2008年3月27日木曜日

Leopardユーザーなら、Acrobatはいらない?

仕事の話です。

ウチには日に何件もの染物(ハッピや幟、旗など)の注文がやってきます。
中には前にやったやつのリピートだったりします。もちろん、ちゃんとした仕様が書いて送られて来ることもあるんですが、色なんかが“前回の通り”とかになっていて、

「前回の色ってどんな色だよ!?」

ってなるときがあるんです。

こういうのをなくそうと思って、原稿や注文書をすべてPDF化しています。

そして、そこへ登場&活躍するのが、LeopardとBento。

まず、LeopardのプレビューでPDFを加工します。
Tigerで同じことができるかは知りませんが、プレビューで複数のPDFをひとつにまとめることができるんです!!この機能はほんとに助かりましたよ。この機能がLeopardのプレビューになかったら、たぶんAcrobatを買っていたでしょう。

やり方は簡単。

2つのPDFファイルを開きます。

ピクチャ 2.png


サムネイル表示しているのが分かりますか?
で、任意のサムネイルをもう一方のサムネイルの表示されているサイドバー内にドラッグ&ドロップします。

ピクチャ 3.png


左側のPDFを右側の3ページに追加しました。あとはこれを保存するだけ。
これで複数のPDFファイルをひとつにすることができるのです。

あとはBentoですが、これはもう必要項目をポンポンとこしらえていって、必要な情報を記入していくだけ。

080312_1525~01.JPG


Bentoは使い始めると思った以上に「できる子」で、ファイルを関連づけたりできるので、Bentoを開けばいつ頃にどんな仕事をしたか、どんなサイズで、どんな色で染めたかなどサクサクっと調べることができます。まぁ、それがデータベースの役割なんですけどね(笑)。

あとは膨大な量の書類をPDF化し、それをデータベースに入力していくだけ…。
これがとんでもない作業なんですけどね…(汗)。いまは仕事がちょっと立て込んでいるんで、できれば5月までには過去の原稿や注文書を取り込み終えたいな。

Apple Store(Japan)

BentoBento


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日のEyes on Tibet:

仏大統領、チベットめぐり北京五輪開会式ボイコットの可能性排除せず| Reuters

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback