2008年5月14日水曜日

睡眠って大変。でも、そこまでするか?

ここまですれば眠れるはず、深い眠りに達するための24の方法 - GIGAZINE
以前GIGAZINEでなかなか眠れない人のための簡単に眠る10の方法よく眠るための12の方法を紹介しましたが、さらに24の方法が記載されている記事が掲載されていました。正直「ここまでしなければいけないのか」と思ってしまいますが、不眠に悩まされている方は試してみてはいかがでしょうか。
私自身、昔は不眠症の時期もありましたが、最近はベッドに入って10分もしないうちに眠りについてしまいます。

でも、不眠症の人がいたら、この24の方法のうちのいくつかを紹介してあげたいですよね。

そんなわけで、どんなものがあるかリストアップしておきます。
  1. 毎晩、寝る前に行う習慣を決めておく
  2. 自分の体内時計のサイクルを理解する
  3. シーツと枕カバーに少量のラベンダーの香水をつける
  4. 見えないところに時計を隠す
  5. 今利用している枕を換える
  6. 自分にあった枕を選ぶ
  7. 遮光カーテンのような光を遮断するカーテンを利用する
  8. 部屋をきれいにし、セージグリーンのような自然色を取り入れるようにする
  9. ベッドを壁から離す
  10. 足下に湯たんぽか暖かい靴下をはき、足下から体を温める
  11. 犬や猫と一緒に寝ない
  12. 一人で寝ること
  13. 就寝前にサプリメントでカルシウム600mg、マグネシウム300mgを摂取する
  14. 就寝前に少量のクルミを食べる
  15. 就寝前にバナナを食べる
  16. 就寝前にジュースではなく水を飲む事
  17. 夕食後に制酸剤(荒れた粘膜を修復し、胃酸を中和する薬)を飲む
  18. 就寝時に朗読の音声を聞く
  19. レタスの葉を2~3枚を煮たお湯にミントの茎を入れたものを就寝前に飲む
  20. マッサージを行う
  21. 就寝90~120分前に熱い風呂に入る
  22. ユーカリの葉でマッサージを行う
  23. 就寝前に約10分間その日にあった事や感じた事を思い返す事
  24. 枕元にメモの準備をしておく
個人的に思うのは、枕をいいやつに変えたらすごく眠りが良くなりました。「たかが枕…」と侮ってはいけません。使っているのはテンピュール製ではないのですが、かなり高額の低反発枕を使っています。肩こりもなくなったし、熟睡できているようだし、やっぱり枕の効果は大きいですよ。

あ、母の日にテンピュールの枕を買ってあげればよかったかなぁ…。

テクノラティ タグ :


0 件のコメント:

Zenback