2008年7月14日月曜日

書評:『王様の速読術』

読了後に思ったことは、本書を読む前に速読本を数冊読んでおいた方がいい、ってこと。

特にフォトリーディングの本は必須。

個人的には本を読むだけで速読術は、到底に身につくはずのものではないので、肝心なのは「読む」という行為を繰り返すことだろうと思う。しかし、ただ闇雲に読んでいたのでは、いつになっても速読術は身につかない。そこんところを本書は説いてくれている。

王様の速読術王様の速読術
斉藤 英治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実は私自身、数年前に『あなたもいままでの10倍速く本が読める』を読んで、フォトリーディングを身につけようとしたのですが、あえなく挫折。やっぱりフォトリーディングは難しい…というのが率直な感想。それでも、本に書いてあったことを愚直に続けていたら、たしかに本を読む&理解するスピードは速くなりましたけどね。

しかし、1日はどうやっても24時間しかないので、やっぱ速読術を身につけて本をたくさん読みたいんです。

そこで白羽の矢が立ったのが本書。
よく「先生に学んだことはわかるのですが、その先がどうにもわかりません」とおっしゃる方がいる。
実は、その先、というのは、みなさんが自分に合った速読術で、たくさんを本を読みこなしていくことで、初めて見えてくる。
ああ、そういうことだったんですね…。
自転車の乗り方を学んだからといって、いきなり競輪の選手になれるわけではないように、一足飛びに頂点に到達できるような「魔法の杖」は存在しない。
みんな、「魔法の杖」を期待して速読術に関する本を読む。でも、実際には「この速読術をマスターしおけば、どんな本でも数分〜30分で読める」というものは存在しない、ということだろう。

フォトリーディングも速読術のひとつだろうし、一度に数行を同時に読むというのも速読術のひとつだろう。でも、どの速読術を使うかは、TPOで使い分けなくちゃならない。

とにかく、その「王様の速読術」の基本になるものが紹介されています。
第一段階では、プレビューを五分間行う。
第二段階では、五分間で全ページを写真読みしていく。
第三段階では、残りの二十分を使ってスキミング法で読んでいく。
これで合計三十分で、一冊を読むのである。
これって、なんかデジャヴ?『あなたもいままでの10倍速く本が読める』でも同じようなことを読んだ気が…。

さて、ここで一番気になるのは、
五分間で全ページを写真読みしていく。
というところでしょう。
『あなたもいままでの10倍速く本が読める』と同様、人間の脳を甘く見ない方がいいという論理が展開されています。読んだだけではなかなか実感しにくいことですが、これは数をこなしていくことで開眼するそうです。

そして、やはり意識の問題があるでしょうね。写真読み、もとい読書術2.0と呼ばせてもらいましょう。読書術2.0は従来の読み方とは丸っきり違うものになるわけですから、本に書かれてある1から10までをすべて読み取ろうとするのではなく、エッセンスのみを抽出する読み方だと割り切って読むことになるのです。

だから、そこのところの意識変革がきちんとできていないと、フォトリーディングという読書術2.0の技術を用いながら、意識の方が従来の読書術1.0だったら、それは最高のパフォーマンスが得られないのは当然。意識も技術も読書術2.0にならないと、この本や『あなたもいままでの10倍速く本が読める』に書かれてあることが、すごく胡散臭く思えてしまう。

もしこの本を手にして、「自分もホンモノの速読術を身につけよう」と思うなら、まずは古い読書観を捨てなければならないでしょう。本は気軽に購入できますが、書かれてあることを実践するのには、それなりの“覚悟”が必要だということを改めて認識しました。

追記:目次をアップするのを忘れてた…。こちらで本書の目次を確認することができますよ。

目次:

はじめに

第1章 ワシには30分しかないのじゃ!
王様は忙しい。限られた謁見時間で知識を吸収したい!
なぜ、家来の時間に合わせるのか?
本は、わたしたちに知識をもたらす最良の家来
本こそがいちばん役に立つ理由
読む行為より、大切なのは知識の吸収
主体は自分。本の家来から脱出すべし
速読は役に立つ? 立たない?
速読で挫折するのは、当たり前?
速く読むだけでは、知識として活かせない
50冊の中から10冊を選んで、1週間以内にレポートを出すには?
大統領は残業をしなくて済むようになった
これまでの速読術から、いいところを最適化して組み合わせる
まず、挑戦してみよう!
コラム 速読術30年の歴史——第一世代から第四世代へ

第2章 30分で1冊を読破——王様の速読術
この本と付き合う時間は30分と決める
30分でどこまでわかるか挑戦してみよう
第一段階——プレビューの5分間
プレビューの極意
表紙やカバーから何を読むか
目次には時間をかけよう
ひととおり、見出しや図表を見ていこう
本の構造を理解しておこう
著者の気持ちを察知しよう
第二段階——見開き2秒ですべてのページをチェック
写真読みの極意
どこが大事そうか見当をつけよう
優良は、最良の敵
第三段階——スキミングで、重要な二割を読んで、八割を獲得する
スキミングの極意
平等主義より公平主義で謁見
自分が何を得たのか確認しよう
忘れても大丈夫。本は家来、また謁見すればよい
まとめと活用のヒント

第3章 目的別に速読術を使いこなすコツ
速読術を使いこなそう
専門書を短時間で読む
試験に備える
資格王になるには
優秀な知的創造人——ナレッジワーカーになる
1週間で専門家になってしまおう
幅広い分野に短時間で精通する
英文書籍や資料を読む
とにかく最新情報は頭に入れたい
日々溜まる読みたい本や雑誌を片づけたい
インターネット、メール、新聞は逆三読みで読む
ルーブル式、アーサー式で小説を読む

第4章 錬金術でアウトプットしよう
読んだだけで満足してちゃダメ
頭の中で創造的に活用する
3つの知性を働かせよう
ダイヤモンド級の情報から、ダイヤモンド級のアウトプットを
多くの本に接して、いい本を選ぶコツを知ろう
自分にとって必要な本を見分ける
必要な本は買って手元に置いておく
知識の錬金術とは
早食い・大食いは身にならない
インプットしたらアウトプットせよ
たらたら時間を引き延ばすのはマイナス
すばやく知識を入れて、すばやく発想し、形にして残す
目的意識を持つことで厚みが増す
王様の読み方が、光り輝く結果に

第5章 大王様への道
TPOに合った速読術を極める
キーワードだけを読む
メインアイデアを探し出す
トピック・センテンスで要点把握
文章をパターン認識する
自分の読みたい本で、訓練・趣味・実益の一石三鳥
知識の王様が本当の王様
アウトプットが増えれば豊かになる
本当の余暇の楽しみ
高速知識発信の良循環サイクルへ
王様の速読術は、仕事にも応用できる

おわりに

おっと、このエントリーをアップする前に、やはりこの本も推薦しときます。
あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
神田 昌典


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾンのレビューでも賛否両論ありますが、要は意識の問題です。“覚悟”が必要なんです。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback