2008年4月13日日曜日

はてなとインターネットのことを考えてみる

jkondoの日記にコメントを残そうと思って書き始めたら、なんだかコメントにならなくなってきたので、トラックバックという形にしました。

たこつぼ - jkondoの日記
TGIFで最近考えていたサービスの方向についての話をした。インターネットがこれからさらに進化をしていき、多くの人の生活に浸透していくのは確実だと思う。そして、はてなはその変化を自分たちの手で起こしていかなければならない。しかし、今のまま行くと、単にインターネット好きの人々が集まるたこつぼを作るだけで、ネットの進化は別の方向に行ってしまう可能性があるという強い危惧を感じる。
まず、インターネットが私たちの生活にどんどん浸透してくるのは、もう誰にも止められないだろう。ただ、ネットとどう関わっていくかは、個人個人で変わってくる。

メールやショッピングなんてのは、ネットのすごく浅い部分の利用だと思う。でも、ほとんどの人がそこで止まってしまっている。少しネットの世界に入ってきた人はブログなんかを書き始める。それでもまだまだ浅い。

そんなことを言ってる自分自身、インターネットがどれくらい深いものなのか知らない。たぶん、インターネットの深さを知っている人なんていないだろうし、たぶん、どんどん深くなっているというのがインターネットの本質なんだろうと思う。

では、これから深くなり続けるインターネットに人々はどう向き合えばいいのか?

現状でさえ、「RSSって何?」っていう人たちがいるのだから、このままいけばデジタルデバイドは広がるばかり。もう生活のあちこちが“格差”だらけですwww

ここで日本なら「すべての人に同等のネットの知識を…」みたいな展開になるんだけど、そんなことはもうしなくていいでしょ?と思う。もちろん、義務教育の中である程度、「ネットで何ができるのか?」みたいなことは教育(啓蒙)していい。でも、そこから先は個人の判断で進めて欲しい。

ネットというか、ITリテラシーというのは外国語と違って、身に付いてくるスピードが違う。しかも、ネット上で情報は公開されているから、外国語を習得するほど費用はかからない(というか、ゼロでいけるんじゃないかな?)。で、外国語もそうだけど、一般にliteracyというのは、あればあるほど世界が広くなる。世界が広くなるということは、自分の可能性を広げること。

で、ここで私がいつも自分に言い聞かせている言葉がある。
「向上心のない者は馬鹿だ」
夏目漱石の『こころ』からの一節だ。

4101010137こころ (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社 1952-02

by G-Tools


勝ち組になるとかじゃなくて、自分の生活を広い意味で豊かなものにするなら、絶対にネットに触れていくべきだ。

以上がユーザー&潜在的ユーザーに対してで、ここからが作る人側への要望。

技術革新でネット上でできることはどんどん増えてくるだろう。でも、技術の向上とサービスの使いやすさは逆の方向に向いていかなきゃならない。技術者つまり開発者はどんどん難しいことをやっていくんだけど、ユーザビリティはどんどん簡単になっていく…って感じで。

そこで思ったのが任天堂SONYのこと。

PS3はゲーム機としての限界に挑戦しているような製品(だよね?)だけど、結局Wiiに負けた。Play Stationの技術はどんどんすごくなっていくんだけど、ほとんどの人がそれについて来れない。もしくは、ついて来ようともしない。でも、Wiiはそういう人たちをも取り込んだ。画質なんかはPS3の方が全然すごいんだけど、Wiiの方が多くのユーザーを得た。

その差はユーザビリティ。

どうやってゲーム(だけではなくなってしまったけど…)をプレイしてもらうかを考えたときに、やっぱり手元だけでポチポチするんじゃなくて、全身を動かした方が楽しいはず。そうするとインターフェースだけでなく、ハードの方もテコ入れをしなきゃいけなくなった。で、それが功を奏した。

ユーザビリティの向上といったとき、インターフェースだけでは限界がある。そうなると新しい入力装置なんかが必要になってくる。いまではキーボード&マウスで落ち着いているけれど、iPhoneやiPod touchみたいなデバイスが出てきたから、次のPhaseにシフトしているところなのかもしれない。

Apple Store(Japan)

そうなってくると、ウェブサービスを作っている企業は、既存の入力装置だけに囚われていたのでは、これからの新しいウェブサービスを開発していくことはできないんじゃないか、と思う。

もちろん、PCを買ってきたらキーボードとマウスは付いてくるもんだけど、Desktop PCを持っている人より、Laptop型のPCを持っている人が多いんじゃないだろうか?そうなってくると、トラックパッドで遊べたりするようなウェブサービスがあってもいいんじゃないだろうか?

はてなに限って言えば、はてなハイクでペンタブを買った人って結構いそうだし、新たなウェブサービスを開発することによって、いままで見過ごされてきたような入力装置が見直されてもいいんじゃないかな。個人的には(はてなハイクの影響もあり)ペンタブがすっごく欲しいし…。

それから、はてな(に限らないけど)の良さを広めていくには、ベタだけどクチコミかなぁ…。「はてな?知らない」って人が多いんだろうけど、そういう人ははてなに限らず、WikipediaTwitterFirefoxさえも知らないだろう。そういう人たちにどうやってはてなを伝えていくかは、ブログという新しいクチコミの方が向いているのかな。でも、その前にRSSやソーシャルブックマークが何の役に立つかを説いていかなきゃならないんだろうけど…。全部、新しいコミュニケーションの形なんだけどね。

たとえ、いまが「たこつぼ」の状態だとしても、進化は必ず正しい方向に向かうと思う。間違った方向に進んでしまえば、そこには進化ではなく、淘汰が待っているのだから。

4798110523「へんな会社」のつくり方 (NT2X)
近藤 淳也
翔泳社 2006-02-13

by G-Tools



テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback