2007年10月30日火曜日

2足歩行でバックする犬

すごいです!!

これって、教えるのかなり大変だったんではないでしょうか?



大したわんちゃんです。
何度も見ていると、なんだか顔だけが犬の人間に見えてきました…www

テクノラティ タグ :

『GR DIGITAL II』発表

つい先日、RICOHのGR DIGITALの製造が終わりましたが、それは次なるGR DIGITALの発表の序章だったのですね。

そんなわけで、11月22日にRICOHからGR DIGITAL IIが発売されることになりました。
リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」の後継モデル「GR DIGITAL II」を11月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。
私がデジタル一眼レフと購入を散々迷ったのがGR DIGITALでしたから、こうして新作が出るとやっぱり欲しくなるものですね。

そんな私はまさに物欲番長…(汗

デジタル一眼レフを手に入れたいま、コンパクト機が欲しくなるのは自然な流れで、このGR DIGITAL IIは『欲しいものリスト』の先頭にあります。しかし、D80からLeopardとかなりの出費をしてしまったので、新作GR DIGITALの購入は当分先のことになりそうですね。

気になるその性能ですが、旧GR DIGITALで問題だった部分が改善されているようです。
2005年10月に発売したGR DIGITALと同じレンズの採用や、ほとんど変わらないボディデザインなど、GR DIGITALの多くのコンセプトを継承した。一方で、RAW撮影時の処理時間やレンズの動作音など従来の不満点を改善している。
来年になったら買おうっと。

テクノラティ タグ :

2007年10月29日月曜日

メロンパンのうた

YouTubeをチェックしていたら、思わず吹き出してしまった動画がコレ。



…素直な歌です。

この歌に関するコメントに、
ウグイスパンにはウグイスが入ってない。
フランスパンにはフランスが入ってない。
とかありますが、言い出したらキリがないでしょうね。

テクノラティ タグ :

2007年10月27日土曜日

禁煙のススメ

私はかつて喫煙者でしたが、大学での勉強が忙しくてタバコを吸うのがめんどくさくなってやめた人間です。

思えば、とんでもないめんどくさがりですが…(汗)

そんな私が見て、

「ああ、タバコやめといてよかった…」

と思える動画がこれです


Do You Smoke? U Got To Watch This... - Click here for more blooper videos
GIGAZINEさんのところにアップされていました

たった1本でこれだけ汚れるのだから、日に20本以上吸うようなヘビースモーカーの方は…。

テクノラティ タグ :

2007年10月26日金曜日

カッコいいiPod touchのCM

cult of macで素晴らしくカッコいいiPod touchのCMがアップされていました。
Student’s Ad Gets a Remake, and Makes the Big Time - New York Times



これは18歳の学生が作ったものだそうです。

すごくいい出来。

ホンモノのCMとして採用してもいいんじゃないかな?

テクノラティ タグ :

Leoprad、インストールしました。

Apple Online StoreでLeopardを購入された方の中には、Leopardが午前中に届いた方もいるようですね。

私は一般の購入者と同じように、18時以降にクロネコでLeopardが届きました。

それでは、そのインストールレポートです。



待ちわびたMacOS X Leopard。ついにこの手に…。
早速、インストール開始です。











インストール完了です.

ただいま、Time Machineのバックアップ中です。

safari等を使った印象では、Tigerのときよりなんだか速くなったような気がします。
あと、UIですが、これはTigerのデザインを踏まえているものの、そのデザインに磨きがかかったという感じでしょうか。
特に、このDockの部分なんか芸が細かいと思いませんか!?

そして、LeopardにアップグレードしたのでWallpaerをAquaからAuroraに変更しました。
Leopardの持つ、あの宇宙感のあるWallpaperです。


Time Machineのバックアップの最中なので、余計なものが映ってますが、これがAuroraです。

バックアップ、しばらく時間がかかりそうです…。

テクノラティ タグ :

熱が出た。

39℃も熱が出ました。

子供のころに肺炎を患って以来、熱が出るときは決まって39℃越えをします。

いまは解熱剤のおかげで落ち着いていますが、その効果がきれるとまた熱がぶり返すので、今日は1日安静にしておきます。

あ、しかし、今日はLeopardの発売日!!

Apple Online Storeで買ったLeopardがやってくる日です。

レポートせねば…。

2007年10月24日水曜日

iTunesにLed Zeppelinがやって来た!!

いつになったらiTunesに彼らがやってくるのかと、首を長くして待っていましたらついにやって来ましたよ、彼らが!!

そう、Led Zeppelin!!


2007年9月6日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、レッド・ツェッペリンの全ディスコグラプィーを含むスペシャルデジタルボックスセット、“The Complete Led Zeppelin” (コンプリート・レッド・ツェッペリン)の予約販売が、iTunes® Store (www.itunes.com)限定で始まったことを発表しました。“The Complete Led Zeppelin” (コンプリート・レッド・ツェッペリン)は、彼らのキャリアを回顧する新しいアルバム“Mothership” (マザーシップ〜レッド・ツェッペリン・ベスト)を含む、この伝説的なグループのアルバム全13枚の165曲を集めたもので、わずか14,000円で提供されます。
14,000円かぁ〜。Nikon D80買って、Leopardを買って、さらにこの『The Complete Led Zeppelin』を購入するとなると結構な出費になります…(汗

う〜ん、どうしよう…。

ええい、買っちゃえ〜!!

といけたのはLeopardのとき。今回はちょっと悩みそうです…。

しかし、Led Zeppelinは私の青春時代(といってもリアルタイムではもちろん聞いてませんが…)を彩るバンドの1つです。そりゃもうなんたって、ジミー・ペイジのリフのカッコいいこと!!

いまでも"Whole Lotta Love"なんかは、ちょこちょこ弾いてしまいます(ヘタクソですが…)。



テクノラティ タグ :

2007年10月23日火曜日

書評:『考える日々』

私はその昔、哲学者になりたかった時期があった。

しかし、親を含め、多くの人から

「哲学ではメシは食えないからやめとけ」

と言われた。

いま、思い返すとそれはその通りだと思ってしまう…。
なかなか哲学ではメシは食えないのだ。

しかし、『考える日々』の著者である池田晶子氏はどっこい哲学でメシを食っている。



これを読んでいて、ふと思った。

「哲学者とはなんと理屈っぽい生き物なのか…!!」

ということ。
かねてより私は、「人間」という語に、いかなる意味も見出せたことがない。いやむしろ、人が語「人間」に与えている過剰もしくは不明瞭な意味、それが常に不審であったために、未だに考え続けていると言ってもいい。(『考える日々III』より)
こういう好戦的な文章を書くのが哲学なのか?と、私はふと思ってしまった。いや、これを好戦的と取るか否かは読み手次第なのであるけれど、この理詰めの考え方に私はつい辟易してしまった。別の言い方をすれば、ただ単に揚げ足を取っている、というふうに私は受け止めた。

そもそも、
かねてより私は、「人間」という語に、いかなる意味も見出せたことがない。
なんてわけがない。それでは、この池田女史は生まれたときから聡明な哲学的思想を持っていたのか?人間というものは、所詮、人間だろう?私は素直にそう思う。

しかし、そう言いながらも彼女の言っていることも分かる。

「人間らしく」とか「人間的に」とか「人間として」とかいう場合、それは「人間」という言葉が勝手に「優しさ」だとか「思慮深い」だとか「分別のある」だとかいう意味を持ってしまう。したがって、「人間」という言葉は本当に不明瞭な言葉であり、その使い方によってはどうとでも取れるようなあやふやな感じが筆者は許せないのだろう。それは以下のくだりで明らかである。
「感情豊か」の意では、肯定的にこの語を用いていた人が、自身の感情的な振舞については、「人間ですからねえ」と逃げを打つ。時と場合によってどうとでもなる、この恣意性が、気に入らない。
この考え方には私も賛同する。
「人間だから」って言って、物事を収められては困る場合があるからだ。

そもそも、「人間として」という場合の「人間」と「人間だから」の「人間」というのは、同語であって同義ではない。

私はこのブログであんまり事件ものなどを取り上げたくはないのだけれど、光市の母子殺害事件について池田女史を真似ると以下のような言い方になる。

犯人である元少年は「人間ではない」と。そもそも、「人間として」つまり「倫理的に」あるまじき行為をしたのだから、彼は「人間ではない」。しかし、もう一方の「人間」という言葉を使用すれば、彼は「人間だから」ああいうことをした。つまり、人間とは「過ちを犯すもの」というふうに捉えている。これが池田女史の言う、“この恣意性が、気に入らない”ということである。

私はあんまり理屈っぽいのは好きではないけれども、言葉ひとつをとってみても、深く考えるべきだなということをこの本から学んだような気がする。

テクノラティ タグ :

2007年10月22日月曜日

書評:『ダカフェ日記』



私のお気に入りのブログに、ダカフェ日記があります。

本の帯にもありましたが、

夫婦ふたり、子供ふたりと犬一匹。どこにでもいそうな、ある家族の日常。
何気ないけどうれしくて、楽しくて、美しい。そんな瞬間を父親のカメラは写し出す。
というコピーが本当によく似合います。

そのブログが書籍になった、ということで購入です。

しかし、初版が発売されたのは7月なんですね。
今回購入したのはなんと第4版!!

ブログを書籍化したものは数知れど、このダカフェ日記はほんとうに素敵な1冊です。

私はまだ未婚ですが、結婚したらこんな家族にしたいなぁと思わせてくれます。

テクノラティ タグ :

2007年10月21日日曜日

たかはしお城まつりに行ってきました。

今日は天気も良く、

「写真を撮影するにはもってこいの日だ!」


ということで、地元にあるお城にのぼってきました。

しかし、道の途中からどうも人や車の量が多い。なぜだ?と考えながらお城への道を行くと、なんと今日は「たかはしお城まつり」の日だったようです。

このお祭り、いつから始まったのかは知りませんが、私の限り、去年はありました。

そんなわけで、途中から山道を1Kmほど歩いてお城に向かいました。


山頂に向かうにつれ、樹々が紅葉しているのを見ると、山のいただきの方がやっぱり気温差が激しいのだろうな、と思いました。


10分ほど歩くとようやくお城に着きました。

思えば、この松山城に最後にのぼったのは、自分がまだ子どもだった頃のように思います。

あの頃は本当に山の中をせっせとのぼりながら自然のすごさを思ったものでした。
子どもの頃は山頂(山頂にお城があるんです!)に着くのがすごく時間のかかるものだと思えたのに、いまはほんの十数分で着いてしまうのだから、体が大きくなると感じ方もずいぶん変わるものだなぁ、と思いました。


で、山頂に着いてまず目に入ったのが忍者姿の幼い子どもを連れた多くの家族連れ。
これはついさっきまで、ビッチュマンという地元のヒーローのショーがあったんですね。
よくは知らないのですが、このビッチュマン、備中高梁の子どもたちにはかなりの人気で、黒い忍者装束を着た小ちゃい男の子が

「高梁のヒーロー、ビッチュマン参上!!」

と叫んで遊んでいたくらいですから、ちょっとした人気だと思います。
右の写真に写っているのが、そのビッチュマンです。

ちなみに、ビッチュマンにはちゃんと敵がいて、邪心ジョーカーを頭とする邪心党がそれ。人間の持つ悪のこころが彼らを生み出したそうです…。人のこころにはいつだって善と悪が存在していますからね。

そして、おそらく私が山頂にたどり着く直前には、Bachicco!というアイドルグループがイベントをしていたようでした。ちょうどファンの人たちが彼女たちにサインをもらっているところでした。
Bachicco!のHPはこちら
ポイチョ!という番組を見たことがあるので、Bachicco!というアイドルグループの存在を知っていましたが、こんな間近で見たのは初めてでした。
最初はすごくかわいい子ばかりがおそろいの制服(?)を着ていて、「なんだろうな?」と思ったのですが、CDを販売しているところを見ると、どうやらアイドルだなということが分かり、誰かが“ポイチョ”という言葉を発したことで、

「この娘たちがBachicco!なんだ!!」


と合点がいきました。

残念ながら彼女たちの写真はありませんが…。
撮ることは撮ったのですが、どれも自分的にはボツ。
とてもじゃないけど、人に見せるような写真ではなかったので、すぐに(デスクトップの)ゴミ箱に捨てちゃいました。

しかし、やっぱりモデルがかわいかったり、きれいだったりすると、フォトグラファーの“いい写真を撮ってやろう!”という情熱がすこぶる湧いてきますね。

そんなわけで、今日はたかはしお城まつりに行ってきました。

2007年10月20日土曜日

海外ドラマ『Heroes』

ついこの間からSuper!dramaTVにて始まった、海外ドラマ『Heroes』にハマっています。

このドラマは特殊な能力を持った人々を描いたもので、中でも特筆なのがマシ・オカ演ずるヒロ・ナカムラです。

彼の持つ能力は時空を飛び越えたり、時間を止めたりするという、第3部『ジョジョの奇妙な冒険』でいうところのディオのスタンド、“ザ・ワールド”ですね。

ヒロ・ナカムラのキャラはかなりのマンガヲタクで、劇中でもやたらのマンガのことにふれることが多いです。

まだ開始して3話しか放映していませんが、本国アメリカではシーズン2に入っています。

この先、いったいどういう展開になっていくのかが楽しみです。

テクノラティ タグ :

2007年10月19日金曜日

小さい秋見つけた〜♪


岡山県の場所によっては、こんなにも紅葉している場所があるんですね。

それとも、この葉っぱはもともとこういう色なのでしょうか…。

テクノラティ タグ :

2007年10月18日木曜日

書評;『いつまでもデブと思うなよ』

世間で評判になっている、あの新書を購入。

そうです、岡田斗司夫氏の『いつまでもデブと思うなよ』です。



結構読みやすい本なので、一気に第四章まで読みました。

ここまでは主に、見た目がいかに現代では重要視されているかを説き、さらにレコーディング・ダイエットの実践について語ってくれています。とにかく、自分がその日に食べたものをすべてメモに書き出していくので、私も早速実行に移しました。

これが今日の私が食べたものすべてです。
  • チョコシリアル+牛乳、チョコ1粒、コーヒー1杯(朝食)
  • コーヒーS1杯、クリームチーズ入りクロワッサン(@Tully's Coffee)
  • ぶっかけきしめん、焼たらこおにぎり、コーラ500ml、くんせい玉子1個(コンビニ)
  • モンブラン、1/2プリンタルト、アイスティー(喫茶店)
  • 豚汁1杯、ご飯1膳、コロッケ1個、うにのり適宜(晩ご飯)
結構食べていますね…(汗

これなら間違いなく太るようなもんです。
岡田氏も書かれていましたが、太っている人は毎日その体型を維持するためにそれなりの食事をしているというもの。私も自分が食べたものを書き出してみると、結構愕然とするものがありました…。
しかし、これはまだ1日目のものなので、まだまだ次のPhaseへ移るわけにはいきません。少なくとも2週間くらいは自分の食生活を分析して、その後のレコーディング・ダイエットにつなげていきたいと思います。

2007年10月16日火曜日

ついさっき、Leopard購入しました。

新しく更新されたAppleのHPを見ていたら、どうにも購買欲を刺激され、買っちゃいましたよ、MacOS X Leopard。

あ〜、Appleさん、うまいことやったね。

で、Leopardが到着するのはおそらく今月26日の午前中かな?

到着しましたら、インストールしているところをブログにアップしようかと考えています。

もちろん、動画ではなく、写真で更新させてもらいますが…。


14,800円かぁ…。


しかし、D80を購入したのに次いで、高い買い物になったなぁ。

テクノラティ タグ :

MacOS X Leopardは10月26日発売


Appleから次期MacOS XのLeopardの発売日が公式に発表されました。

先のブログにも書いたように、10月26日。

この発表にともなってか、AppleのMacOS X Leopardのページも更新されていますね。
そのページでは、Leopard発売まであと何時間…とカウントダウンされています。


さて、MacOS Xが新しくなるのなら、MacOS X ServerもLeopardになります。そのことも公式に発表されています。



自分的にはServerは関係ないですが、Leopardをどのタイミングで購入すべてか迷っているところです…。
いっそのこと、Macを買い直してしまうか、いまのMacBookにLeopardを搭載するか…。
まぁ、十中八九、後者の方になると思いますけどね…。

でも、PCからMacにスイッチする人は、Leopard搭載のMacが発表されてから購入された方がいいでしょうね。
もちろん、10月26日にはLeopardが搭載されているMacBookあたりが発表されるに違いないでしょうけどね。

テクノラティ タグ :

2007年10月14日日曜日

ガンダム00のOPとEDを入れ替えてみると…

ガンダム00のOPとEDを入れ替えてみると、これが絶妙に合うんですよね。

ひょっとして、スタッフの人が間違えちゃったのか?



テクノラティ タグ :

機動戦士ガンダム00ネタ

『機動戦士ガンダム00』の劇中で、ガンダムエクシアをはじめとするガンダム群が発する光の粒子は、てっきりミノフスキー粒子とばかり思ってましたが、あれはGN粒子というものなんですね。

ここで「GN粒子とはなんぞや」、「ミノフスキー粒子って何?」という方のために、ここに説明を書いておきましょう。
GNドライヴから発生するGN粒子により、無限に近いエネルギーと、驚異的な機動性能を実現している。また、空間に放出されたGN粒子は、電波障害を引き起こし、通信、及び通常レーダーの使用を不可能にする。


まぁ、何でもありな物質ということですな…。

そして、ミノフスキー粒子に関しては、はてなによる説明があるのでそれを参照しておきます。

機能としては、ミノフスキー粒子もGN粒子もよく似ているんですね。

しかし、ガンダム00の設定はちょっと『機動戦士ガンダムSEED Destiny』における、アークエンジェル対それ以外の軍勢という図式になんとなく似ているような気がします…。しかし、『機動戦士ガンダムSEED Destiny』みたいにガンダム00は話がおかしくならなさそう。

テクノラティ タグ :

犬でも使えるiPod touch



まだiPod touchを持ってないLycosです。

驚愕の動画がありました!!

犬でも使えるiPod touch!!

The Secret Diary of Steve Jobsで公開されていました。

iPod touchを購入したら、うちのわんこにも試させてみたいです。

しかし、ちゃんと保護シールをタップする面に貼っておかないと、肉球があるといえど、タップ面が傷だらけになっちゃいそうですからね。

テクノラティ タグ :

2007年10月12日金曜日

Leopard発表は10月26日?

最近、Mac関係のことを書いていないので、予定では今月発表されるはずの次期MacOS XのLeopardについてちょこっとだけ書いておこうと思います。

Macを使ってらっしゃる方々はもちろん、PCからMacにスイッチしようと考えてらっしゃる方々が、この10月に関心を寄せているのは次期OSのLeopardのはず。

特に、Macにスイッチしようと考えている方々の中で、TigerからLeopardにOSが完全移行したMacが発表されてから、Macを購入しようと方々は結構多いはず。

はてさて、Leopard搭載のMacがいつ出るのかは分からないとしても、その次期OSLeopardは今月の26日に発表されるという噂があります。

これはかなり信憑性がありますよね。だって、10月ももう半分終わったようなもんですからね。

そうなると、10月最後の金曜日にLeopardの発表があってもおかしくない。

ちなみに、Amazon.co.jpでLeopardは予約注文はまだできない段階ですけど、予約注文できるようになったら教えてくれるようにはなってますよ。

テクノラティ タグ :

後継者として考えること

今日は仕事関係で、とある会合に顔を出してきました。

私が『仕事関係』という場合、それはほとんど私の悩みを反映しているんですよね。
『仕事関係』において、私が何を悩んでいるかと言えば、これから自分がしていかなければならない経営という課題。

つい1年前まで医学部を目指していた自分が、父親の体調急変のために急遽、家業を手伝うことに…(この辺のことは何度も書きましたね)。そして、最初はただの手伝いだったのが、いまでは専務取締役に…。
そして、皆が次期社長と声を揃える。
そう、それは決して否定できないし、それこそ明日にでも自分は社長になってしまうかもしれないのだ…。

しかし、自分の肩書きが急激な変化を遂げているのに対し、自分自身の中身はあんまり変化を遂げていない。
もちろん、なんとか中身が肩書きに追いつくように毎日勉強しているのだけれど、“経験”というものだけは完全に不足している。

その“経験”という不足しているものを帳消しにしてくれるものがあるとしたら、それは卓越した経営力、もしくは、リーダーシップだと思うんです。その卓越した経営力やリーダーシップを自分の中に育てて行くために、その“とある会合”に参加してきたわけです(前置きが長くなりましたが…)。

そして、今日の会合で完全に分かったことがひとつ。

自分と同じような悩みを抱えている人は、何人も存在するということ。

もちろん、それ以外にも分かったことや感じたことはあるのだけれど、I'm not alone.という真実は心強い。

これからの私の課題は、私の(会社の)経営理念あるいは社是を作ること。
それはすごく大切なことなのだけれど、案外忘られがちなことなのかもしれない。
サラリーマンをしていれば、理念や社是は会社から“与えられるもの”であり、“自らつくり出すもの”ではなかっただろう。製造業をしているけれど、理念や社是をつくり出すということはかなり難しい…。

しかし、早くて数カ月後、遅くても来年の10月までにはちゃんとしたものをつくっていたいなぁ。

テクノラティ タグ :

2007年10月10日水曜日

結婚式に行ってきました。

今日は友人の結婚式に行ってきました。

まぁ、自分くらいの歳になると周りはほとんど家庭持ち、もしくは、結婚をほいほいとしていきます。

プレッシャー?

ないとは言えませんが、結婚というものはタイミングがほとんどでしょうからね。
そのときが来るのを待ちます。

今日、結婚したお二人におめでとうございます!!

2007年10月8日月曜日

『機動戦士ガンダム00』を見た。

土曜日の話なんでいまさらな感じですが、これは一応アップしておかねば。



ついに始まりました、『機動戦士ガンダム00』!!

正直な話、第1話を見るまではあんまり期待していなかったんですが、見終えた後に「また見よう!!」という気持ちが湧いて来るのはなぜか…。

ちょっと面白そうなので、見て行くことにします。

というか、ガンダムならば見なければならないのですが…。

しかし、前作の『機動戦士ガンダムSEED Destiny』みたいなことにならないことを祈ります。

これから土曜日の午後6時はガンダムタイムです。

テクノラティ タグ :

2007年10月7日日曜日

脳を効率化させる10の方法

年を取ると記憶力が衰えてきたりしますよね。
でも、体の衰えには逆行できなくても、脳の衰えには逆行できるとの話もあります。
その方法が以下の10のものかもしれません。

元ネタはここ

  1. 学習:学習することは脳を刺激することの基本中の基本。これを怠ってはいけない。

  2. 栄養:脳は体重のたった2%の質量しか持たないが、私たちが摂取する酸素や栄養の20%以上を消費する。ジャンクフードばかり食べていると、脳が“ジャンク”になる。

  3. 運動:脳といえど、体の一部。運動すれば、神経細胞の増殖を促すことになる。

  4. 前向き思考:ストレスは神経細胞の新生を妨げる。前向き思考をもって、ストレスを吹き飛ばすべし。

  5. 挑戦する気持ち:兎角、新しい環境というものには慣れにくい。しかし、だからといって、それを避けていてはいけない。新しい環境にどんどん挑戦することで、脳は活性化する。

  6. 高い目標:たとえ学校を卒業しても、学ぶ気持ちを忘れてはならない。脳に限界はない。

  7. 冒険・旅行:新しい環境に身を置くと、否が応でも脳はその環境について学ばざるを得なくなる。どんどん冒険もしくは旅行をしよう。

  8. オリジナルである:メディアであったり、テレビのコメンテーターであったり、政治家、評論家であったり、彼らの言葉をそのまま引用するのは能力(脳力)の外注に過ぎない。自分自身の考えを発し、間違いを起こせ。そこから学ぶことは多い。

  9. 刺激的な友人関係:人間は“社交的動物”であるから、社交付き合いは不可欠。生まれながらにしてのアインシュタインは存在しないのだ。

  10. よく笑う:ユーモアをもって、辛いことも笑いに変えるべし。笑う角には福来たる。
とまぁ、オリジナルの文献を参考にしながら、自分なりにアレンジして訳を付けてみました。

でも、これを読んだからって脳がすぐに活性化するわけじゃないのであしからず…。
言うまでもなく、これら10の実践あるのみ

個人的には、冒険や旅行をする機会を増やしていきたいですね。

テクノラティ タグ :

多言後を操る少年の動画

元の動画はこのブログで見つけました。

年齢の頃は小学生にあがるくらいの頃なんではないでしょうか。

しかし、このインドの少年、実に多くの言語を話します。
もちろん、日本語も含まれています。
それでは動画の方をどうぞ。


Poor Kid Speaking Many Languages - Amazing - Funny bloopers are a click away

彼がこれだけの言語を話せる秘訣は、旅行者からそれぞれの言語を少しずつ学ぶ(真似る)ことだそうです。

外国語を習得したいと思うには、まず真似ることから始めるのがいいですね。

私も英会話の講師をしていた経験から言って、外国人講師もしくは日本人であっても講師の真似が上手い人は英語を習得するのが速いですね。

テクノラティ タグ :

スーツを購入しました。

ちょっとブログのネタに困ってしまったので、私の近況を報告です。

先日、スーツを洋服の○山で購入してきました。

普段、仕事ではスーツを着ないので、実はスーツは持ってないんです。もちろん、あるにはあるんですが、体型が著しく変わってしまったために、いまではそのスーツは全く着用できない…という有様です(涙)。

しかし、来週の木曜日に仕事関係でちょっとした出張会議に出なければならなくなったので、スーツを新調することになりました。最初はいつもの格好でいいかな、と思っていたんですが、他にいらっしゃられる方々が社長さんたちばかりなので、これはスーツを着なければならないだろう、ということに至ったわけです。まぁ、社会人として、ひとりの大人としての礼儀というかマナーですよね。


そこで、車で30分、洋服の○山に着きました。
お店で出迎えてくれた(担当してくれた)のは、後で分かったのですが、そこの店長さんでした。

「スーツをください」

私はそんな感じで、店長さんのお勧めするまま見ていった感じです…。

と、ここで気がついた事に、私は普段から全身カジュアルでキメているため、スニーカーは持っていても革靴というものをもっていません。ブーツはあるんですけど、スーツにブーツを合わせて会議に出席するほどの根性もないので(数年前までは持ち合わせていたのだけど…実際にやりました)、急遽、革靴を購入する事に…。

驚いたことに洋服の○山には、革靴なんてものも置いているんですね。
しかし、なかなか良質の革靴が置いてあるじゃないですか!?
私はてっきりスーツだけしか置いていないものとばかり思っていたのですが、スーツを買うならその他のビジネスに必要なものも購入する必要があるということで、スーツだけでなく、靴やカバンなんかも一緒に売っているんですね。

購入するスーツを決めた私は、ついでにその下に着るシャツを3枚も購入し、それに合わせてネクタイも新調。
どんだけ買うんだ?と自問しながらも、ないものはないのだから買う必要があるわけで、自分を説得させました。
しかし、私が英会話講師をしていたころはちゃんとスーツを着て授業していたので、シャツもネクタイもあるにはあるんです。中でもバーバリーのピンクのシャツとネクタイはお気に入りで、よく着ていたものです…。

しかし、いまはちょっと着ることができない。
それもこれも体型が著しく変わってしまったため!!

結局、お店でスーツを2着、シャツ3枚、ネクタイ3本、靴1足、ベルト1本と完全に上からしたまでそろえてしまいました…。まぁ、これから会議に参加することが増えていくだろうし、必要な出費だったことに間違いはありません。D80をジャパネットで購入していて良かった〜と胸を撫で下ろしましたよ。

来週の火曜日にスーツのズボンの裾直しができるので、もらいに行く予定です。

家族からは「馬子にも衣装」って言われそうですけど…。

2007年10月5日金曜日

Nikon D80による写真1枚目


先日購入したNikon D80で撮影した1枚目がこの写真です。

我が家の愛犬を撮ってみました。

シャワー後なので、ちょっと毛が濡れて束になっていますが、それよりもブレがひどい…。

すいません…、まだデジタル一眼レフになれていないもので…(汗

これから徐々に慣れていこうと思います。

まずは記念すべき1枚目でした。

2007年10月3日水曜日

書評:『図解へぇ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!』

例によって図書館で借りてきました。



今回の『図解へぇ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!』を借りるに至った経緯は、ちょっとうちの仕事(会社)をもっとよくしていこうか、と思ったため。

著者の小山政彦氏は(株)船井総研の社長さん。
その肩書きにはスーパーコンサルタントの文字が…。
ただのコンサルタントではない。

スーパーが付いているのだ。

小山氏はいつも脳に2つの引き出しを持つようにしているとのこと。
1つは“すぐに取り出して使うための引き出し”であり、もう1つは“いつか何かのときに思い出すための引き出し。”
やはり、スーパーコンサルタントたるもの、それくらいできなくてはならないのだ。

本書で感銘を受けたくだりをいくつか書き出していくと、
量の積み重ねは、質に転化する。
仕事量をこなすと、それに必要な能力がついてくる。
コミュニケーションに必要なのは頻度ではなく、“質と深さ”そして“ハート”だということ。
伝えたものが情報ではなく、伝わったものが情報だ、ということ。
最初の2つは別に大したことでもないのかもしれないけれど、それは明らかにその通りであり、当たり前過ぎてついつい忘れがちになってしまっていることのように思う。

量は質に転化する。

まさにその通りだが、ただ闇雲に何でもこなしていったらいいというわけではないはず。
それぞれの仕事に目的意識を持って臨んでいかないと、量が増えるばかりで、いつまで経っても質には転化しないだろう。

そして、一番最後の“伝わったものが情報だ”という言葉は、忘れてはいけない。
ついつい、伝えただけでは相手にとって情報になっていない可能性がある。情報が相手に伝わってこそ、それは意味を成し得る。あうんの呼吸で意思疎通ができるのなら、問題はない。しかし、実際にはそんなことは稀にしか起こりえないのだ。
だからこそ、コミュニケーション能力を鍛えるのはすごく大切。

本書からは、儲かる会社がどういうことをやったか?よりも、どういう視点でビジネスを捉えているか?がメイン。
モノを売るなら、消費者の心理を熟考して商売をするべき、ということだ。
しかし、私の家の商売はモノを売るのではなく作っているので、また違った視点が必要。
もちろん、そのことにも本書は触れている。

そして、何よりも私に必要なのは、本書が提示している“人生の師”なるもの存在。
3年間その人に師事し、真似ていけば、それなりの成功を収めることができる。
問題は私にはまだその師にあたる人物がいないことだ。
そのためにこそ、『上級の人脈術』を読んだのだ。
これからの自分の人脈の広がりに期待していこう。

テクノラティ タグ :

2007年10月1日月曜日

Nikon D80を購入しました。

ついに購入しました、Nikon D80。

当初はRICOHのGR DigitalかNikonのD40を購入しようかと迷っていたのですが、よくよく考えると私が本当に欲しいものはD80だったということに気がついたわけです。



というのは、GR Digitalを購入しても、D40を購入しても、いずれはD80を購入するつもりだったからなのです。
そもそも、デジタル一眼レフであるD40を購入してしまえば、あとはレンズを購入していくだけで問題はないかのように思いもしたのですが、そこはそれなりのこだわりのある自分がいて、

「やはりD80でなければならん!!」

という内なる声に身を任せ、D80を購入しました。

ところで、今回D80を購入するにあたって、“どこで購入するか?”には結構迷いました。
私はだいたいいつも電化製品を買うときは、量販店で実物をチェックし、アマゾンで買うという2段構えをしています。なんせ、アマゾンの方が安く買えることが多いですからね。

しかし、今回はすんなりアマゾンで買うというわけにはいきませんでした。
なぜなら、岡山駅前にビックカメラが新設されるので、それを待って開店セールかなにかで少しでも安く買えるのではないか?と、ビックカメラが開店するのを待っていたのですけど、秋に開店というだけでいつオープンするか分からないので、結局ボツ…。

アマゾンにしようかなぁ…と思ったところで、新たな購入方法が思いつきました。
それが

♪じゃーぱねっと、じゃーぱねっと、夢のじゃぱねっとたかた〜

でお馴染みのジャパネットたかたです。
なんといっても、ジャパネットたかたの魅力は、ジャパネットたかたが金利負担をしてくれるという分割払い。
もう、これっきゃないです。

そんなわけで、ジャパネットたかたでD80を購入したわけです。

はじめてのデジタル一眼レフ…。
まだ使い方がよく分かりませんが、D80を手に持つと不思議にこの言葉を口ずさんでしまいます。

「やっぱいいわ、ニコン」

Zenback