ面影というものがあるもんですね。
パッと見た瞬間に、それが誰だか分かってしまいます。
なんとも不思議なもんです…。

同窓会については、今年の8月に本格的な同窓会が計画されているので、そのときにエントリーすることとして、今日は先週の土曜日の同窓会で友人に言われたことを思い出しています。

それは、

『家の仕事をいま手伝っているなら、いずれはオマエのものになるのだろう?だったら、会社をいずれ自分の好きなような感じにしてしまえばいい』

これは私がいまの自分の仕事に十分に満足していないということを聞いての、友人からの反応です。

たしかに、私は染色業をやるにしてはその技術がない。
その代わり、私はコンピュータ関係の技術や語学がある。
それに、DTPやWeb制作の勉強をしたいとも思っている。
だから、染色業部門はそのまま残して、自分自身でDTPやWeb制作の部門を起ち上げてしまえばしまえばいい。言うのは簡単ですが、実際に事を起こそうとなると大変なもんです。

さて、どうするものか…。

医師になる目標はまぁいいか…と思えるようになったのだけれど、臨床心理士になることはいまだに考えていますからね。

人生は一度きり。
誰もできないような人生の送り方をしたい、と常々思います。

ジョブズ氏とゲイツ氏の共演実現

「ゲイツ氏とジョブズ氏の共演」に、期待膨らむブログ界

なんともとんでもないことが実現することになりました。

あのアップルのSteve Jobs氏とMicrosoftのBill Gates氏が米国時間5月29日〜31日にカリフォルニアで開催される技術関連会議「D: All Things Digital」でセッションに共演することになりました。

いったいどういうことになるのか、恐いような、でも、見たいような気がします。

取っ組み合いの喧嘩になるか、それとも、罵り合いとなるか、もしくは、大人らしくスマートに振る舞うか…?

楽しみですねぇ…。

テクノラティ タグ :

2007年5月27日日曜日

今日はさらっと…

今夜は地元に帰ってきて、初めての(中学の)プチ同窓会に参加(出席)してきました。

私は地元には中学校までいたんですが、高校からは地元を離れて県庁所在地の岡山市へ出て行ったので、実質、15年以上も中学時代の友人にあっていなかったわけです。

個人的にはアメリカへ立った日から、日本には戻るまいと思っていたのですが、ひょんなことから日本に帰国し、いま現在地元で家業の手伝いをしているわけです。人の人生ってわからないものです、ほんとうに…。

だからこそ、これから私がこのまま家業をやっていくかも怪しいところで、あれこれと様々な企みを腹の中に抱えているのです。それを見事実現できるかは、チャンスがうまく巡ってきて、さらにそのチャンスをみすみす見逃さない自分の機転の良さにかかっているんでしょうね。

まぁ、とにかく今夜はかつての同級生たちと飲み、いろいろと語り合いました(ほんとは私はもっぱら聞き手ですが…)。

2007年5月26日土曜日

米国人の遅刻:ありえない言い訳トップ10

ネタフルさんのところで見つけたこんなレポートがありました。

ジャジャーン!!

米国人の遅刻に関する調査結果が発表に - "あり得ない言い訳"トップ10とは


私もアメリカ住んでいたんで、いくつかは冗談まじり聞いた事がありますけれど、マジでトップ10に上がるものも含まれているんですね。

私の場合、学生だったので提出されるべきレポートを提出できない学生がした言い訳に、

『飼い犬がレポートを食べてしまったので、レポートを出せない』

っていうのがありましたけど…。

まぁ、とにかく米国人の遅刻:ありえない言い訳トップ10を見ていきましょう。
  1. 誰かにつけられていたので、振り切るのに街中走り回った
  2. 飼い犬が911をダイヤルしてしまい、警官に"ホントは何があったのか"について事情聴取を受けた
  3. 彼女が怒り狂って私の下着を全部切り裂いてしまって……
  4. 起きてみたら耳が聞こえなくなっていて……
  5. 今朝は気分がノらなかったから
  6. 昨夜は一晩中徹夜で神と対話していました
  7. アライグマが玄関から通勤用の靴を盗んでいってしまったので
  8. 強力接着剤のせいかと思うが、目がどうしても開かなかったので
  9. ローションを顔に塗ろうとしたら鼻に指が入ってしまい、鼻血がでました
  10. 赤信号で止まったら売春婦が車に乗り込んできて……妻に見つかったら面倒なことになると思い動転し、つい車から降りてしまいました
それぞれの言い訳がツッコミどころ満載なのが面白い!!

7のアライグマってどこからその発想が出てきたのか、すごく不思議…。

テクノラティ タグ :

2007年5月24日木曜日

AEDはどこで買う?

AEDってご存知ですか?
聞いたことがある人が結構いると思います。それに、実際に見かけた人も結構いるんじゃないでしょうか?そうそう、駅とかホテルとかに置いてあるアレです。
『AED』って書いてあるアレです。

AEDとは自動体外式除細動機です。
まぁ、はやい話が心臓に電気ショック(カウンターショック)を与えて、心臓の働きを戻す、あの医療機器です。

こういうのって、事故の現場にあるとすごく便利なのですけど、なかなかそうもいかないですよね。いちばんいいのは、一家に1台とかあればすごくいいんでしょうけれど、現実はそうもいかない。

第一、どこでそんなもん買うんだ?

って話です。
それがですね、ビックカメラで買えるそうです。
そのネタがこちら
ビックカメラならどこでもいいっていうわけではなく、ビックカメラ有楽町店のみ、だそうです。

アメリカではAEDの購入には医師の処方箋が要るそうですが、今回ビックカメラ有楽町店で発売されている2種のAEDのうち、1台が医師の処方箋なしで購入できるものだそうです。
ハートスタートHS1は、米国では医師の処方せんなしで一般市民の購入が認められている唯一のAEDといい、世界・国内でトップシェアという。心臓マッサージの深さ、回数、リズム、人工呼吸の回数やタイミングを音声で案内するほか、AEDの電極パッドを体に貼る時に邪魔になる衣服を裁断するためのはさみも入っている。

価格が40万円前後ということで、まだまだ庶民にはなかなか手の出せない代物ですが、そのうち手の届く価格になるんじゃないでしょうかね。

で、YouTubeでCPRとAEDの教習ビデオのようなものを見つけたので、ここに貼っておきます。

こういうことは世界共通のことなので、知っておいて損はないと思います。

テクノラティ タグ :

2007年5月23日水曜日

静岡旅行 その5


鳴沢氷穴をあとにし、やってきたのは本栖湖です。
この日は本当に天気が良く、空はどこまでもスカイブルーが広がっていました。
おかげで富士山もこの通り、すんごくきれいに写ってます。
友人に聞いた話だと、富士山の頂上までがきれいに写るのは珍しいことだそうです…。
これまで“雨男”のレッテルを貼られてきた私ですが、これでその汚名返上といけそうですwww

さて、本栖湖はおろか、この富士五湖の周辺に来たのは初めてなもんですから、ガールフレンドの友達夫婦にすべて任せっきりです。すいませんでした…m(__)m

まず本栖湖でのイベントはこれです。

もぐらん!

見た感じはThe Beatlesのイエローサブマリンっぽいですが、潜水艦ではないので水中に潜ることはできません。

だって、もぐらん!(=潜らない)ですから…www

そして、もぐらんはこんな感じですのボートになります。
見た感じ、結構小さいボートですが、実際には結構人が乗れます。

そして、中に入ると床の一部が1m四方のガラス張りになっており、水中を泳ぐ魚たちを見ることができます。

これにお子ちゃまたちは非常にゴキゲンで、ガラスを覗いては「おおーっ!!」とか驚嘆の声を挙げていました。
思わず私もガラスの中を覗いては「うぉ〜っ、きれいだ〜」とか驚嘆の声を挙げていました。

このもぐらんは反対の岸まで行くと、方向転換をして元の場所に戻ってきます。それだけなのですが、この日の天気が最高に良く、さらに最高のそよ風を受け、私たちは本当にいい時間をこのもぐらんの上で過ごすことができました。

そして、本栖湖のあとは樹海の遊歩道をちょっとばかり歩き、そして、レストランで“ほうとう”をみんなで食べました。ほうとうを見るのも食べるのもこのときが初めてで、最初の感想は名古屋のきしめんを太くしたようなもんだな、と思いました。しかし、食べ方は全然違うんですけどね…。きしめんも好きですけれど、ほうとうも大好きになりました。また今度、富士五湖へ行ったら是非とも食べたいですね、ほうとうを。

このあと、もうしばらく富士五湖周辺を満喫し、私とガールフレンドは彼女の友達夫婦に静岡駅まで送ってもらいました。

このときばかりはちょっとした『ウルルン滞在記』のエンディングっぽく、お子ちゃまたちが照れくさそうに別れを惜しんでくれました。子供って、素直にバイバイができないんですよね、その別れが本当に惜しいときは。

今度静岡に行けるのはいつになるだろうか?

また1年後に会いに行けるかなぁ。
行きたいな。

テクノラティ タグ :

静岡旅行 その4

静岡旅行の最終日は、パパさんにがんばってもらいました。
というのは、長時間のドライブをしていただいて本当にありがとうございます!!

さて、この日は長男坊の誕生日だということで、富士五湖の方へドライブに出掛けました。

まず、最初の目的地は鳴沢氷穴です。

氷穴というものに入るのは初めてなんですが、洞窟内の温度はなんと0℃以下!!

これって、富士山の噴火によってできたものらしいのですが、本当に天然の冷蔵庫…いや、天然の冷凍庫なわけです。どうりで万年氷が洞窟内にあるわけです。

さて、早速、氷穴内に入っていくわけですが、入り口になんとかわいいコーギーが!!

写真に写っているのは1匹だけですが、2匹並んでいたんです。
ただ、このコーギーを見て、これがコーギーの本来あるべき姿なのかと思い知ったのです。というのは、我が家のコーギーは肥満も肥満。かなりのおデブさんでぷりぷりしてるんですよね…。もっとダイエットしなければ、このコーギーのようにスリムになれない…。

さて、氷穴の中に入っていきますが、その日はかなり天気が良く暑かったくらいなのですが、氷穴の入り口から中に入っていくにしたがって、暑かったのを忘れるくらい気温が下がっていくのです。

おまけに氷穴内に入っていく途中になんと高さ90cmという穴があり、大人にとってはかなりしんどい通り穴があります。お子ちゃまたちはちょいと屈むだけで通れちゃうんですけど、大人には本当に辛い穴でした…。私なんか、何度90cmの高さの天井に背中を剃ってしまったことでしょう…。

そして、その低い天井を通り抜け、今度はさらに下の方へ降りていきます。
このとき、傾斜が70°くらいあるようなもんなので、ちゃんと持つところがあります。しかし、ちゃんと持ってないとひゅ〜っと落っこちてしまいます。
そして、下に降りるとどでかい(天然の)氷がど〜んと抜群のアピールと共に存在しています。
さらに奥に進んでいくとフェンスの中に逆氷柱が並んでいます。


これって自然にできた氷柱らしく、この氷穴の中の気温がいかに低いかを物語っています。

これを見れば、出口はすぐです。
上に上に上っていけば、外界に出られるわけです。
ただ、これを1セットやるだけでかなりの運動量になります。大人でも軽く息が上がってしまいます。

しかし、お子ちゃまたちはそんなことは全く気にせず、これを3セットやりました。

2セット目はパパと共に。3セット目は「おっさん」こと私と共に…。
筋肉痛にならないわけがないじゃないですか!!

そして、鳴沢氷穴をあとにし、私たちが次に向かったのは本栖湖です。
(つづく)

テクノラティ タグ :

2007年5月22日火曜日

ぜったいにかわいい!!

動物ネタってことで、もうひとつ。

こんなのもありますよ。



テクノラティ タグ :

仲良しラッコ

静岡旅行の話ばっかりもなんなんで、巷で話題の『仲良しラッコ』の画像を。

よ〜く見てください。手を繋いでゆわ〜んと浮いています。

ラッコってどうしてあんなにかわいいんでしょうねぇ。


テクノラティ タグ :

静岡旅行 その3

ヘトヘトになりながら階段を上り、またその階段を降りてグロッキー状態の私たちは、ガールフレンドの友達のお家に戻り、遅めのお昼ご飯の準備です。

お家に帰るまでの間に、いろいろと食材を買い込み、お昼はなんとBBQです!!

申し訳ありませんが、そのときの写真はありません…。

私がBBQのために炭を熾していたんですが、その日は風がめちゃくちゃきつい日でしたので、炭を熾すことは急遽取り止め、ホットプレートでBBQをすることにしました。最近のホットプレートはボコボコが付いていて、肉を焼いたときの脂が落ちるようになっているんですねぇ。おかげでとっても美味しいBBQになりました。

さて、食後はお子ちゃまたちは近所の子供たちと一緒に遊び、大人はBBQの片付けを…。
そして、片付けが終わった頃には午後6時となっており、それから『天下泰平の湯』に出掛けました。お目当てはもちろん温泉です。

この『天下泰平の湯』では男女混浴のできる露天風呂があり、家族で行くにはもってこいの場所なんです。
男女混浴といっても、フツーに裸で混浴するわけじゃありません。
水着を着ての混浴になります。期待した方、ごめんなさい…www

さて、お風呂の中でも「お父さん」もとい「おっさん」っぷりは健在です。
長男の子のお世話は私です。次男はまだ小さいのでママと一緒に女湯の更衣室で着替えました。

『天下泰平の湯』のHPを見るとよく分かっていただけると思うのですが、本当にたくさんのお風呂(温泉)があります。子供たちはそりゃあもう好奇心のかたまりですから、とにかくすべての露天風呂にどんどん入っていきます。外は陽が落ちてもう暗くなっているので、子供たちが転けて怪我をしないように“見張る”ために、彼らと同じようにどんどんと露天風呂ジプシーをしました。したがって、落ち着いてお風呂に入っている、という感じではなく、軽く運動をしているような感じでした。でも、私は根っから子供好きなので、これくらいのことはどうってことなかったですね。我ながら、保父さんでもできたんではないか…と思うくらいです。

ひと通り露天風呂に入ったら、今度は本格的温泉に入る番です。
ここからは男湯、女湯と分かれて入浴します。
私は長男の子と引き続き男湯へ、次男坊は女湯でママたちと一緒に入ります。
実は私、長風呂なので長男坊はちょっと退屈していましたが、いろいろな温泉(ラベンダー湯など)に付き合ってあげると、退屈もどこ吹く風です。やっぱり子供は好奇心のかたまりですね。

この温泉に浸かったおかげで、翌日の筋肉痛はやや和らいだものになったのかもしれません。
この温泉がなければ、翌日の筋肉痛はおそらくかなり酷いものだったのでしょう、きっと。

テクノラティ タグ :

静岡旅行 その2

さて、昨日のいちご狩りのあと、まずいちごハウスの近所にある数百段もある階段を上りに上って、その頂上にたどり着きました。その景色がコレ↓


今更になりますが、いちご狩りに向かったメンバーは、私と私のガールフレンド、そして、彼女の友達とその子供2人になるのですが、このお子ちゃまたちが何とも元気が良い!!さらに私に非常に懐いているので、その子たちの面倒はもっぱら私が見ていました。

数年前に初めて会ったときからなぜか「お父さん、お父さん」と呼ばれ非常に慕われたのですが、今回は「おっさん、おっさん」と呼ばれ、そんなに老けたのかなぁ…とちょっとがっくり来てしまいました…。
ちなみに、「お父さん、お父さん」と呼ばれていたのは私ですが、彼らの本当の父親(苦笑)は「パパ、パパ!!」と呼ばれています(笑)。

ところで、数百段もある階段を上るのはそりゃぁ全然楽じゃありませんでした。

大人3人はヘロヘロになりながら頂上を目指し上っていたのに対し、お子ちゃまたちは驚くべきスピードでひょいひょいと階段を上がっていきます。彼らに『若さ』という言葉はまだ似合わないかもしれませんが、子供の持つ好奇心と驚異的なスタミナのなせる業かと思い知らされました。
ちなみに、私はガールフレンドとその友達と同じペースで階段を上っていたのではなく、子供たちのペースで上っていたので、翌日、翌々日の筋肉痛は言うまでもありません…www

2007年5月21日月曜日

静岡旅行 その1

先日のエントリーで紹介した通り、先週の金曜日の夕方から静岡に行ってきました。

まず1日目については多くを語ることはありません、正直…。
そりゃあ、新幹線に乗って静岡に行って終わりでしたからね。
ちなみに、なぜ夕方から出発したのかというと、シンプルに夕方まで仕事をしていたんですね。
そりゃ、そうですよね。

で、2日目について語りたいと思います。
2日目はなんといってもいちご狩り。これから始まります。

写真にもあるように、まずスーパーマーケットでいちごが入っているようなプラスチックのトレーと練乳の入ったカップを渡されます。

そして、いちごがなっているビニールハウスの中へ入り、とにかくいちごを穫っていきます。
このとき、ちょっとしたコツが要って、ヘタと茎をきれいに穫ると「プチッ」と音がなります。

実際にいちご農家での収穫にはハサミなんかが使われているのかもしれませんが、いちご狩りにはそんな道具はないので、自らの手(もしくは手先の器用さ)が頼りになります。

私はいちご狩りがこれで2度目なので、結構要領が掴めているのでガンガン食べました。

ただし、いちご狩りのシーズンとは、おそらく1月〜3月あたりだと思うので、5月中旬のいちご狩りで美味しそうないちごを見つけるのは、結構大変でもありました。

写真のいちごは比較的きれいなものばかりですが、ハウスの中にはドロドロになったいちごもありました。そうしたドロドロと化したいちごは昆虫たちに任せて、私は人間が食べて美味しそうないちごを選りながら食べましたよ、もちろん。

ハウスの中にはミツバチ(?)もいて、いちごの花の蜜をせっせと集めていました。
今回、その写真が撮れたのでそれもアップしておきます。



テクノラティ タグ :

静岡から帰ってきました。

この金曜日の夜から静岡にいる、私のガールフレンドの友達のお家にお邪魔させていただきました。

で、静岡で何をやってきたかは、おいおい紹介していきます。

なにせ、今日の0時半に我が家に戻ってきたので、もうヘトヘトなんです。
こうしてブログを更新しているのも、限界ギリギリの体力でございます。

しかも、明日は仮免許検定の日。
そして、それに追い打ちをかけるかのようにいつもより早起きをしなければならないという始末…。
それに訳は明日更新するブログで明らかにしますが、すでに全身筋肉痛の私。
特に脚全体が非常に筋肉痛になっております。その次には腕が筋肉痛。

ああ、眠い…。

すいませんが、今日はこれにて休ませていただきます。

おやすみなさい。

2007年5月19日土曜日

今日はモブログです。

今日は彼女の友達のうちに、彼女とおじゃまさせていただいているので、ケータイからのアップです。

明日はいちご狩りしてきます。

2007年5月17日木曜日

caminoを使ってみる。

caminoといえば、MacOS X用のブラウザです。

しばらく前までは、私はSafari、camino、Firefoxと3つのブラウザを使い分けていたのですが、Safariのスピード、Firefoxの拡張性と汎用性を考えてその2つを使うようになりました。

しかし、なぜここに来て再びcaminoなのか?

それは正直言って、私の気まぐれです…(照)

もちろん、それなりの理由もあります。
Firefoxと同じGeckoエンジンを使用していながらも、caminoはMac専用に作られたためにFirefoxよりもスピードが速いです。ただそれだけなんですが、それって結構重要ですよね?

さて、ここでcamino初心者のためのcaminoインストールの仕方です。
こちらのサイトから『英語版』もしくは『Multilingual』を選びます。



で、インストールが開始するとあとは放っておくだけです。



で、あとはcaminoのアイコンをアプリケーション内に移動させておくだけ。
Macでのインストールは簡単ですね。



caminoの起動の速さは同じGeckoエンジンのFirefoxよりも抜群に速いです。
しかし、また3つもブラウザがあることになり、どうやって使い分けようかと悩みます…。
FirefoxはもはやIEに次ぐ…、いや、IEを凌ぐブラウザになっているので外せない。Safariはやっぱり動きが軽いから使い心地がいい。となると、やっぱりcaminoの使用頻度が下がるかなぁ…。とてもいいブラウザなんだけどなぁ…。

テクノラティ タグ :

2007年後半にアップルのサブノートが出る!?

私の愛用のMacBookは非常に重宝しているのですが、すべてにおいて満足というわけではありません。

いまや3rd Generation(以降3Gと表記)とでもいったらいいのか、MacBookは2度のアップデートをしました。
1度目のアップデートはなんと言っても、CPUがIntel Core2Duoになったこと。そして、つい最近あったマイナーアップデートはCPUのクロック数が0.16GHzアップ、スーパードライブの書き込み速度がこれまで6倍だったのが8倍になったりと、メジャーなアップデートではないにしろ、確実にその性能を飛躍させています。

もし仮に私が3G MacBookを持っていたとしても、その性能に満足することはあっても、その重さに満足することはないでしょう。

そう、私が不満に思うことはMacBookの重量なのです。

たしかにこれだけの性能を備えていて、2Kgというのは妥当なのかもしれません。しかし、正直2Kgというのは持ち歩くにはちょっと重い…。

そんなことを思っているユーザーは決して少なくはないはず…。

そこで、そんなユーザーに耳寄りな情報が!!

というわけで、こちらです。

この情報によると、2007年の後半にはアップル製のサブノートが発表されるとかいう話です。
2007年後半といえば、すでに次期MacOS X Leopardの発売が決定されていますし、その発表に合わせてサブノートも出す、という感じになるんでしょうか…。

それに、最近アップルが大量のNANDフラッシュメモリを購入したというニュースもあります。
となれば、アップル製サブノートはありえない話でもなさそうな気がします。

テクノラティ タグ :

2007年5月16日水曜日

シリコンバレーが私を変える。


いまさらの感がありますが、図書館で梅田望夫氏の『シリコンバレーは私をどう変えたか』を借りてきました。

まだ読み始めて40ページくらいなのですが、読みながら1996年当時のシリコンバレーの雰囲気が伝わってきました。'96年というと、私がアメリカで住み始めた年なので、当時の自分の生活を思い出しながら読み進んでいます。

起業の聖地と呼ばれるシリコンバレー。そこで巨万の富と名声を得ようと若い人たちが日夜、休みを惜しんで働いている。そんな姿が浮かんできて、「こんなことをしてる場合じゃない!!」と私の尻を叩くのです。

海の向こうでは、それこそ24時間ぶっ通しで働いている奴らがいて、私が寝ている間にもどんどん先に行っている。奴らに負けないように私も切磋琢磨しなければならない。

この世のどこにいたって、フィールドが異なっていようとも、勝負は存在するのだ。

私は体力にはそれほど自信がない。
でも、知力にはそれなりの自信はある。
もちろん、Googleなんかで働いている超エリート組には敵わないけれど、頭で生きてきたっていう自負がある。知力は磨けば磨くほど、それなりの結果を出してくれるはず。

だからこそ、私は努力しなければならないのです。

テクノラティ タグ :

The Beatlesの楽曲、ネット配信は近い?



iTunes日本版ではまだですが、米国版ではポール・マッカートニーの新譜が配信されることが決定されました。

今回のこの配信により、彼の過去の作品、ソロ名義だけでなく、Wings時代のものまで配信されるようになるそうです。

そうなってくると、残すはThe Beatlesの楽曲でしょう。

まだ詳細は決まっていないようですが、個人的な予感としては年内には実現しそうな雰囲気があるように思います。

にも書きましたが、EMIと提携しているAppleのiTunesからThe Beatlesの楽曲配信は始まるんじゃないですかね…。

時期的には今年の10月。
Leopardの発表とともに、one more thingってことでThe Beatles。
これって、案外アリじゃないですか?

テクノラティ タグ :

2007年5月15日火曜日

赤ちゃんポストについて思うこと

世間で賛否両論の『赤ちゃんポスト』に3歳くらいの男児が置かれていたそうです。
しかも、それが運用が開始された10日だったそうです

元記事はこちら
親が育てられない新生児を匿名で預かる熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)の「赤ちゃんポスト」の運用が始まった10日、3歳ぐらいの男児1人が病院側に預けられていたことが15日、わかった。熊本県警は、保護責任者遺棄罪に当たるかどうかを調べている。


私個人としては、『赤ちゃんポスト』の運用については賛成です。「安易な育児放棄を助長しかねない」というような声が運用開始以前からありますが、『赤ちゃんポスト』の運用理念をよく考えると、私は賛成せざるを得ません。

まず、すごく酷い例を考えてみます。

最近は芸能界でも(というか、芸能界の方が盛んなようですが)できちゃった婚が流行っていますが、ちゃんと「できちゃった」でも結婚するならいい。そうでない場合を考えたいのです。しかも、男が逃げてしまうケースを。

極端な話ですが、男性自身は自分が妊娠するわけではないので、女性が妊娠してしまったら逃げてしまう輩も中にはいます(本来あってはならないことですが…)。そして、たったひとりで出産という大仕事に立ち向かわなければならない女性が取れる選択肢は2つ。

出産か中絶。

中絶は女性の身体にも精神にもかなりの負担をかけてしまいます。
女性自身、この選択はできることならしたくないでしょう。さらに、宗教上の理由で中絶ができない人もいるに違いないでしょう。

そうなってくると、出産という選択肢を選ばざるを得ない女性がいます。
その選択肢を選んだ彼女たちにとって、本当に大変なのは出産ではなく、出産後の子育てになるでしょう。

こういった状況に置かれるのは、一般に低所得者層の10代女性たちではないかと思うのです。彼女らは自分1人でさえ日々の暮らしをやっていくことに精一杯なのに、そこに赤ん坊の世話まで入ってくると、彼女らの精神的負担を増やすことになるでしょう。その結果、精神的負担つまりストレスのはけ口が生まれたばかりの乳幼児に向かい、それが幼児虐待の始まりになるのです。

こうした悪循環を断つために、私は『赤ちゃんポスト』はあって然るべきものだと思うのです。


安倍首相は「親として責任を持って産むことが大切ではないか。匿名で子どもを置いていけるものをつくるのがいいのかどうか」とおっしゃったそうですが、それは現実を知らなさすぎるボンボンの発言のように私には聞こえます。

「匿名で子どもをおいていける」とかおっしゃってますが、それがあなたのいう『美しい国』ですか?

そんな道徳観を持たない人間のいない社会を作っていくことが、安倍首相のいう『美しい国』なのでは?

と私は問いたい。

テクノラティ タグ :

MacBookがマイナーアップデート


元記事はこちら
米アップル(Apple)社は現地時間の15日、コンシューマー向けノートブック“MacBook”シリーズの最新モデル3機種を発売した。
なんとMacBookが突然(?)のアップデートです。

しかし、アップデートといっても、今回はマイナーアップデートのようです。
その内容は以下の通り。
  1. (Core2Duoの)クロック周波数がアップ
  2. 内蔵無線LANモジュールがIEEE 802.11nドラフトに対応
  3. 最下位モデルの標準メモリーが512MBから1GBに変更
  4. 3モデルともHDDの容量がアップ
スーパードライブのDVD±Rの書き込み速度が6倍速から8倍速に向上
う〜ん、初代MacBookを使っている私としては、マイナーアップデートとはいえ、こういうのを目の当たりにすると、なんだかすごく古いマシンを使っているような気になります…。

なんと言っても、これだけのアップデートがありながらお値段据え置き。
従来の値段で販売しているんですから…。

すごく複雑な気分です。

テクノラティ タグ :

2007年5月14日月曜日

具合が悪いときもある。

何をやってもうまくいかない日ってありますよね?

今日は私にとっては、そんな日でした。

ほんと何をやってもうまくいかない。ダメ。
自己嫌悪には陥らないけれど、

「あ、今日はもう何やってもダメだわ…」

というふうに考え始めると、もうどこまでも何をやってもそんなふうに思えてくるもんです。
そして、一度その悪循環にハマってしまうと、行動するのが恐くなってくるんですよね。

次はどんな失敗をやらかすのか?
次がどんな悪いことが自分に巡ってくるのか?

そんなことばかり考えてしまって、もう身動き取れない状態に陥ってしまいます。
そんなわけで、今日はさっさと寝ちゃおうかな。

こんな日はそれがいちばんだったりするもんです。

2007年5月13日日曜日

ハルヒの次は『らき☆すた』?

昨年は『凉宮ハルヒの憂鬱』が大ヒットしましたが、今年はこちらでしょうか…?



普段はこういうのを見ない私でも、“平野綾”という名前を見ると、ハルヒの声優さんだぁ…ってことが分かるようになりました。

テクノラティ タグ :

おもしろCM集

日本でおもしろいCMに巡り会うことはなかなかありませんが、海外には本当にウィットに富んだおもしろいCMがあるもんです。

今回ここで紹介するのは、おそらくヨーロッパのCM集でしょう。
英語がわからなくても大丈夫。見てるだけで十分おもしろいですから。
もちろん、英語がわかった方が微妙なニュアンスが伝わって、さらにおもしろいんですが…。



テクノラティ タグ :

不適切な表現がございました

報道番組はいつだって真剣…なはずなんですが、ときにはこんなこともある、ということの証明でしょう。

全部見るとなるとちょっと長いけれど、通して見ると結構面白いですよ。

2007年5月11日金曜日

私のメール管理術

私のメール管理術なんか別に知りたくはないと思いますが、ネタに困ったので小ネタとして書いちゃいます。

私のメール管理術ははっきり言って、Gmailそのものです。
もちろん、Gmailのアカウントはあるからそれを使っているのですが、Webでメールサービスを使うことはあんまりありません。Macユーザーなので、ここはスタンダードにMailを使います。PCもあるんでそちらはThunderbirdで。

さて、メールクライアントソフトを使用する以上、管理術が必要です。

私の管理術はこんな感じです。
  1. まず、Gmailのアカウントにすべてのメールが集まるように、Gmailを設定する。こうすれば、メールクライアントの方のメールを消してもWeb上のGmailにはそのメールが残ることになる。
  2. そして、メールクライアントの方で、すべてのメールがひとつの場所に集まるように設定する。
  3. 振り分け機能など余計な機能は使用せず、読み終わったメールは『Archive』のフォルダにどんどん移動させていく。
  4. もし特定のメールを読みたくなったら、検索して探し出す。これって、PCならばGoogle Desktopあたりなんかが入っているとすごく便利なんでしょうね。Macの場合はSpotlightでいきます。
  5. 1ヶ月前のメールは容赦なく消す。ここが肝心です。HDDの内容をむやみに肥大化させるのはやめましょう。
まぁ、Gmailを使用していることで変なスパムは勝手に排除してくれるので便利なのですが、たまにスパムじゃないメールを排除してくれたりしているので、週に1度は点検したりしてますが…。


と、私はこんなふうにメールを管理しています。

皆さんはどんなふうにメールを管理していますか?

テクノラティ タグ :

iPodは心臓ペースメーカーに悪い?

これはとんでもなくショッキングなニュースです。

なんとiPodが心臓ペースメーカーに悪影響を及ぼすという話です。

とりあえず、元記事はこちら

おおまかにどんな話か簡単に説明すると、こんな感じです。
  • 17歳の高校生が実施。
  • 平均年齢77歳の100人の患者が対象です。
  • この100人は皆、心臓ペースメーカーをしています。
  • iPodは患者の胸から2インチの位置で5〜10秒間持ってもらい、そのときの電気信号による影響を計測します。
  • その結果、iPodは心臓ペースメーカーに影響を及ぼしたそうです…。

こうなるとiPodが心臓ペースメーカーに悪影響を与える電子機器のリストに仲間入りすることになるのでしょうか…?

ただし、これはiPodにだけ行われた実験で、他の携帯音楽機器には行われていない実験のようです。

個人的な意見ですが、これって本当にそうなんでしょうか?

iPodを手に入れられない高校生が腹いせに、この実験を行ってデマの結果を出したんでは?
(まぁ、デマというより捏造したってことになるんでしょうか)

とふと勘ぐってしまいます。
そもそも、実験をiPodのみを対象にしているってところが怪しいじゃないですか?これって、完全にiPodをターゲットにしてると思いません?

そのうち、『この実験は捏造されていたことが発覚した』なんて記事が出ることを期待しています…(これもものすごいバイアスがかかってますね(-_-;))。

テクノラティ タグ :

MicrosoftからはoFone

アップルがこの夏に満を持して出すのはiPhone。

そして、Microsoftがそれに対抗して発表したのがこのoFone!!



な〜んて、ただのジョークです。
しかし、よくできたPVだなぁ…。

テクノラティ タグ :

2007年5月10日木曜日

ニコン過去最高益 一眼レフが好調

ここのところ、ニコンのデジタル一眼レフが元気でしたからね〜。

ニコンが過去最高益を叩き出した、というのもすんなりと納得がいきます。
Nikon D40X、まだ買っていませんが、ぜひ買いたいデジタル一眼レフです。



お金に余裕があれば、もちろん、D80ですが…。

ニコン過去最高益 一眼レフが好調
ニコンはデジタル一眼レフやステッパーが好調。前期は純利益が89.4%増の548億円になり、過去最高を更新した。

2007年05月10日 21時18分 更新
 ニコンが5月10日発表した2007年3月期の連結決算は、純利益が前期比89.4%増の548億円になり、過去最高を更新した。

 売上高は8228億円(12.6%増)、営業利益は1020億円(53.2%増)、経常利益は895億円(105.9%増)。年間配当は18円と前期から8円の増配とする。

 映像事業では、ミドルクラスの一眼レフ「D80」と初心者向けの「D40」が順調。ハイアマ向け「D200」も好調が続いた。高価格帯の交換レンズも順調に推移した。

 精機事業では、45ナノメートル対応の液浸ステッパーも出荷を開始するなど、プロセスの微細化に対応した先端機種の出荷に努めた。売上高は20.5%増の2919億円、営業利益は87.0%増の493億円と大幅に拡大した。

 今期予想は、売上高が9000億円(9.4%増)、営業利益が1000億円(2.0%減)、経常利益が900億円(0.5%増)、純利益が550億円(0.3%増)。


テクノラティ タグ :

報道に流されない日々

ここのところ、何かと忙しいためかテレビをほとんど見ることがない。
おまけに新聞も読むこともない。
以前は新聞くらい読む時間はあったのだけれど、いまでは単なる怠け癖のためか新聞を読まない、と言った方が正確か…。ネットでさらっとニュースを読むくらいはできるはずなのだから…。

おかげで、世の中に関して本当に疎くなった。

しかし、これはここのところ、何かと忙しいためかテレビをほとんど見ることがない。
おまけに新聞も読むこともない。
以前は新聞くらい読む時間はあったのだけれど、いまでは単なる怠け癖のためか新聞を読まない、と言った方が正確か…。ネットでさらっとニュースを読むくらいはできるはずなのだから…。

おかげで、世の中に関して本当に疎くなった。

しかし、実はこれが私の世の中を新しい目で見るための実験なのだ。

というのは、新聞であれテレビであれ、人が報道する際に何らかのバイアスがそこにかかっているはずなのだ。どんなニュースでも編集次第で、我々受け手がどのようにそのニュースを受け取るかは変わってくる。それをどうにか変化させようとしているのがいまの私だ。

あまりにも情報過多で、自分の中に入ってくる情報を処理しきれないのである。だから、いまはいったんできるだけ情報を入ってこないようにして、自分の頭の中をクリーンにしようとしている、というのが私の自分に対する見解だ。



しかし、『ライフハックのつくりかた』で著されているには、インプットが最初ではなく、アウトプットが最初にきて、それからインプットがくるというのである。

つまり、アウトプットする(何かを発する)という需要があってはじめて、インプットの需要が生まれるのだということらしい。たしかにその通りだ。ただただ情報を溜め込んでいくというのは、実はすごく難しい。アウトプットを伴わないインプットは風化されてしまうことが多い。

したがって、私が新聞やテレビなどでニュースを見ないのは、自分の中に発するべきメッセージが生まれてこないからなのではないのだろうか?と思う。

これは私自身の問題意識の低下だ。
放っておけばやってくる日々に己の身を任せて、その流れに身を委ねているだけなのだ。これではいけない。この流れの中のどこかで、何かにしがみつかないと…。私は流されるのは嫌いだ。

テクノラティ タグ :

Hotwired Japan → WIRED VISION

以前、私が頻繁に訪れていたサイトがリニューアルされることになりました。
2006年4月より更新を停止しておりましたHotwired Japanは、このたび運営体制も新たにWIRED VISIONとして生まれ変わることとなりました

ただし、正式に開始されるのは5月24日だそうで、それまでまだ少し期間がありますね。

何よりも復活おめでとうございます!!

テクノラティ タグ :

運転免許をインストール

今日から普通自動車運転免許のために、自動車学校に通い始めました。

免許持ってなかったの!?

と突っ込まれそうですが、ハイ、持っていませんでした。
しかし、厳密に言うと、持っていたけれど書き換えをしなかった、が正解になります。

というのは、アメリカに住んでいたときに運転免許は取っていたので、そいつを帰国した際に日本のライセンスに書き換えをしておけば話は済んだわけです。しかし、それを怠けて放置していたために、結局日本で普通車免許を取り直す、という羽目に陥ったわけです。

さて、ここから今日思ったことですが、自分の血となり肉となったものは、そう簡単には消えないということです。

前述した通り、私はアメリカで自動車免許を持っていたわけですから、当然車を運転する際には左ハンドルが常識でした。アメリカから帰ってきてもう5年が経つので、当時の左ハンドルの癖などはなくなっているだろうと思っていたら、とんでもない。無意識というモードに体を任せると、身体は勝手に左ハンドルの癖を出すのです。

たとえば、ふと気を抜くと
  • 右車線を走ろうとする
  • ウィンカーが左側にあるものだと思ってワイパーを動かす
  • 右折の際に右車線に入ろうとする
などなど、かなり危険なものでした。

しかし、数分も運転していると、日本の車道に慣れたのか、もう普通に運転できていましたけど…。

一度身に付いてしまったものはなかなか消えない。
何でも習得する際には、まず意識レベルから入っていきます。そして、意識レベルで慣れていくうちに、次第にそれらが徐々に無意識レベルに落とし込まれていくわけです。まぁ、ダウンロードしているのと一緒ですね。そして、すべてが無意識レベルにダウンロードできて、それが勝手にもう自分の脳にインストールされちゃうわけです。たしかに、一度インストールされたものを削除するのは至難の業です。

ということは、私にはすでにアメリカ版の運転マニュアルがインストールされてあり、そいつを維持しつつ(もしくは上書きという作業で)、日本版の運転マニュアルをインストールしなければならない、ということですね。

これって、何を習得するにもとことんやっておかないと、時間が経つとすぐに消えちゃうということなのではないかと思います。中途半端はよくない。やるならとことんやっておく。しかも、それが自分の無意識レベルで働けるようなところまで落とし込んでおくべき。

テクノラティ タグ :

2007年5月9日水曜日

チャレンジに飢えている。

知的好奇心が旺盛な人たちは、精神的または知的挑戦(チャレンジ)に飢えている。

生ぬるい日常からかけ離て、自分の頭脳に挑戦するものを待っている。

少なくとも私はそうだ。

2007年5月8日火曜日

Adobe CS3予約開始。


米国では先行販売されていたAdobe Creative Suite 3が日本でも予約開始です。

今回のCS3から、Mac版では念願のインテル対応です。

こちらでインテル対応のCS3がどれだけ激速かベンチマークテストなどが行われています。
使われる方は要チェックです。

これでG5を使わざるを得なかった出版・デザイン関連でのMac Proの普及が始まること間違いなしでしょう。

テクノラティ タグ :

任天堂「DSライト」が最速1000万台突破 国内販売

ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するエンターブレインによると、ニンテンドーDSライトの国内販売台数が1000万台を到達したらしいです。

しかし、驚くべきはそこではないのです。

驚くべきは発売開始から61週目で1000万台に到達したということなのです。
ひと月が4週間として、61週を4週で割ると、およそ15ヶ月ということになる。

すごい!!

これって、1996年以降では最速らしいです。
ちなみに、これまでの歴代最速はPS2の131週だそうです。

ん、よく見ると、ニンテンドーDSライトはPS2の2倍以上の速さで1000万台到達か…。
改めてその数字を見ると、ニンテンドーDSライト、恐るべし…。

テクノラティ タグ :

サン、「OpenOffice」のMacOS X Aqua対応を支援

サンがあの「OpenOffice」のMacOS X Aqua対応を支援という話ですが、これってNeoOfficeとやることがぶつからないのかな?と疑問に思ってしまいます。

私なんかは、

(PCで使っていたから)MacでもOpenOfficeを使ってやろうかな

と思っていたのですが、Mac版ではX11をインストールしなければならず、かつ、X11をインストールするだけではMacOS X版OpenOfficeを使うことはできなかったので、あえなくOpenOfficeは却下した苦い思い出があります。

しかし、捨てる神あらば拾う神あり。

NeoOfficeというフリーのオフィスソフトはX11を必要としません。かつ、内容はほぼOpenOfficeそのものなので、やっぱりこういうものがあるはずなんだよ!!とニンマリした覚えがあります。だから、Microsoftには悪いけれど、MS Officeなんてものは今後必要なくなるでしょう。まず、MacでNeoOfficeがあれば、オフィスソフト関連ではまず困ることはないのですから。

そして、前にも書きましたがWordやExcelならば、Google Doc&Spreadsheetがあるので、あえてオフィスソフトに頼る必要もないかと…。オープンソースのソフトが増えるということは、ユーザーにとっては本当に便利なことです。

さて、本題に戻って、サンでMacOS X版OpenOfficeのAqua対応を支援ということですが、彼らがNeoOfficeの存在を知らないはずがないので、いずれこの2つのプロジェクトはどこかで統合されてしまうかもしれませんね。

テクノラティ タグ :

2007年5月7日月曜日

寝た方が覚える 米ハーバード大、単語テストで実験

記憶に関する本なんかを読むと、決まって“覚えるなら寝るべし”みたいなことが書いてあるのだけれど、それが世界の知能の最高峰ハーバード大学で実験が行われた。

その結果、やはり覚えるなら寝るべし、なそう。
朝9時に記憶後ずっと起きたままでいて夜9時にテストする「覚醒(かくせい)組」と、夜9時に記憶後眠って朝9時にテストをする「睡眠組」に分けた。さらにそれぞれの組の半数の人には記憶後に、片方だけがテスト対象とは違う20ペアの単語を見せて、記憶を妨害した。
妨害のない場合で、睡眠組の成績は覚醒組より12%ほどよかった。妨害した場合では、睡眠組の成績は覚醒組を44%も上回っていたという。

私なんか、高校生のとき、徹夜をしてまでも必死に公式を覚えまくったのだけれど、いざテストの前になるとほとんど記憶の彼方に公式は消えてしまっていた…。

もし当時、このことを知っていたなら、テストのときには絶対に昼間(特に昼休み時間なんか)に公式をひたすら覚えまくって、家に帰ってさらにそれを復習して夜はぐっすり眠るだろうに…。

高校のころは荒みきっていた、とは言わないまでも、Geekまっしぐらな文学少年だったので、もう少しスポーツなんかで汗を流すことが必要だったよなぁ…と回顧するところであります。


寝た方が覚える 米ハーバード大、単語テストで実験
2007年05月07日16時36分

 記憶は睡眠によって補強されることを米ハーバード大のチームが実験で確かめ、米神経学会の年次総会で発表する。徹夜でテストに臨むより、勉強した後に眠った方がテストの成績はよくなるかも——。

 18〜30歳の健康な男女48人に、20ペアの単語を記憶してもらい、12時間後にペアをどれだけ覚えていられたか調べた。

 朝9時に記憶後ずっと起きたままでいて夜9時にテストする「覚醒(かくせい)組」と、夜9時に記憶後眠って朝9時にテストをする「睡眠組」に分けた。さらにそれぞれの組の半数の人には記憶後に、片方だけがテスト対象とは違う20ペアの単語を見せて、記憶を妨害した。

 妨害のない場合で、睡眠組の成績は覚醒組より12%ほどよかった。妨害した場合では、睡眠組の成績は覚醒組を44%も上回っていたという。

 同大のジェフリー・エレンボーゲン博士は「睡眠障害があると、認知症の記憶障害などを悪化させる恐れがある」と指摘している。

考え事

このブログは誰のためのものか…?

できる限り多くの人のためのブログにしようと思うけれど、なかなかそのように持っていくのは難しい…。
ここにブログをやっていく難しさがあるように思う。

ただ単に個人的な日記ではなく、ブログというのは“人に見せる”ということを前提に書いているものなのだから、その質は清少納言の『枕草子』に近いのではないかと思う。

だから、いち個人の日常をつらつらと書き連ねていくだけではなく、個人の日常から抽出できるエッセンスが多くの人々と共有できるものであればなぁ…とふと考えてみたりする。

たかがブログ…、されどブログ。

ブログだからといって軽んじてはいけないんだと思う。
これからはもう少しブログに力を入れて、それこそ四六時中ブログのことを考えているくらいにならなければならないかな、と心がけてみよう。

テクノラティ タグ :

GWがあけました。

GWが終わりました。

いつもGWというと、どこにも行くわけではないのですが、今年のGWは風邪を引いてしまったために本当にどこにも行くことができませんでした。
そして、体が健康体であれば、レイ・クロックの自伝やPythonの勉強をするつもりだったのですが、熱を出したり、喉や鼻水・鼻づまりを抱えた体にはそれだけのことをするのはちと酷でした。その結果、実際にできたのは以下のこと。
  • 読書:『「手帳ブログ」のススメ』、『ライフハックのつくり方』
  • 自作PCのメインテナンス(といっても、ふたを開けて掃除機をかけただけ)
こんな感じです。まぁ、病人にしてはよくできた方かもしれませんが、本来であればこれの2倍はやっておく予定でした。

さて、ここで反省。

以前勤めていた会社の社長が座右の銘のごとく言っていたことですが、

『健康管理は社会人の基本だ』

をつくづく痛感。まぁ、社会人でなくとも学生であろうとなんであろうと、健康第一。何をやるにも体の調子が悪ければ何にもできないわけです。

で、なぜ私が風邪なんかを引いたかを考えてみる。

まず、風邪を引くには免疫力が落ちているところにばい菌だかバクテリアなんかが体内に入ってきて、それで体内でそれを排出しようとするために白血球が活動を始めて、それによって炎症反応が起きる。それによって発熱が起こり、そのあとは喉が痛くなったり、鼻水が出たりするんだけど、そこからあとはもうどうなるかは分かってる。

問題は

なぜ免疫力が低下してしまったのか?

だ。

兆候は先々週から表れていたので、そのあたりが怪しいかと。
思えば、重い荷物を担いで待ちなかをうろうろと歩き回り、そして、そのあとジムに行ってひと汗かいて、さらにその重い荷物を持って家に帰った日があるなぁ。あの日はとにかくひどかった。思い出すだけでも頭がクラクラする。おそらくこの日に精も根も尽き果てそうな感じだったので、それで免疫力が著しく低下したのだろう。それによって、何気ないばい菌とかで一気に風邪を引いてしまった、というわけなのだろう。

明日から通常業務。GW明けだからって休みボケをかますわけにはいきません。

2007年5月6日日曜日

Googleに鯉のぼり


今となっては縁のない日ですが、今日は『こどもの日』でした。
ま、子供がいれば『こどもの日』にもそれなりに縁があるのでしょうけれど、子供はいないのでただの祝日でしかありません。少なくともいまのところ…。

ところで、最近鯉のぼりを見なくなりました。

自分が子供の頃なんかはあちこちで鯉のぼりが上がっているのを見ましたけれど、最近は鯉のぼりを上げないのでしょうか?そういう自分の家では昔から鯉のぼりを上げる習慣はありませんでしたけど…。

これは大人たちの都合によって、子供たちが自然なスピードよりも遥かに速いスピードで大人であることを要求されている時代になっていることを示していることなんでしょうか。子供から子供らしさを奪ってしまい、大人の都合に合わせて“大人らしく”振る舞うことを強要する。子供はなんでも吸収するスポンジのようなもんですから、大人がこうしろという要求を簡単にこなしてしまうでしょう。そこに多少の駄々をこねたりすることはあっても…。
振る舞いは大人であっても、メンタルな部分は子供のままです。
ここが問題であって、子供のままのメンタリティーとは純朴でありながらも、ある意味、それは未開であり、モラルや世の中の決まりみたいなところを理解していないんではないかと思います。

安直な論理ですが、だから犯罪の低年齢化なんかが起こるんではないか?

と簡単に考えてしまうわけです。

ここのところの日本人は、どこへ向かっているのか分からず、とにかく誰かが提示するトレンドに大人も子供もついていく、というようなものであり、個々の人々のオリジナリティが育つ素地がよくないんじゃないかと思います。学校では“ゆとり教育”なんてありましたが、学校ではなく、この日本の社会にこそ、“ゆとり”が必要なんじゃないかと思います…。

なんだか、うまくまとまらないなぁ…。

テクノラティ タグ :

2007年5月5日土曜日

合併交渉、進展なく終了 MSとヤフー、米紙報道

今日知ったのですが、MSとYahoo!が合併交渉をしていたんですね。
しかし、それも進展なく終了してしまいそうです。

そもそも、こんな記事が出ているのですから…
交渉断念の理由ははっきりしないが、同紙は関係者の話として、ヤフーの創業者ら経営トップがMSに悪感情を持っていると伝えていた。

まぁ、なんとなくわかりそうな気もしますが、目の上のGoogleよりも目の前のMSに嫌気が指しているところなのでしょう。

しかし、今回の騒動(?)で明らかにWeb世界の巨人がGoogleである、ということが揺るぎないものになりました。Yahoo!もMSも巨大化しつつGoogleに対し、危機感を抱いているのは当たり前の事実です。

実際に自分自身のWeb利用を考えたとき、かつてはYahoo!を利用することが多かったのですが、今ではすっかりGoogle一辺倒です。MS Officeがなくとも、Google Doc&Spreadsheetがあるので、それでほとんどの書類作成は済ませられますし、何よりもOS依存のアプリではなく、Web依存のアプリであることにより、OSのプラットフォームを選ぶことなく作成することができるところが素晴らしいところだと思います。私は仕事ではPCを使いますが、プライベートではMacなので、まさにこうした人たちにとってはGoogle Doc&Spreadsheetは素晴らしいものじゃないのでしょうか?もちろん、マシンを選ばないということだけでなく、場所を選ばないということも利点に上げておくべきでしょう。Web上(正確にはGoogleのサーバー)にデータがあるので、例えば、ネットカフェでも作業を続けられるというわけです。

Google Doc&Spreadsheetのことばかりになってしまいましたが、このBloggerだってGoogleのサービスのひとつですね。

さて、Googleが『現代の知』だけでなく、『人類の知』を集約しつつある今、何かを学習しようとするとき、Googleさえあればなんだって学習できてしまうような時代がいずれやってくるんでしょうね。

合併交渉、進展なく終了 MSとヤフー、米紙報道
2007年5月5日 20時28分
 【ニューヨーク5日共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は4日、ソフトウエア最大手の米マイクロソフト(MS)と米インターネット検索大手ヤフーが合併交渉に乗り出したものの、事実上進展がないまま同日までに終了した、と報じた。
 同紙によると、両社は広告分野で急成長するネット検索大手グーグルの存在感が以前よりも格段に大きくなっていることから、競争力向上を目指して関係強化について話し合いを始めたとしている。
 交渉断念の理由ははっきりしないが、同紙は関係者の話として、ヤフーの創業者ら経営トップがMSに悪感情を持っていると伝えていた。
 ウォールストリート・ジャーナルは4日午前に両社の合併交渉入りを報道。ニューヨーク株式市場では有名企業同士の大型の合併・買収(M&A)案件として好感され、相場全体を押し上げる要因となったが、同日午後に一転、交渉には「もはや動きがない」と伝えた

2007年5月4日金曜日

Creative、iPod shuffle対抗の「40ドル」プレーヤー


Creative、iPod shuffle対抗の「40ドル」プレーヤー

ここにきて、強力(?)なiPod shuffleの対抗馬の登場です。

iPod shuffleが米ドルで$99なのに対し、このCreativeの発表したプレーヤーは$40というから驚きです。

色の展開としてはiPod shuffleが5色なのに対し、このプレーヤーは6色。ちょっとだけ選べる範囲が増えていいかもしれませんね。

このピンクなんか、女の子に人気がありそうな気がするのは気のせいでしょうか…?

この角が取れて丸みを帯びた感じが女の子受けそうな気もしないでもないような…。

ちなみに、スキンやアームバンド、キーチェーンケースなども発売されるということです。

値段も手頃ですし、1Gもあればそれなりに満足のいくプレーヤーになりそうですね。
ひょっとすると、街中でこれを下げている人をちらほら見かけるようになるかもしれません。

テクノラティ タグ :

2007年5月3日木曜日

友達をつくる6つの方法


子供のころは友達なんて勝手にできるもんだと思っていたけれど、歳を重ねるごとにそれは過ちだということに気づかされた。今では『友達』と呼べる人間なんてほんの一握り。しかも、“スープの冷めない距離”にはおろか、新幹線で行かなければならないくらいの所に住んでいるのが私の友達。

そこで、大人でもできる友達のつくり方をネット上で探してみた。

元ネタはこちら
  1. パックツアーに参加しよう。居心地のいい場所でない方が、人々はより簡単に親しくなれるものだから。ふたつとない思い出を共有することにより、即座にグループを作ることができる。
  2. 熱中するものについてのクラスを取ってみる。強い情熱は感染するものだ。
  3. 犬を飼う(ペットは心臓にも良いのだ)。そして、近所のドッグパークに毎朝顔を出してみる。人は自分のわんこについて語りたいものだ。
  4. 近所に住んでいる、高校や大学の古い友人を探してみる。そして、交友関係が再開できるか探ってみる。
  5. 新鮮な目でまわりの人間、たとえば、同僚、同級生、ジムのお姉さん、といった挨拶を交わしたりする人々を見てみよう。もし自分が目立っている方なら、「こんにちは」と声をかけてみよう。これを数ヶ月間続けていれば、彼らと会話をすることができるだろう。
  6. スマイル。
翻訳は自分でやってみましたが、ざっとこんなもんです。

ん〜、どうかなぁ…。
1については、職業柄なかなか旅行には行かれんしなぁ…。
2もちょっと難しいか…。
3のペットについては、コーギーを飼ってるので使えるかも!?
4の旧友を探すというもの、これ、実は昨日中学生のころの同級生に飲み会に誘われたのだけれど、風邪がやっと治りかけのこの体にはちょっと厳しいと思ったのでパスした…。でも、またチャンスはあるような気がする。
5もジムには週1くらいしか行けないけれど、なんとか挨拶を交わして仲良くなる努力を続けてみるか…。
そして、自分に足りないものは6なのか…。笑ってるかなぁ…?素敵な笑顔ができるように、アイドルばりの表情筋を鍛えよう。

友達をつくるのにはそれなりの投資が必要だってことですね。
子供のころみたいに勝手にできたりしません…。
っていうか、子供は無邪気だからすぐに友達になれたんだよなぁ、きっと。

テクノラティ タグ :

2007年5月2日水曜日

98/Meは使うな、どうしても使うならネットワークにつなぐな

突然ですが、うちの仕事ではもう10年前以上のOS、つまりWindows98SEがメインで活躍しています。

MicrosoftがWindows98SEやMeのサポートを打ち切ったのは承知のところです。

Microsoftに限らず、どこの会社でも古い製品に対してのサポートをいつかは打ち切るのは納得のいくところです。しかし、Win98SEなんかはMeに比べてバリバリに活躍しているOSだと思います。実際にあちこちでちょこちょこ使われているのを見ますよ。

ま、今さら文句を言ったって、後の祭り。
どうしようにもありません。

そこで、Win98SE/Meは使うなと言われた場合、こちらが対処する方法はこんなもんなんでしょうか?

データはクライアントからメールにて送られてくるので、メールクライアント(メールソフト)はセキュリティをしっかりするためにThunderbirdを用い、OSはとりあえず新しいのものにする。個人的にはMac OS Xがいいのだけれど、この際、百歩譲ってWinXPでもいい(Vistaは基本的に要らない)。ま、今回はシュミレーションということでMac OS Xを使用することにしよう(これには実はワケがある)。

Macを使う理由は、プレビューというアプリケーションがあるからである。
これはPDFやIllustratorやEPSデータを閲覧するのに、非常に動作の軽いソフトだからなんです。

さて、メールクライアントの入っているマシンから、データを実際の作業を行うWin98SEを搭載したマシンへ転送する。このときネットワーク構築しないわけにはいかないので、やはりデータを移す際にデータのウィルスチェックを行うべきか…。

そして、Win98SEマシンへデータを移したあと、データの加工、つまり作業を行う。
完成したデータはセキュリティのことを考慮してNASあたりを導入してそこで保管しよう。

とまぁ、こんな感じになるのかな?

いちばんいいのは、Win98SEなんかをOSとして必要としないアプリを使うことなのだけれど、それもなぁ…。いまのアプリは非常に使いやすくて捨てがたいんだよなぁ。染色業というのに特化されているものなのだろうか…?

テクノラティ タグ :

iGoogleとは…

Googleのパーソナライズドホームがその名称を変えて、iGoogleとなりました。

このタイミングで下記のような変更もなされています。
  • パーソナライズドホーム向けのテーマ選択
  • プログラミングの知識なしで自分オリジナルのGoogle Gadgetを作成
  • iGoogleサービスの提供地域をトータルで40カ国までに拡大

Googleはいつもいきなりこういう発表をやるので最初はびっくりしますが、やっぱりこういうところがGoogleたる所以なんでしょうね。

ところで、頭に『i』がつくものが増えましたよね。
最初はやっぱりiMacから始まったんでしょうか…。
そして、iMac関連のグッズからiの使用が始まり、そして、iBook、iPod…と流れが作られて行っているような気がするのは、私がアップルびいきだからでしょうか…?

テクノラティ タグ :

2007年5月1日火曜日

やりたいことはたくさんあるんだけど…

やりたいことはたくさんある。

医学部入試ができなくなってから、しばらくの間、頭の中にぽっかりと穴が空いてしまった時期があったけれど、今ではその穴を別の目標が埋め尽くし始めている。

たとえば、DTPのスキルと知識を身につけたい。
これはどちらかといえば、今の仕事に直結するものになるのだろう。
そして、それらのスキルの上にWeb関連の知識&スキル。
これは自分が『起業』をしたいと考えているから。
『起業』とひと言に言っても、いったいどういうものをしようかということはまだ考えてない。
まったく案がないのである。でも、ニッチを狙うも良し、DreamWeaverなんかを使ってWebサイト制作に携わるのも良し。どちらにせよ、IT長者になるつもりはないけれど、自分の会社というものを起こしてみたいとは思う。

それから、医師にはなれなくとも臨床心理士にはなりたいと思う。
それは私が心理学をやっていたからであって、しかも、臨床の場で人の役に立ちたいと考えているから。
医師になるのには少なくとも4年の医学部があり、それから2年の研修期間がある。
しかし、臨床心理士に関しては(少なくとも今のところ)2年で臨床心理士試験の受験資格を得られる。そして、臨床心理士試験に合格すれば、それで臨床心理士になれるわけだけれども、そこからは医師と同じだろう。研修期間はいまのところないのだろうけれど、そのうち設けられるかもしれないし、試験にパスしたからって即、立派な心理士の仕事ができるわけじゃない。

とにかく、2つのものが今の自分の目標だ。
Web制作の起業。そして、臨床心理士。
ひょっとするとどちらもかなわないものかもしれないが、目標とする以上、それは実現するつもりだ。
いま、三十路に入ったばかりだから、30代のうちにはなんとか形にしたい。
臨床心理士の指定大学院には30代後半に入学かなぁ…。

いや、それ以前にいまの仕事をどうするかが問題だ。
そして、自分に確固たるスキルを身につけさせなければ。
英語が話せるだけでは意味がないのだ。英語を使って何か別のことができるようにならなければ…。
ボランティア通訳だってかまわない。何か人の役に立てるように英語は持って行かなくては。

とにかく、いま一番肝心なのはお金儲けかな。
先立つものは不可欠ですからね。

風邪かな?

喉が痛いであります。

鼻水もなんだかひっきりなしに出てくる。

これって、ひょっとして風邪!?

いったいどうして!?

疲れからきてるんだろうか?

週が始まったばかりだというのに、これでは困ります、ハイ。

Zenback