2008年3月13日木曜日

私が毎日考えている2つのこと

起業家 - jkondoの日記
新しい事をやっても、大体最初の計画通りにはうまくいかない。でも、その事業をやりたいと思う根源的な気持ちにブレが無く(…中略…)、何年間もそれを続ける事ができるのであれば、そのうち形を変えて事業はうまく行くようになると思う。なぜなら、それだけの時間をその対象について考え続けられる人はいないからだ。だから、必要以上に最初の計画にこだわる必要はないし、だけども根源的なところで常に同じ方向を目指して考え続けていなければいけないと思う。
起業家として必要な心構えは、こういうものなんだろうなぁとふと思う。と同時に、自分は家業を手伝うことになったから起業家にはならないのだけれど、気分的には起業家なんじゃないかなと思う。古いルールは壊して、新しいルールを作らなければ、「いま」に対応していくことはとても難しいのだから。

有限会社となったウチの会社の経営者となった訳だけど、これからも会社が存続していくためには改善していくべきことが五万とある。

私も経営者の端くれとして、毎日考えていることが2つある。

1つ目は会社の売上げを上げること。
これはビジネスをやっている以上、絶対にしなければならないものであるし、経営者に関わらず、従業員全員が考えていかなければならないことだと思う。会社の売上げが伸びることが、そのまま彼らの給料に反映してくるし、会社の存続・発展のためにもお金を稼ぐということは最重要視しなければならない。

そして、2つ目は社員が快適に仕事をできる環境づくりをすること。
これは経営者だからこそ考えなければならない課題だ。設備などのお金をかければなんとかなるものはいいとして、私が一番気に病むのは職場の雰囲気のこと。ヒソヒソ話や陰口が横行するような職場で、誰だって働きたくないだろうし、そういう職場からできあがるものにはネガティヴなオーラがまとわりついてしまうようにも思う。

私はもともと陰湿な言動や行動は嫌いだし、そういうものは極力自分の会社では排除していきたい。
それに、会社の売上げを上げるためには、職場が快適であり、作業がスムーズに行えるような前向きな場所であることが不可欠だと思う。じゃあ、そのためにはどうしたらよいか?

まず、ネガティヴな言動の発生のメカニズムを知ることが大事。
陰口やヒソヒソ話などが発生してしまう第1の原因は、相互理解が足りないことだと思う。お互いのことを知らないままで、自分の頭の中で作り上げた先入観や偏見が、(その場にいない)相手に対しての陰口などを生んでしまう。そうなると、お互いを理解していき、誤解や偏見をなくしていくことが理想的な解決法だと思う。

しかし、それはあくまで理想的な解決法であり、やっぱり当面はネガティヴな言葉を発している場に遭遇したら、それとなく注意していくことになりそうかなぁ…。ゴシップ好きの人には要注意だ。そういう人たちにとっては、どんな些細なこともゴシップと化してしまうから。

個人的には、そういう人とは関わり合いたくないのだけど…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback