2007年11月30日金曜日

調べて分かる、好みのタイプ

『好みのタイプ』とは、好みの女性のタイプのこと。

私のあこがれの女性は、いつの頃からか広末涼子さん。

毎年、きれいで魅力的なアイドルや女優さんがデビューして来ますけど、私の中で広末涼子さんは不動の存在。

そして、その広末涼子さんが所属している芸能事務所はFLaMme(フラーム)。

FLaMmeに所属している女優さんたちには、
と私が「この人、いいな」と思った人たちばかり。

これは単なる偶然なのか何なのか…。
まぁ、単に私が気が多いだけなのかもしれませんが、これだけひとつの事務所に偏っているという事実を知ると、自分に関してのちょっとした新たな発見のようにも思えます(笑)。

2007年11月29日木曜日

写真の掲載にZorgを使用

写真共有サイトといえば、FlickrFotologなんかが有名だと思いますが、私は以前からそれらを利用せず、Zorgを使用させてもらっています。

でも、途中で利用頻度が少なくなってしまい、結局退会することにしたのです。
ところが、最近になってデジタル一眼レフも手に入れたので、ぐっと撮影の頻度が増え、自分の撮った写真を公開する場が欲しいなぁ…と思っていたところにZorgを思い出したわけです。

実はFlickrの方にもアカウントがあるのですが、FlickrよりもZorgの方が写真のクオリティが高いようですし、Zorgの10Gストレージというのも非常に魅力があります。それに、私の友人もZorgのメンバーになったので、お互いに写真の腕を切磋琢磨できそうだし、この際、Zorgをメインに使うことにします。

そんなわけで、Zorgにアップしている写真をここに掲載しておきます。



先日、京都の嵐山に行ったときに撮った写真です。


拡大地図を表示


ただ、Bloggerから普通に写真をアップするのと、Zorgでここに挿入するコードを自動作成してもらって貼付けるのと、どっちがいいんだろ…?

テクノラティ タグ :

「世界最強ビジネスパーソン」はAppleのジョブズCEO

Fortune誌の「最も有力なビジネスパーソン25人」の第1位に、Steve Jobs氏が選ばれました。
1位は米Appleのスティーブ・ジョブズCEO。Apple IIとMacで「コンピュータ業界の方向性を2回変えた」こと、iPodで「家電の力学を変えた」こと、iTunes Storeでコンテンツ業界を説得したことなどが評価された。

かつて彼をAppleから追い出したジョン・スカリーが

「スティーブはまさに刺激的な存在だ。放漫で、暴虐で、激しく、無い物ねだりの完全主義者だ。彼はまた、未成熟で、かよわく、感じやすく、傷つきやすくもある。そして精力的で、構想力があり、カリスマ的で、さらにおおむねは強情で、譲らず、まったく我慢のならない男だ。」

と評しているように、一筋縄ではいかない存在のようですが、だからこそビジネスパーソンNo.1になれるのだと思います。

やはり、優れたビジネスパーソン、経営者というのは、強烈な個性を持ち合わせているものなのでしょうか…。

私も家業の経営に携わっているのですが、Jobs氏並みの刺激的な存在になれるかどうか疑問です。
だからこそ、私にとってSteve Jobs氏は私のあこがれの存在なのです。

テクノラティ タグ :

2007年11月27日火曜日

第一印象を良くするための7つの方法

最近、仕事の関係で異業種交流会に出掛けることが多いんですが、そこでいつも気になるのが私の第一印象。

そんなに気にしているわけでもないんですが、ビジネスパートナーになるかもしれない人々と会うわけですから、それなりにいい第一印象を相手に与えたいじゃないですか?

それに、第一印象というのは案外当たっているところがあって、あながち無視できないんですよね。
そうなってくると、やっぱり無視できない第一印象。

そこで、その第一印象を良くする方法が7つあります。


自分の不安に背かない

「たとえウィットに富んだ会話ができなくとも、ある種の物事にすごく詳しくなくても、それでも素晴らしい印象を与えることができる」と心理学者でビジネスコンサルタントのValerie White氏。ただ相手(の会話)に集中すればいい。


明るいムードをでっちあげろ

「自分自身であれ」というのは、認知科学者や自己啓発の指導者のような人たちが口にする手堅いアドバイスで、これが結構使える。悪いムードというのは、人から人へ感染しやすいものなので、肩肘張らずに打ち解けるのがいい。


目は口ほどにものを言う

初めての相手と知り合いたいとき、1秒以上の間、ジェスチャーを使って相手の目を釘付けにすべし。


相手とシンクロする
私たちは自分たちに似た相手に惹かれてしまいやすいので、初対面の相手と接するときには、自分の姿勢や声、言葉、ジェスチャーなどを相手に合わせてみるといい。そうすれば、相手からの信頼が得やすい。


誉め上手であれ
人というのはおだてられるのが好きだ。「自分はおだてられているのでは?」と相手が疑っても、それでも人はおだてられるのが好きだ。だから、相手をうまくおだてることは、とても効果的だ。


再挑戦する

たとえ最初に良くない印象を与えたとしても、ユーモアのセンスを見せて素直に自分の非を認め、再度チャンスをもらう。


元ネタはこちら

う〜ん、原文のニュアンスをうまく訳せてないような気がする…(汗
まぁ、要所をかいつまんで訳したので、やはり言葉足らずになってしまうのか…。

でも、たしかに初対面の相手との会話をスムーズに進めていくには、相手の仕草などを真似てみるのもいいかもしれない。思えば、子どものころ、好きな女の子の気を引こうと、その子の仕草をよく真似たりしてたっけ…。それはたしかに効果があったと思う。

しかし、一番いいのはウィットに富んだ会話やユーモアのある受け答えができることなんだけどなぁ。
それができれば、ほぼ無敵。そのためには、自分に自信を持つことが必須。

いまの自分は、芯の部分がちょっとグラついてる。

要は自信なんだよなぁ…。

テクノラティ タグ :

2007年11月26日月曜日

そうだ京都、行こう。


この3連休に京都に行ってきました。
嵐山、嵯峨野で紅葉狩り。

この日はお天気も良く、かなりの人で賑わっていましたね〜。


京都に住んでいた頃は、嵐山になんてまず行ったことはなく、嵯峨野なんて今回が初めて。

「じゃあ、その頃はどこに行っていたんだ?」

と聞かれれば、迷わずマンガ喫茶と答えるでしょう…。
も、も、もちろん、銀閣寺とか南禅寺とか京都らしいところに行ってましたけどね。

さて、紅葉を撮りに行ったので、200枚ほど写真を撮ってきました。
が、どれも紅葉の赤が強過ぎて、3/4くらいはボツにしましたね…。
う〜ん、露出の加減を勉強せなあかんな。
なんでもかんでもカメラまかせでは良くない、ということを痛感させられましたよ。



テクノラティ タグ :

2007年11月20日火曜日

Macユーザーの皆さん、GyaoがついにMacで見れます。

Macを使っていて、「なんで!?」と思うのがGyaoやYahoo!動画などのサービスが視聴できないこと。

その問題がやっとひとつ解決されそうです。
ITmediaの記事より抜粋して

USENの無料動画サービス「GyaO」で11月19日、マイクロソフト(MS)のメディア再生プラグイン「Silverlight」を活用した動画配信が始まった。GyaOはWindows Media専用サービス。これまでMacintoshでは利用できなかったが、Silverlightに対応することで新たに、Macでも視聴できるようにする。

ここで私には聞き慣れない言葉がひとつ。

Silverlight。

上記にもあるように、Microsoft(MS)のメディア再生プラグインだそうですが、初めて目にしました。
それでこちらがそのSilverlightのサイト


とにかく、このSilverlightをインストールすることによって、Silverlight対応のコンテンツがGyaoで視聴できるわけです。

しかし、現在のところ、Macで視聴できるGyaoのコンテンツは「GAGA USEN」の映画予告編紹介ページのみ。もうちょっとコンテンツがリッチになってから、私はSilverlightをインストールしたいと思います。


そもそも、

なんでGyaoはFlashベースの動画サイトじゃないんだ?

と思わずにはいられない私です。

テクノラティ タグ :

2007年11月18日日曜日

ガンダム00を見た

今日は久々に『機動戦士ガンダム00』を見ました。

とはいっても、録画ですけど…。

先週、先々週と見逃していますので、ちょっとどういう展開になっているのかよく分かりませんでしたが、さほど気になりませんでした。というのは、基本路線である

“世界紛争vs.ソレスタルビーイング”

という部分にいまのところ、何の変化も起きていないから。

でも、来週には主人公である刹那・F・セイエイの“運命の人”であろうと思われるマリナ・イスマイールの登場です。

この辺りからちょっと話が大きく変化していきそうなんで、これからは毎週録画ですね(←スポーツジムに行くため)。

そして、そろそろガンダム00のガンプラもバリエーションが豊富になってくると思うんで、ひとつ買ってみようかなぁ。今回出て来ている4機のガンダムのうち、最もお気に入りなのがガンダムデュナメス。

でも、バンダイが力を入れているのはエクシアなんだろうなぁ…。

テクノラティ タグ :

ジョブズ氏に昇給の噂

AppleCEOのジョブズ氏といえば、その給料が1ドルで有名でした。

が、しかし、そんな彼の給料が昇給するとの話が持ち上がっています。

Appleは米国時間11月15日午後、会計年度2007年の年次報告書を提出した。この中の幹部の給与に関する項目を見ると、Jobs氏がまもなく実質的な報酬を受け取る可能性がほのめかされている。ここで同社は、「Jobs氏が引き続きリーダーシップをとることはAppleにとって重要であり、報酬委員会はJobs氏の報酬を再度取り決めることを考慮している」と記している。

まぁ、ジョブズ氏がいままで1ドルしか受け取っていないとしても、彼にはApple株もあれば、ディズニー株もあるわけで、お金には全然困っていないようですが…。

ところで、最近ポッドキャストで『A Word from Steve』を聞いています。


これはこれまでのジョブズ氏のKeynote講演などのポッドキャストです。
最近、自分の英語を寝かせてしまっているなぁ…と思っている最中、ちょうどこのポッドキャストを見つけて、いまでは車の中でいつも聞いています。いままで聞いた中の講演でいちばん興奮したのは、やっぱりiPhone発表のMacWorld Keynote 2007ですね。

関心のある方は、ぜひチェックしてみてください。

テクノラティ タグ :

2007年11月17日土曜日

激務で小児科勤務医減 「崩壊寸前」山口県の救急現場

今日はシリアスなネタをひとつ。

私の住む岡山県の隣の隣の県にあたる山口県の小児科救急が悲鳴を上げているという。

私がつい去年の今ごろまで医師志望だったことはすでに何回か書いていると思うけれど、こういう現状を突きつけられると「どうにかならないものか…」と思わずにはいられない。

私は大学で心理学を専攻し、特に発達障害について詳しく勉強していたから、小児科医になることを目指していた。でも、自分のような人間は特異であるらしく、多くの人は他の科の医師になることを希望しているらしい。

もちろん、小児科医になる人が少ないとはいえ、ちゃんと志を持って小児科医になろうとしている人はいる。

しかし、そういった喜ばしい傾向があるのは都市圏のみで、地方都市ではそのような傾向はあまりない。

そもそも、医師人口というもの自体が都会と地方とでは雲泥の差がある。

都会では医師の人口密度が非常に高く、それこそ他所の県と比較しなければ、医師の数は“増え過ぎている”と見ることができる。しかし、一旦、地方に目を移すとそれは幻想に過ぎないということが分かる。

山口県の小児科救急の現状を報告している新聞の記事に目を通すと、驚くべき事実が見えてくる。

(岩国市において)小児科医が常駐する二次救急の病院が近くにないうえ、県境をまたいだ広島県西部から周南市までの広域エリアを、常勤の小児科医六人でカバーする。

外来患者は一日六十~八十人。昨年度の救急外来は八千六百七十人で、うち時間外、休日診療が八割超だった。医師は当直や呼び出し待機で、月の三分の一以上の夜間を拘束されているという。

こうした過酷な状況でいながら、医療の質を落とすわけにはいかない。

そして、小児科に特有な現象がある。小児科救急の“コンビニ化”

昼間は仕事なので子供を病院に連れて行くことができないので、休日もしくは夜間診療で子供を病院に連れてくる。親としては子供の異常はとても心配になることだし、少しの熱でも診察に向かわせたい。しかし、そのような傾向が強く現れ過ぎて、現場で診察している小児科医はそれこそ過労死寸前なのである。それでも、人の命を預かる職業である以上、適当な診察をして楽をするわけにはいかない。

今回は山口県の状況が取り上げられているけれども、これは地方にとっては当たり前の状況なのである。
こうした状況が早急に改善されることを地方に住む人間としては、切に希望している。

テクノラティ タグ :

2007年11月16日金曜日

Leopard 10.5.1リリース

MacOS X Leopardのアップデート10.5.1がリリースされました。


今回のこのアップデートにより、セキュリティ面の強化が図られる、とのこと。

ITProによると、下記の通り。

アップデートの適用により、機能や安定性、セキュリティが向上するという。例えば、ファイアウオール機能のセキュリティ問題を修正する。Mac OS X 10.5のファイアウオール機能には、「外部からの接続をすべて遮断」に設定していても、特定のプログラム(サービス)に対するアクセスを許可してしまう問題などが見つかっている。今回のアップデートを適用すれば、それらを解消できる。


ちょっと前に、Leopardのファイアウォールのデフォルト設定に問題アリってニュースがありましたもんね。

とりあえず、今回のアップデートでそれは解消されたかな。

テクノラティ タグ :

ついに鬼太郎の原点がアニメ化に

ちょっと話題に乗り遅れてしまった感じがしますが、来年の1月から『墓場鬼太郎』のアニメがオンエアされるそうです。

この『墓場鬼太郎』、広く世間に認知されている『ゲゲゲの鬼太郎』の原点ともあるべき作品で、鬼太郎の生い立ちから始まっています。

鬼太郎の生い立ちというと、私は昔に『墓場鬼太郎』ならぬ『墓場の鬼太郎』という水木しげる氏の作品を読んだことがあり、鬼太郎がどのようにして生まれたかを初めて知りました。

まず、鬼太郎は明らかに人間ではないと言うこと。
彼は“幽霊族”なる種族の末裔にあたり、幽霊族である父親(これが目玉の親父となる)と人間の母親との間にできたハーフなんですね。

まず、鬼太郎の父親はお金のために自分の血液を売っていたんですが、これがどうやら問題を引き起こしているようなので、血液銀行なるところの水木(しげる?)氏が、鬼太郎の父親の元へ調査に来る。
そこで、父親はすべてのことを洗いざらい水木氏に話し、水木氏は彼らと深く関わって行くことに。

鬼太郎の母親は病の床にあり、鬼太郎を出産することなく、そのまま息絶えてしまった。
そして、父親も病気のため息絶えてしまう。しかし、ほとんど腐れかかっているような状態だったので、水木氏は母親のみを墓に葬ることに(とはいっても、ほとんど土葬)。

ところが、母親の墓の中からオギャアオギャアと赤ん坊の泣く声が…。
のちに鬼太郎と名付けられるこの子は、自らの力で母親の腹を突き破り、さらには墓から這い出して来た…というわけ。

このときに左目を岩にぶつけてしまい、それ以来、左は潰れてしまう。

そんな生まれたての鬼太郎がどうしても心配だった父親は、ほとんど腐りかけた体のうち、目玉にその魂を移すことにし、ここにかの目玉の親父が誕生(?)した。

というような内容が私が読んだ『墓場の鬼太郎』の内容だったはず…。
ずいぶん昔のことなので、記憶が曖昧なところがありますが…。

ところで、『墓場鬼太郎』はいま現在の鬼太郎のような正義感に燃えるヒーロー的なキャラクターではなく、かなりダークなキャラクターとのこと。

往年の鬼太郎ファンにとっては、『墓場鬼太郎』のアニメ化は願ってもみないような出来事なんだろうなぁ。

テクノラティ タグ :

2007年11月14日水曜日

エミリーのキラキラピカピカ英会話 Vol.1

エントリー数が500を超えますと、自分がいままでに何を書いて来たかついつい忘れてしまいがちです。

この『エミリーのキラキラピカピカ英会話①』は、以前このブログで紹介した(はずの)独学で日本語を学んでいるエミリーさんのYouTubeでのVlogです。



これまでは『Pretty Intense Japanese Lesson』シリーズが中心でしたが、今回からは趣向を変えて英語を教える方になっているようです。

かつて私が英語講師をしていたときにはまだYouTubeなるものは存在しなかったのですが、いまではこういう便利なものがあるんですよね。こういうビデオを見ると、ほんとうに英語を学習するのが楽しくなると思います。

まぁ、たしかに初心者にとってはハードルが高すぎるところがありますが…。

教える立場の私でしたが、久々に英語を学ぶ側になってみたいと思います!!

Appleが放つウルトラポータブル13inchノート

つい先日、Appleがマルチタッチ式のTablet Macを製作しているという噂をエントリーしたばかりなのに、また別の噂が出て来た。

それが13インチノートを2008年の「Macworld」で発表するという話。

噂の出所はAppleInsiderで、来年の1月に開催される『Macworld Conference & Expo』で、その噂の13in ウルトラスリムノートが初披露される、とのこと。

AppleInsiderに詳しく書いてありますが、ここは日本のCNETさんの記事を引用させていただきます。

AppleInsiderによると、新製品は現行の「MacBook」と同じくLED(発光ダイオード)のバックライトを備える13インチの液晶ディスプレイを搭載し、重量は現行の「MacBook Pro」15インチモデルより50%軽いという。ストレージには、従来のハードディスクドライブの代わりにフラッシュメモリを採用する。また、これまでのノート型製品から削られるものも同様に注目に値する。どうやらAppleは、超スリムなデザインにこだわり、光学式ディスクドライブを搭載しないことに決めたようだ。

ほう…、HDDの代わりにフラッシュメモリを使うとな。

さらに、光学式ディスクドライブを搭載しないとは…。これにはちょっと驚きです。

これはかなりのLaptopのスリム&軽量化を計っていることになりますね。

もしこの噂がほんとだとしたら、このウルトラポータブルノートMacはスペックはそこそこで、携帯性を重視していることになるんだろうなぁ。

個人的な経験からすると、MacBookは現行Macの中でもっとも携帯性に優れている機種のはずなのだけれど、それでもやはり重い。約2Kgという重さは、「まぁ、仕方ないか…」というレベルではあるものの、Let'sノートなんかを持った日には、やっぱりMacBookは重いと感じてしまう。

しかし、この噂のウルトラポータブルMacが登場すれば、話は変わって来る。

ビジネスマンが携帯するコンピュータとして普及するかどうかは疑問だけれど、学生、特に大学生の間ではきっと流行るだろうなぁ。

私がLAで大学生をしていたころ、ちょうど初代iBookが発表され、それはもうオレンジのiBookを持っている人口はやたらと多かった。

そんなことを思うと、来年のあたまの『Macworld Conference & Expo』でこのポータブルMacを発表し、Spring semeseterもしくはSpring quarterのBack-to-schoolセールに便乗して発売するという手もある。まぁ、私はマーケティングのことはあんまり分からないから、それはまったくの素人の意見。

とにかく、この噂の真偽が問われるのは、来年の『Macworld Conference & Expo』。

それまで楽しみに待っていようじゃありませんか。

テクノラティ タグ :

2007年11月12日月曜日

ヲタクであることの楽しさ

CNETでブログを書いている竹内義晴さんの「よし、オタクになろう!」のエントリーを読んで、ハッとさせられた。

オタク・・・

どちらかといえば、いい印象の言葉ではない。実際に私も最初は「ちょっと違うよなぁ」と思った。けれども、「自分も対して変わらない」と気がついたとき「オタクの側って、楽しいよな」と思った。何も打ち込めることがないことのほうが、むしろつらいことなのかもしれない。

そうなんですよね、オタクの側って楽しいんですよね。

何もかもを忘れて、ただひたすらに打ち込むものがあるとすれば、それは本当に幸せなことだと思う。

コンピュータでもいい、音楽でもいい、クルマでも昆虫でも、アダルトビデオでもなんでもいい(昔、私は妙にAV女優に詳しかった時期があった…)。
寝食を忘れて没頭できるものがあるのは、とても素晴らしい。
人は何かに没頭しているとき、目がイキイキとしてくるものである。

我が身を振り返って、自分はどんなときにイキイキとしているかを考えてみる…。

大好きなMacをいじっているときは、おそらく間違いなくイキイキしているような気がする。

mixiなんかをやってるときもそうかもしれない。

ギターでLed Zeppelinの「Whole Lotta Love」や「Black Dog」のリフを延々練習しているときもそうかもしれない。

そして、何より最近は愛機のD80をかまえてシャッターを切っているときは、本当に手放しで楽しい。
カメラを、デジタル一眼レフを使い始めてから、まだ日が浅いけれども、写真を撮ることの楽しさ、奥深さはもうすでに感じている。

その満足感を得ているとき、私の脳はきっとフル回転している。


その満足感をいまは仕事から得ようとしている。


というのは、仮にも経営者の端くれとなったいま、仕事は何よりも楽しくしようと思い始めているからだ。しかし、そう簡単にそうなるはずもなく、どちらかというと『経営』とか『マネジメント』とかいったことで頭を捻っていることが多い…。

まずは人脈を広げようと思い、mixiでいろいろなコミュニティに参加しては、オフ会に参加してみようと思う。特に、異業種交流会がその中心になると思う。

こうして自分のスキルアップのために、積極的にいろんなことをやっていこうという姿勢は、我ながらイキイキしているんじゃないかと思う。



今日は個人的な日記になりました。

テクノラティ タグ :

2007年11月11日日曜日

Leopardの新たな機能

Macで日本語を打つのに多くの方々が“ことえり”を使っていると思います。

まぁ、中にはegbridgeATOKを使用されている方々もいるでしょう。

しかし、ことえりは純正のものだから、

「あいまっく」を「iMac」

「あいぽっど」を「iPod」

「まっきんとっしゅ」を「Macintosh」

「まっく」を「Mac」もしくは「Macintosh」

「あっぷる」を「Apple」


と一発変換してくれます。

そこで、新しくLeopardにアップグレードしたのだから、きっと語彙も増えているはず…と思い、ちょっとやってみました。

「まっくぶっく」→「MacBook」

「まっくぶっくぷろ」→「MacBook Pro」

「まっくみに」→「Mac mini」

「まっくぷろ」→「Mac Pro」

「あいぽっどなの」→「iPod nano」

「あいぽっどくらしっく」→「iPod classic」(成功!!)

「あいぽっどしゃっふる」→「iPod shuffle」

「あいぽっどたっち」→「iPod touch」(すごい!!ちょっと感動)

「あいふぉん」→「iPhone」(おおっ、これはすごい!!)


Appleの新製品たちの名前が軒並み一発変換できています!!

それでは、これまでの商品の名前をちょっとやってみましょう。

「えあまっく」→「AirMac」

「あいぶっく」→「iBook」

「ぱわーぶっく」→「PowerBook」

「ぱわーまっく」→「Power Mac」



かなり便利な“ことえり”。

ちなみに、「あっぷる」で変換するとき、こういう選択もあります。



IQの上げ方

子供のころにIQテストなるものを受けたのを覚えていますが、自分のスコアがいかなるものだったか全然覚えていません。

それに、最近ではIQよりもEQの方が重要視されている時代ですからね。

そもそも、IQといっても、それがその人の知能のすべてを表すものではなく、IQテスト上での点数でしかないのですから、それで「頭がいい」だとか「頭が悪い」だとか言えないのです。

しかし、それでもIQというのはなにかの指針にはなるはず。

何の役に立つかは分かりませんが、IQスコアの数字はその人についてのなんらかの能力を示しているはずです。

そこでIQスコアを少しでも上げたい人のために、どんなことをしたらいいのかを紹介しているサイトがありました。
  1. 脳にちゃんとした燃料(栄養)を与える
  2. 音楽に耳を傾ける
  3. 頭を働かせる
  4. 十分な睡眠をとる
  5. 前向きに考える
の5つがIQスコアアップには大事であるとのこと。

1については、脳が糖分しか燃料として使わないのは周知の事実として、それ以外にもEPAが脳の働きを活性化させるのが知られています。そういうことなので、EPAを多く含む食物つまり青魚などの魚類を食べることを勧めています。

2については、モーツアルトの音楽が脳の神経細胞を活性化するのが広く知られています。とある研究結果においては、音楽の授業を受けている子供の方が、受けていない生徒よりもIQ値が高かったという報告がされています。

3において、日本ではニンテンドーDSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をはじめとする脳トレがブームですが、クイズやパズル、数独などの知的ゲームを行うことが脳の活動を高めると研究で報告されています。

4に関して言えば、睡眠不足では頭がきちんと働かないのは当たり前。しっかり睡眠はとってください。
それに睡眠中に人は頭の中で散らかった情報をきれいにまとめあげている、と言われています。テスト前日の一夜漬けは、実は効果的ではないという研究発表がされているのはこのためです。

5は何事においても肝心なことではないでしょうか。
脳は意外(?)と騙されやすい臓器で、本人の口にすることをそのまま鵜呑みにしてしまう傾向があります。たとえば、「自分はダメなヤツだ」とか「自分はてんでヘタレだ」とか口にしたり、思ったりするだけで、脳はそれを本当のことだと思ってしまうそうです。なので、とにかく前向きに生きること、ポジティブに生きていくことが肝心。

原文通りには訳さなかったので、原文を読みたいという方はこちらを↓
Give your brain the right fuel

Our brains rely on essential fatty acids to function effectively, particularly Eicosapentaenoic acid (EPA), which is found in oily fish and fish oil. If we don’t get enough EPA then we will rely on inferior fuels that will clog up our brain engine and perhaps even cause it to malfunction. Eating a varied and balanced diet with plenty of fresh fruits and vegetables helps too, along with regular exercise to keep our bodies and our brains in good working order.

Indulge in music

Psychologist Frances Rauscher and her colleagues discovered over 10 years ago that listening to Mozart appeared to improve nerve signalling in the brain leading to increased mental ability. Other research has shown that children who received music lessons scored a few points higher on an IQ test than children who didn’t. If nothing else, music can help you to relax and de-stress which in itself can make you feel better and help your brain to work more efficiently.

Exercise your mind

Keeping your brain active on a regular basis will naturally improve your ability to process information. For example, quizzes, puzzles, even bingo can keep your mental faculties tuned up and in good working order. Some studies have shown that mental workouts can increase IQ scores by up to 8%.

Get enough sleep

Regular good quality sleep is essential for effective brain function. No one can operate to the best of their ability if deprived of sleep for any length of time. Sleeping allows your brain to process information, solve problems and tidy up the mess left behind by all those seemingly insignificant and fleeting thoughts that pass through your mind throughout the day. It is said that Dmitri Mendeleev, the Russian chemist, dreamt the answer to the periodic table of elements one night after spending hours trying to work out the problem during the day so make sure you get enough sleep.

Finally - think positive

Your brain will listen to the messages you give it and take action. If you are telling yourself you are incapable, tired, anxious, fearful, you will fail that test or not get that job and so on, your brain will act accordingly and send out all those signals to your body to perpetuate your state of mind. Imagine then what you could do if you told your brain to send out different messages? Thinking positive works, try it.





Tablet Macが製作中?

これまで「出るぞ、出るぞ」と噂されているTablet Macが、今度こそ本物らしい情報が流れています。

というのは、マザーボードメーカーであるAsusが、AppleのTablet Mac作成をヘルプしているということが発端です。Asusというのは、Appleと契約を結んでいて、これまでiBookやPowerBook、MacBookの製作に関わっています。

そのAsusの幹部が、「Asus is helping Apple build a Tablet PC.(AsusはAppleがタブレットPCを作るのを手伝っている)」と語っているのですから、

「これは真実なのでは…?」

と思わずにはいられないです。

しかも、驚きなのはそのTablet Macになるであろうものは、最近のAppleの技術の代名詞ともなったMulti-touch機能を持つらしいとのこと。

雰囲気としては、iPhoneやiPod touchがでかくなったような感じなんでしょうね。

テクノラティ タグ :

2007年11月9日金曜日

子犬 vs. 猫

見ていてとても愛くるしいビデオなんですが、最後のところが気になるエンディングです…。


Puppy Versus Cat - The most amazing bloopers are here

このあと、この子犬は猫の喉を噛んでいる状態から脱せられたんでしょうか…?

すごく心配です。

ちゃんと最後まで映してほしかった!!

テクノラティ タグ :

Leopard 10.5.1のリリースは間近?

MacOS Xの最新版Leopardのアップデートになる、10.5.1のリリースが間近であるという噂が流れています。

いったいどんな感じのアップデートになるかというと、
AppleInsiderによると、Leopardのリリース10.5.1では、Time Machineやファイアウォールの不具合、異なるボリュームへのファイル移動に関するFinderの問題など、複数のバグが修正されるという。アップデートは数週間以内に公開されると思われる。これは、Tigerの最初のアップデートがリリースされたときと同じペースである。
とのことです。

これにより、より堅牢なOSになるでしょうね。

Time Machineの件はちょっと分かりませんが、Leopardのファイアウォールの設定はデフォルトでオフになっているというか、すべての接続を許可しているので、いくらMacといえど危ないことは危ないです。

まぁ、私も最初はそれに気づかずにすべての接続を許可したまんまでしたが、いまはファイアウォールの設定をオンにしています。まぁ、Mac用のセキュリティソフトをインストールしているので、別に良かったのかなぁ?Windowsマシンのセキュリティはガチガチに設定しているのですが、Macになるとどうしても緩く考えてしまいがちです。

最近、Macを狙ったウィルス攻撃が続けて見つかっているので、Macでも安心していられない時代がやってくるんでしょうか…。

テクノラティ タグ :

2007年11月7日水曜日

風邪が長引いています。

先々週に風邪を引いて一度は治ったのですが、昨日からまた風邪を引いてしまいました…。

先々週の風邪は39.1℃の高熱を出して寝込みましたが、今度のは鼻に来てるようで、鼻水が絶え間なく出ます。
おまけに頭が文字通り割れそうなくらいの頭痛を伴ってくれてます。

そんなに不健康なことはしてないはずなのに、こうも風邪を連続で引くのはちょっと考えものです…(汗

そして、病気のときはとにかくご飯の味がしない!!

しかし、今回に限って特殊なのは、私の食欲が落ちてしまっていること。
前回の39.1℃の高熱を出しても食欲は衰えなかったのに、今回の風邪では完全に食欲がなくなってしまっています。なんだか食べるのが辛いんですよね…。

まぁ、もちろん、それではいけないんですが…。

明日には復活しておきたいです。
肝心なのは、やっぱり睡眠ですかね。

テクノラティ タグ :

ネタフルが更新休止

いつも楽しみに読ませていただいている、コグレマサト氏のネタフルがしばらくの間、更新休止になるそうです。
事情によりしばらく更新をお休みいたします。楽しみにして下さっている方には、本当に申し訳ありません。

更新再開時期は未定ですが、必ず、戻ってきます。

コグレマサト@ネタフル
ブログの更新を休まなければならないほどの事情があるようですが、ファンとしては早く戻って来てほしいです。

コグレマサト氏の『必ず、戻ってきます。』の言葉を信じてます。

テクノラティ タグ :

2007年11月6日火曜日

ビックカメラ岡山店がいよいよオープン!!

ビックカメラが中国地方には初店舗となる、ビックカメラ岡山店がいよいよ11月20日にオープンします
ビックカメラは、中国地区初進出となる「岡山駅前店」を11月20日にオープンする。傘下のソフマップが初めてインショップ展開するなど、「都市型×駅前×大型のビックカメラの集大成」という。
いつも岡山駅の前を通り度に、

「いつになったら、ビックカメラがオープンするんだろう…?」

と思っていましたが、いよいよその日が明らかになって胸が高鳴ります。

こういう超メジャーな家電量販店は岡山にはありませんでしたからね。
まぁ、ヤマダ電機はありますが、アクセスしやすい駅前じゃありませんからね。
今回のビックカメラ岡山店では、店内にビックカメラ傘下のソフマップが店内出店するそうです。これはいままでにないことだそうです。

中四国の人たちはこれからビックカメラ岡山店を要チェックですよ〜!!

気になるその場所はこちら↓


拡大地図を表示

テクノラティ タグ :

2007年11月5日月曜日

もうすぐiTunes7.5にアップデート?

AppleInsiderやらWorld of Appleで噂になっています。

それはiTunesが7.5にアップデートされる、との噂。

AppleInsiderによると、
A new version of Apple Inc.'s iTunes media software due as early as next week will deliver a number of small refinements, but is not expected to introduce any major new features, AppleInsider has learned.
とのことで、11月の第2週にはアップデートされるのではないか?とのこと。しかし、これといって大きな変化はなく、細かいところが補正されるくらだとのこと。

World of Appleも同じようなことを書いてました。

そうなると、まず明日あたりにiTunesのアップデートがあってもおかしくないはずですよね。

日本でも動画(テレビや映画のコンテンツ)の配信が始まればいいのに。

でも、日本の放送業界との兼ね合いもあるでしょうから、なかなかそうはいかないでしょうね。

そもそも、日本のテレビ番組でiPodに落としてまで見たい!!っていう番組があるかな?

その辺に問題があるでしょう、まず。

映画はたくさんあるのになぁ…。

テクノラティ タグ :

2007年11月4日日曜日

NOVA問題について思うこと。

今日はちょっと新聞の社会面を賑わしているNOVA問題についてひと言。

NOVA猿橋前社長が役員報酬の95%を独占していたとのこと。

実は私、以前京都にいた頃に某大手英会話学校(アルファベット3つ並ぶところ)で講師をしていたのですが、その頃からNOVAの経営の評判は良くありませんでした。それで今回のことになって、

「やっぱりそうなったか…」

というのが率直な感想です。

NOVAがそもそも何を意味している言葉なのかはよくは知りませんが、業界内部(特に外国人講師の中)では、

「NOVAは“No Vacation”のことだ」

と野次られるくらい講師やスタッフに対しての給与の支払いが良くなかったようです。


すべては社長に吸い取られていたんですね…たいへん残念なことです。


早いこと、NOVAにスポンサーが見つかって、生徒さんには授業を、講師やスタッフの方々には給与を支払ってあげてもらいたいです。


かつての同業者からの切なる願いです。
NOVA猿橋前社長、役員報酬の95%を独占

会社更生法の適用を申請した英会話学校最大手「NOVA」(大阪市)の創業者の猿橋(さはし)望前社長(56)が、赤字決算となった2005、06年度の役員報酬の95%以上を受け取っていたことがわかった。

1996年の店頭公開時の株式売却やその後の配当で計約100億円を得ていたことも判明した。NOVAの保全管理人は、猿橋氏に支払い能力があるとみて損害賠償を求める方針だ。

NOVAは教室を急拡大させる一方、受講生数は伸び悩んだことから経営が悪化し、05~06年度は2期連続で赤字となった。両年度とも株主に配当は行われなかったが、計4人の取締役に計3億6200万円の役員報酬が支払われた。このうち猿橋氏は計約3億5000万円以上を受け取り、残る取締役3人には、幹部社員並みの給与に上乗せする形で計数百万円が支給されただけだったという。

また、NOVAが96年11月に店頭市場(現ジャスダック)に株式を公開した際には、猿橋氏は新規公開に伴う株売却で90億円近くの創業者利益を得ていた。

当時、猿橋氏は社員に持ち株会の設立を持ちかけ、同社株の購入を勧めていた。しかし、実際には市場の初値(1株=6150円)で購入させており、「市場での出来高を増やすために社員持ち株会を利用しただけでは」(関係者)との見方も出ている。NOVAは株式公開後、96~04年度に1株当たり5~10円の配当を行い、猿橋氏は、計10億円の配当も手にしていた。

猿橋氏側はNOVAの運転資金などに13億円以上の私財を提供し、会社の私物化はないとしているが、今後、NOVAの保全管理人は猿橋氏が会社に損害を与えたとして、民事、刑事両面で責任追及する方針だ。

(2007年11月4日3時0分 読売新聞)


テクノラティ タグ :

MacBookファミリーがマイナーアップデート


CNETでアップル、MacBookとMacBook Proをアップデートとのニュースがありました。
Appleのウェブサイトによると、MacBook Proは現在、250ドルで2.4GHzから2.6GHzのIntel Core 2 Duoプロセッサにアップグレードすることができる。

13インチMacBookは全機種とも、Intel GMA X3100グラフィックプロセッサを備えたIntelのSanta Rosaプラットフォームを搭載する。Appleのウェブサイトによると、MacBookには光沢スクリーンを備え、1Gバイトメモリは、オプションで最大4Gバイトまで増設可能だという。
私はMacBookのファースト世代ですが、今回のマイナーアップデートはかなり眩しく映ります。

なにしろ、CPUがCore2Duoになった時点で買い替えようか迷ったくらいですからね…。

しかし、長い月日をコイツ(1st Generation MacBook)と過ごしてくるとやはり愛着のようなものが出て来るので、もうしばらくは一緒にいようと思うわけです。なんせ、メモリを2Gにしたし、それなりにお金がかかってるわけですから、そう簡単に手放せません。もちろん、大事なファイルもたくさんありますからね。

ただ気になるのが80GBというHDDの容量の少なさ。

今回アップデートされたMacBookファミリーはBTOで250GBまでHDDをアップできるそうじゃないですか。
MacBookとMacBook Proの両製品とも、オプションでハードドライブを250Gバイトまでアップグレード可能になる。
ちょっとこれには考えさせられます。
一応、80GBでもいまのところ余裕があるようにしてますし、iTunesの楽曲もTimeMachineと同様の外付けに移してますが、当初「80GBもあれば当分は凌げるかな…?」と思っていたのですが、徐々にiTunesの楽曲群が増えて来て、さらにTimeMachineによるバックアップも兼ねて行くわけですから、ここは500GBはあった方が良さそう。

ちなみに、いまApple Online StoreでLaCieの外付けHDD(1TB)が数量限定で5,000円オフとなっています

Apple Store(Japan)

1TBもあればiTunesの楽曲はおろかTimeMachineによるバックアップファイルがいくら大きなっても心配はいらないでしょうね、きっと。



テクノラティ タグ :

数学嫌いは「数が苦」?

小飼弾さんの404 Blog Not Foundのエントリー「数苦を経て数楽へ - 書評 - 数学する精神」というタイトルを読んで、

「なるほど、数学が苦手な人にとっては数が苦なんだな」

と妙に納得してしまいました。

“数が苦”と書いて“すうがく”と読ませる。

たしかに、数学が苦手な人にとっては数字というのは苦しみ以外の何物でもないかもしれません。

私も高校時代、数学が苦手でした。

しかし、医師になることを目指してアメリカで再起したときには、そんな感じはありませんでした。どちらかといえば、数学は得意科目になり、私のGPAを上げる役割を大いに果たしてくれました。

まぁ、結局は医学部には家庭の事情で行けなくなりましたが、数学はいまでも好きな方ですかね。
得意だとは言えませんが、好きであることには変わりないです。
得意ではないが好きである科目は、他にも物理があります。
試験用の物理はてんで苦手でしたが、論理的に考えることと自然界のほとんどすべての現象を物理学によって証明できることの美しさには感嘆しました。

あれ、今日はなんでもない日記になってしまいました…(汗

テクノラティ タグ :

2007年11月3日土曜日

よろしくお願いします。

先日のわんちゃんのビデオです。



このわんちゃん、ほんとに芸達者ですよね…。
ほんと、驚きを隠せないですよ。

うちのフクちゃんもこのくらいとはいかなくとも、少しは見習ってもらいたいもんです。

テクノラティ タグ :

2007年11月2日金曜日

gPhoneの前にgPC発表

ネタフルさんのところで見つけました。

なんとGoogleは噂のgPhoneの前にgPCを発表するようですね。
米Wal-Martが199ドルの低価格デスクトップPC「Everex Green gPC TC2502」の販売を開始した。Googleのオンラインアプリケーションを日々利用しているユーザーを想定してデザインされた「gOS」を搭載しており、Google PCと呼べそうな内容となっている。
もっとも、発売はウォルマートからのようですが、内容はもうGoogleが作ったPCそのもの。

OSはgOSと呼ばれるLinuxのUbuntuベースのGoogleお手製のOSのようで、Googleが提供しているサービスはすべて使えるようです。
gPCはSkype、Gimp、OpenOfficeなどのローカルアプリケーションを備えるが、gOSのデスクトップはGoogleの各種オンラインアプリケーションへのアクセスを優先したデザインとなっている。例えばデスクトップから直接Google Searchを利用できたり、ラウンチバーからワンクリックでGmail、Maps、News、Calendar、Docs、Bloggerなどにアクセスできる。
しかも、このgPC、価格が199ドルですから、2台目のPCに購入なんて人もいるんではないでしょうか。

しかし、こうしてGoogleがPC市場に参入となると、Apple、Microsoft、そしてGoogle…というふうに三つ巴の競争になるんでしょうか?

ちなみに、興味のある方にはgOSのページを紹介しておきます。リンクはこちら



テクノラティ タグ :

Zenback