2008年7月21日月曜日

こころに残るマンガの名ゼリフ

HIRO LEEさんのブログDD:Doing Differentで、マンガにおける名ゼリフを取り上げてました。

DD:Doing Different: マンガ名ゼリフ大全 [別冊宝島]
今日ふと立ち寄った近くのセブンイレブンにあったのが、この「マンガ名ゼリフ大全」。

僕が好きなスラムダンク、ベルセルク、沈黙の艦隊、サンクチュアリ等からの引用もあり、マンガ好きな僕としては楽しめる一冊でした。
HIRO LEEさんのベスト5は以下の通り。
第5位 お前はお客様の外見や素性によってサーヴィスの質を上げたり下げたりしているのか?(「ソムリエ」/佐竹誠)

第4位 誰かが助けてくれるのがチームじゃねえ。死にものぐるいで全員の役に立とうとするのがチームだ(「医龍」/朝田龍太郎)

第3位 努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる(「はじめの一歩」/鴨川会長)

第2位 「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる(「スラムダンク」/堂本五郎)

第1位 わが生涯に一片の悔いなし!(「北斗の拳」/ラオウ)
どれもビジネス書に載っていてもおかしくない名ゼリフ!!(ラオウの「わが生涯に一片の悔いなし!」は、ちょっと違いますが…汗)

個人的には、『はじめの一歩』の
「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる」
が大好きですね。成功するための基本は、古今東西やはり努力にあると思います。まぁ、昨今では努力という言葉は、嫌われてるような気がしますけど…。でも、成功する人は何も言わなくても努力を続けているんですよね。

さて、私の手元に『マンガ名ゼリフ大全』がないので、自分の記憶と検索エンジンを頼りに“自分の人生にインパクトを与えたマンガ名ゼリフ”を5つ挙げてみます。
  1. 「おれは人間をやめるぞ! ジョジョーーっ!! おれは人間を超越するッ!」(『ジョジョの奇妙な冒険 第1部』)

  2. 「ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒート!! おおおおおっ 刻むぞ血液のビート! 山吹き色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)!!」(『ジョジョの奇妙な野冒険 第1部』)

  3. 飲まず食わず—それゆえの死とひきかえに…力石徹は男の戦いをまっとうし、おれとのきみょうな友情に殉じたっ!なんのことはねえ…死の寸前の飢えがなにも絶対じゃねえ!みずからすすんで地獄を克服した男がいたんだ!おなじ条件で!人間の尊厳を!男の紋章ってやつを!つらぬきとおして死んでいった男を おれは身近に 知っていたんじゃねえかっ!!(『あしたのジョー』)

  4. 姿・形が問題じゃねえ…問題なのは魂さ!! (『ソウルイーター』)

  5. まっすぐ自分の言葉は曲げない。そして、どんな時もあきらめない…。それがお前の忍道なら--ナルトよ。ワシはそのお前の師だ。弱音を吐くわけにはいかんのォ…なぜなら…弟子の忍道は師匠ゆずりと相場は決まっとる!なあ、そうだろ。ナルトよ…のォ!!(『NARUTOーナルトー』)

たぶん、記憶の奥底にいくつもマンガ名ゼリフが眠っていると思うんですが、いますぐにぷか〜ッと浮かんで来たのはこんな感じです。特に、『ジョジョの奇妙な冒険』は自分の思春期とシンクロするように連載が始まった作品なので、かなりのインパクトを与えていることはたしかです。

ジョジョの第3部からスタンドという新しい概念(戦い方?)が導入されましたが、これに慣れるのにはちょっと時間がかかりました。個人的には、やはり第1部のジョナサン・ジョースターの生き様が一番影響を受けていると思います。歴代のジョジョの中でも、ジョナサンの性格が自分に一番近いと思いますし…。普通の人間が努力を積み重ねて波紋呼吸法を身につけて、吸血鬼と化したディオを倒すに至る物語は圧巻です。

そして、『あしたのジョー』は戦う男の生き様を描いた名作。ボクシング漫画の金字塔。これを読んで感動しないワケがありません。

最近のマンガでは『ソウルイーター』。主人公(?)のソウルイーターは世の中を斜めに見ているところがありますが、彼の口から発せられる言葉は結構好きかな。『ソウルイーター』を入れるなら、『鋼の錬金術師』からの名言を入れたいところですが、そこは割愛ということで。

いつの頃からか、週刊少年ジャンプを買うようになったのですが、その動機は『NARUTO-ナルト-』でした(もちろん、『DEATH NOTE』も購入要因のひとつでしたが…)。『NARUTO-ナルト-』は結構泣ける場面が多くて、最近では“自来也 vs. ペイン”、“サスケ vs. イタチ”が泣けました。いま思い出してもなんか目頭が熱くなりそうです…。で、上記のセリフは、自来也がペインとの戦いの際に言った言葉。人生の岐路に立たされたとき、必ず思い出したい言葉です。

普段マンガを読まない人も、たまには読んでみるのもいいのでは?

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)
荒木 飛呂彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あしたのジョー (12) (講談社漫画文庫)あしたのジョー (12) (講談社漫画文庫)
高森 朝雄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ソウルイーター (1)ソウルイーター (1)
大久保 篤


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NARUTO 巻ノ42 (42) (ジャンプコミックス)NARUTO 巻ノ42 (42) (ジャンプコミックス)
岸本 斉史


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


0 件のコメント:

Zenback