2008年1月23日水曜日

Wiiを使って外科医の技術が向上

WIRED VISION: 『Wii』を使ったウォーミングアップで、外科医の技術が向上
『Wii』でウォーミングアップをした後は、外科医がうまく処置できるようになるという調査結果が報告された。調査を行なった外科医たちは、現在、Wii向けに外科手術のトレーニングソフトを開発することを計画している。

アリゾナ州フェニックスにあるBanner Good Samaritan Medical Centerに勤務する2人の外科医、Kanav Kahol氏とMarshall Smith氏は、外科の専門医学実習生がWiiのモーション・コントロール・ゲームを1時間続けると、外科手術の3D仮想トレーニング・ツールの成績が 48%向上することを発見した。

Wiiテニスをやったおかげでなってしまうという『Wii肘』なる筋肉痛みたいなものが報告されましたが、今度はその逆。

Wiiをやって外科の技術を向上させるという話。



WiiのソフトならなんでもOKというわけではなく、もちろん効果が得られるであろうソフトは決まっています。
…どんなゲームでもよいというわけではない。2人にわかっているのは、正確な、ほとんど知覚できないような手首の動きでビー玉を操って巧妙な3Dの迷路を通すことが要求される『Marble Mania』[日本での名称は『コロリンパ』]のようなゲームが最も効果的だということだ。

やはり外科の技術向上に役立つだけあって、微妙な筋肉の動きを鍛えるゲームのようですね。



私はゲームをほとんどやらないし、Wiiも持っていないので何とも言えませんが…。
会社の人に『レイトン教授と悪魔の箱』をかしてもらって1ヶ月が経とうとしていますが、未だにプレイしていません…。

たぶん、このままプレイしないで返してしまうことになるのかな…?



0 件のコメント:

Zenback